人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

秋田県でもしこんな人がいたら教えて下さい。


○女性の大工さん
○行商している女性で、車などではなく籠に何かを入れて売っているような人
○つらら取りなど寒い感じのボランティアをしている女性
○尼僧さん
○女性で渡し船をこぐ人


もしこんな人が秋田県のローカル番組や雑誌などで取材されていたら教えて下さい。
(取材されている必要はありませんが、それくらいしか情報元がないと思うので)

●質問者: ryota11
●カテゴリ:旅行・地域情報 芸術・文化・歴史
✍キーワード:ボランティア ローカル番組 大工 女性 寒い
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● ラフティング
●35ポイント

秋田県で出会った行商のおばあちゃん、九嶋カツさんが忘れられない。「担ぎ屋」という職業――大きな荷物を背負って汽車に乗り、行商する。

いったいどんな暮らしをして、どんなものを扱っていたのか? どうしてもそれを知りたくなり、インターネットの情報を頼りに秋田県阿仁町を訪ねたときに出会った。

しかし、行ってはみたものの、すでに担ぎ屋の姿はなく、町の人に尋ねても、「昔はいたね」というくらいの反応。しばらく歩き回っているうちに、十年ほど前まで、町の小さな旅館の軒先に店を出していたことがわかった。さっそく宿の方に頼み込み、連絡してもらい、翌日、隣の鷹巣町で、会うことができた。

とても小柄な九嶋さんは、娘夫婦、孫たちと一緒に幸せそうに暮らしていた。さっそく聞き取りを、と思うのだが、言葉がまったく通じない。そこで、娘の郁子さんに「通訳」をお願いした。40年勤めたという行商の話は私などにはとても新鮮で、何とも楽しく、愉快な時間は今でも忘れられない。

そして、会ってそれっきりというのが苦手なので、お暇する時はいつも「では、また来ますね」と言って立ち去るのだが、九嶋カツさんにしても間もなく九十。

縁起でもないが、またお目にかかることは叶うかどうか――。

http://www.keyplanet.com/event/231213.html

◎質問者からの返答

縁起でもないが、現在はお目にかかることは叶うかどうか--。


2 ● kanan5100
●35ポイント

http://blog.goo.ne.jp/anju-san

プロフィールとブログの内容を信じるなら、このブログの書き手は秋田県の50代の尼僧のようです。

記事の内容からすると、嘘ではないようです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ