人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

戦国武将や世界の皇帝、世界の軍師、探検家、発明家、科学者、などの
「世界史の教科書に出てくるような著名人物」達の、

●機転を利かせて、困難な局面を乗り越えた!
●誰も考えつかない発想で、結果を残した!

といったエピソードの情報を集めています。

例えば、今なんとなく見つけているのが、
インパクトとしては弱いとは思うのですが…。

「真田幸村は、わずか300人の軍隊で移動中、4万人の北条軍と遭遇。
当時15歳だった幸村はなんと!相手である北条家の一武将である松田氏の
家紋を白旗に描かせ、味方のフリをして近づいていき、夜、闇に乗じて攻撃!
という作戦を用いた。」


もっと、「ビックリする!」、「すごい!さすが!」と唸る、
驚きのエピソードを教えてください!!

よろしく御願いします!

●質問者: shoma22
●カテゴリ:趣味・スポーツ 芸術・文化・歴史
✍キーワード:インパクト ビックリ 世界史 北条 家紋
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 12/12件

▽最新の回答へ

1 ● afurokun
●15ポイント

織田信長は、植民地政策的には、領地全部を取りにいったポルトガルやスペインとは異なり、香港などの要所を押さえ、そのポイントで稼ぐイギリス型であった。

経済的なセンスからいうと、徳川時代の政治家よりも、信長の方がはるかに優れていた。

商業というのがお金をよぶことが良く分かっていたのだ。

http://www.sbrain.co.jp/theme/T-14028.htm


2 ● Yapon
●15ポイント

豊臣秀吉

第2は、その出世を可能にした才能である。臨機応変の機敏さ、実行力、リーダーシップ等々、多くの逸話は話半分としても、秀吉の非凡な才能を物語っている。秀吉がもっとも秀吉らしく活躍したのは、天正10年(1582)6月の本能寺の変から、翌年4月の賤ヶ岳(しずがたけ)の戦いまでの期間である。本能寺の変は6月2日の明け方のことであった。備中高松城を攻めあぐんで織田信長に援軍を求めていた秀吉のもとへその知らせが来たのは3日、急遽毛利方と和議を成立させ、6日には姫路、11日には早くも尼崎に入った。去就に迷っていた諸将を巻き込んで約4万の大軍となり、13日、山崎合戦で1万数千の明智光秀軍を一気に撃破する。もちろん運もある。他の有力な武将が近畿圏にいなかったということもある。毛利側が前々から和平を望んでいたということもある。賤ヶ岳の戦いでも、大垣で織田信孝と戦っていた秀吉は、雪深い越前北荘(きたのしょう)から柴田勝家が出て来たのを知るや、賤ヶ岳まで60キロ近い道のりをわずか6時間で駆けぬけた。運のよさがあったにしても、機を見て間髪を入れず指揮するあたりが、秀吉の才能である。

http://serifu.web.officelive.com/hideyoshi.aspx


3 ● lancer13
●15ポイント

黒田官兵衛の幽閉と竹中半兵衛の機転

http://blog.livedoor.jp/nobunaga_1534/archives/50847076.html


4 ● powdersnow
●15ポイント

島津義弘

通常、撤退する場合は、後方に引くのが当たり前なところを、

敵陣に向かって前進、突破するような形で脱出を成功させた。

http://www.m-network.com/sengoku/sekigahara/seki08.html


5 ● rsc
●15ポイント

>●機転を利かせて、困難な局面を乗り越えた!

と言えば、こちらはいかがでしょうか。

●鴻門の会

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B4%BB%E9%96%80%E3%81%AE%E4%BC%9...

●【君子もとより窮す】

http://koyomi8.com/doc/mlko/200806250.htm

http://kenmogi.cocolog-nifty.com/qualia/2009/06/post-21c2.html

>●誰も考えつかない発想で、結果を残した!

と言えば、ハンニバルのアルプス越えが有名です。

●ハンニバル

>アルプス越え

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%9...


1-5件表示/12件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ