人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ここ数年の“週刊誌全体(「ジャンプ」「プレイボーイ」といった個々ではなく、業界全体の)の発行部数の推移”にまつわるデータって存在しますか?

●質問者: tooh11
●カテゴリ:ネタ・ジョーク 書籍・音楽・映画
✍キーワード:ジャンプ データ プレイボーイ 存在 業界
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● kn1967
●19ポイント

全国出版協会出版科学研究所が下記のような統計資料を出版してますので、

日本の出版統計 ←推移のグラフが出てます。

ニュースサイト等で用いられているのは、上記からの一部抜粋となるため、

信頼できる数値が必要であれば、書籍を購入なさるか上記に取材に行くのが確実。


2 ● afurokun
●19ポイント

月刊誌と週刊誌(さらに言えば、隔月、隔週、月2なども)が混じっていますので、単純な比較は出来ないでしょうが、やはり、大手3社の雑誌が上位を占めています。

ちなみに大手3社の分をそれぞれ単純合算すると、

・講談社が合計4誌で406万部

・集英社が合計3誌で359万部

・小学館が合計4誌で246万部

(4/4追加・修正)考えてみれば、「各号平均値」を合算するのは???ですね。ということで、ランキング登場誌の「単純平均値」と、月刊誌や週刊誌を考慮した「年間総発行部数」(概算)で比較してみると、

・講談社:101.5万部、1.55億部

・集英社:119.7万部、1.60億部

・小学館: 61.5万部、0.76億部

http://teddy0021.exblog.jp/1359377


3 ● nokonoko09
●18ポイント

●書籍・雑誌で年間約36億1269万冊

減少傾向が続いていた書籍・雑誌の販売額は2004年は8年ぶりに増加しましたが、2005年は再び減少となりました。全国出版協会・出版科学研究所の「出版月報」2006年1月号によると、2005年の書籍の推定販売部数は、前年比1.3%減の7億3944万冊となりました。推定販売額は9197億円で前年比2.5%減となりました。2004年は比較的高額な『ハリー・ポッター』の新刊や、映像メディアと連動した大ベストセラー書籍があり、2005年もいくつかのミリオンセラーが出ましたが前年の反動が出たようです。

一方、雑誌の推定販売部数は28億7325万冊で、前年比で3.3%の減少となりました。月刊誌は1.5%減の18億9343冊、週刊誌は前年比6.6%減の9億7982万冊となりました。

雑誌全体の販売金額は前年比1.8%減の1兆2767億円で、その内訳は月刊誌が0.1%減の9905億円で、週刊誌は7.1%減の2862億円となり8年連続の減少となりました。書籍と雑誌の合計では、前年比2.1%減の2兆1964億円で2年ぶりの減少となりました。

http://www.jagat.or.jp/story_memo_view.asp?StoryID=9902


4 ● kaminarigorori
●18ポイント

雑誌の不振が深刻だ。出版科学研究所によると、昨年の推定販売額は約1兆2200億円で05年と比べ4.4%減。9年連続の減少で、しかも99年の4.2%をしのぐ過去最大の落ち込みとなった。「下げ止まる気配はまだみられない」(同研究所)という雑誌に展望はあるのか。現状と、その打開のための取り組みを見ていく。

http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200702060197.html


5 ● lancer13
●18ポイント

PDFですがこちらにあります。

http://db.fideli.com/db/samplepdf/s3580.pdf


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ