人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「雪を転がして世界一大きな雪だるまを作りたい!」とか言って、
世界一広いゲレンデとか雪原の斜面とかで雪をゴロゴロ転がして超巨大にしたら怒られますか?

実現可能かどうか考察してみて下さい。
そういうことした前例とか、やろうとして駄目だった前例とか、そういうのがあればうれしいです。
あまり個人的な妄想として考察して下さっても参考にならないので、ある程度のソースがあると助かります。

●質問者: ryota11
●カテゴリ:旅行・地域情報 科学・統計資料
✍キーワード:ゲレンデ ゴロゴロ ソース 世界一 前例
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● afurokun
●10ポイント

第4条 スキー場ゲレンデの全部又は一部を独占して使用しようとする者は、使用しようとする日の3日前までに協和スキー場使用許可申請書(様式第1号)を提出しなければならない。ただし、市長が特に必要と認めた場合は、この期間内によらないことができる。

http://www.city.daisen.akita.jp/content/reiki_int/reiki_honbun/r...

◎質問者からの返答

これここのゲレンデだけの話ですよね。

世界一大きいゲレンデとなると、どうなんですかね。

まぁ、お金なんですかねぇ・・・。


2 ● fut573
●35ポイント

考察してみましょう。

snowmanの最大のものは約37mですが、これは僕の感覚では雪像であって雪だるまではありません。(リンク先の画像参照)

Topping 122 Feet, Snowman in Maine Vies for World Record - Local News | News Articles | National News | US News - FOXNews.com

「雪だるま」で世界最大というとというと、大体身長30m程度になります。

「雪をごろごろ転がして世界一大きな雪だるまを作る」ためにはこれを超えなければなりません。


f:id:fut573:20091107022956p:image

身長30mとなると↑のような形の雪だるまを作るのは困難になります。

自重でつぶれ、極端な楕円形になってしまいます。

f:id:fut573:20091107022955p:image

実際には↑のような形になると思われます。

高さ30m級の雪だるまの下半身の長径は150?200m 重さ2万トンを超えると思います。

これはKONISHIKI67000人分に相当します。

ゴロゴロ転がして作るのは……非常に大変です。自重で崩壊する可能性が高いでしょう。

恐らく、地球上では「雪をごろごろ転がして世界一大きな雪だるまを作る」のは不可能でしょう。

PS

巨大雪だるま作成のネックになるのは重力です。ですから、将来月面基地が出来たら、そこで巨大雪だるまは実現する可能性があります

PS2

ここまで考察した所で、毎年日本最大級の雪だるまを作成している、山形県大蔵村のデータを見つけました。

- 性別 身長 ウエスト 体重 完成
1世 29.43m 55m 172m 25,500t H7
2世 26.1m 58m 182m 25,000t H8
3世 24.0m 53m 166m 22,600t H9
4世 24.6m 55m 172.7m 23,600t H10
5世 23.8m 56m 175m 23.300t H11.3.7
6世 23.5m 75m 235.5m 32,000t H12.3.19
7世 25.0m 55m 172m 23,500t H13.3.19
8世 21.5m 72m 226m 30,800t H14.3.22
9世 25.0m 55m 175m 23,900t H15.3.22
10世 20.0m 52m 158m 18,000t H16.3.20
11世 26.0m 58m 182m 24,800t H17.3.20
12世 25.0m 50m 157m 25,000t H18.3.18
13世 18.0m 40m 125.6m 16,000t H19.3.17
14世 22m 52m 161m 17,000t H20.3.22

大蔵村/体験観光

◎質問者からの返答

漫画とかでありそうな、雪山を雪の玉がゴロゴロ転がっていって、最終的にすごい大きさになる、

みたいなことは不可能なんですかね。

あれなら下だけに重力がかからなそうなので、大きくなりながら転がりそうですけどね。


けどまぁないってことは無理なんでしょうね。

あぁ雪だるまだから無理なんですかね。

雪玉ならなんとかなりそうな。

一応今の記録は4.9mみたいですね、雪玉は。


丁寧にありがとうございます!


3 ● kaz
●30ポイント

http://q.hatena.ne.jp/answer

明らかに他の利用者に迷惑をかける行為なので、多くのスキー場が禁止しているでしょう。

(「巨大な雪だるまの制作禁止」と明示しているところは無いと思いますが、

迷惑行為全般を禁止する規則はスキー場に限らず、大抵の施設にあります。

そして、スキー場で巨大な雪だるまを作るのは明示するまでもなく迷惑行為です)


チャレンジを行う為にスキー場を借りる事自体は、以下の費用で可能でしょう。


ただし、実際に実験を行う場合、警察や消防への事前連絡も必要になり、

おそらくスキー場をちょろっと貸し切るといったレベルでは許可が下りないでしょう。

雪は意外に重く、固めた状態で水の半分近くの重量があります。

転がして大きくする場合は、固めた時より多少軽くなるとは思いますが、

それでも、直径 3m の時点で5トン前後にはなるでしょう。(固めた雪の場合直径 3m で7トン)

この質量の物体が加速をつけて転がって来た場合、

間に合わせの道具や設備で方向を制御したり、好きな場所で止める事は不可能です。

※車の衝突実験場並の強度が無いと難しく、

さらに、車と違い高さがあるので建設はそれ以上に困難です。


海外など、麓にほとんど人の住まない地域の、山全体と麓一帯を広範囲に全て貸し切り、

数十トンクラスの "加速度のついた" 物体を受け止める事ができる壁や、

そのほか、雪玉を止める事が可能な設備を作れば、もしかしたら許可が下りるかもしれません。

◎質問者からの返答

なるほどなぁ。

そんなに猛スピードで転がさなくてもやっぱり危険ですかね。

というか、無理なのかな。


4 ● ラフティング
●20ポイント

やっぱり転がすのは無理みたいですね

http://kuroishi.or.jp/i_yukidaruma02.htm

◎質問者からの返答

うはwきめぇww

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ