人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

平地45Kmで自転車通勤を続けることは可能でしょうか.

自転車はどのような物を購入すれば良いでしょうか.予算は5万ぐらいを考えていて、10万までならだせます.
この範囲で具体的な車種を教えてください.

また、この距離で自転車通勤を続ける為に必要な物(精神的、物理的に)はなんでしょう?.

●質問者:
●カテゴリ:趣味・スポーツ
✍キーワード:予算 物理 精神 自転車 自転車通勤
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 12/12件

▽最新の回答へ

1 ● sukiyakisukisuki
●1ポイント

通勤距離が片道20?25km 以上、ばりばり前傾姿勢で乗ってやるぜとという方はロードバイクを選びましょう。


【送料無料】【完全組立済】 A.N.DESIGN 自転車 『ロードレーサー/DRC-1』 14段変速/クロモリフレーム530mm【きょうと●1116】【02P16Nov09】

商品番号 jcj-drc-1sku

京問屋特価 31,290円

http://item.rakuten.co.jp/kyotonya/jcj-drc-1sku/

◎質問者からの返答

45Kmで自転車通勤出来るのか、と聞いてます.

ロードバイクなら出来るのですか?.

その理由は?.

申し訳ありませんが、不適切な回答にさせてもらいます.


2 ● afurokun
●1ポイント

通勤に使用する自転車の選び方1.自転車の種類と選び方

自転車の種類については、実は『通勤距離と自転車のタイプ』のところで書いてしまいました(^^;)

なので、ある程度割愛させていただきます。とりあえず、一覧表を載せますね。

http://319ring.net/bikeselect/index.html


[ 30%OFF ]2009 MARIN Bolinas Ridge マリン/マリーン ボリナスリッジ(Q011767)

http://www.qbei.jp/product_info/product/16872/

自転車通勤を続ける6つのコツ

http://d.hatena.ne.jp/furu8ma/20090604/1244072379

◎質問者からの返答

googleで検索すれば出てくる情報は求めていません.


3 ● kaminarigorori
●29ポイント

まず、通勤に使う自転車の条件を列挙してみます。

1.あまり高価ではないことが必要です。

通勤先に、安全な場所が確保できる人以外は、盗難の危険がありますので、あまり高価なものでは心配です。個人的な考えでは、性能面から言うと、15Kmまでなら、ディスカウントショップで売っているような、2万円ぐらいまでの、マウンテンバイクルック車やクロスバイクもどきで十分だと思います。15Kmから30kmなら、舗装路前提、晴れの日前提ということで、5?6万円ぐらいだして、安いロードレーサーに手をだすのもいいでしょうか。

ちなみに私は、通勤距離が15.2kmで、14500円のマウンテンバイクルック車に乗っています。通勤時間としては、約40分?45分。もしロードレーサーなら、同じぐらいの体力をつかって、30分?35分ぐらいで行けると思います。Giantの安いロードレーサーを買おうかと、今考え中です。

本来は、ランドナーもしくはスポルティーフで通勤したいのですが、やはり盗難の危険が、、、

余談ですが、安い自転車なら、仕事の帰りに、酔っ払って電柱にぶつけて、フォークが曲がって、リムが曲がっても、それほどショックは大きくない、というメリットもあります。(実話)

2.タイヤの太さは、太からず、細からず、

舗装された車道を走るなら、ロードレーサーのような、700x20c程度の、かなり細いタイヤが軽快でいいのですが、道路の隅には、ガラス片等も落ちていますので、最低でも700x25c程度で、そこそこ丈夫なタイヤのほうが必要でしょうか。

逆に、舗装された道路(車道でも歩道でも)なら、マウンテンバイクのオフロード用のタイヤは太すぎるし、特にオフロード用は転がり抵抗も大きいので、、、ちょっとオーバースペックだと思います。マウンテンバイクで細め(1.5いかないぐらい)のスリックタイヤに履き替えて、、というのがいいでしょうか。

でも、私は、もったいないので、マウンテンルック車についていた、かなり太くて重いタイヤをそのまま使っていますが、、、

3.ハンドルは広くないほうが、

マウンテンバイクのような広いものは必要ないし、いろいろと邪魔になります。また、10km以上の距離になると、ある程度の前傾姿勢のほうがよいと思います。

これも個人的には、ドロップハンドルの、ランドナーバーがいいと思うんですけど、、、、

4.泥除けは、本当は完璧なのがあったほうがいい、、、

これは本来必須で、しかも、ちゃんとしたやつがいいのですが、、、、、

雨の日は走らなくても、雨上がりの日は走りますので、やはり必須です。

となると、ランドナーかスポルティーフということになってしまいますが、、、、

私はといえば、やはりマウンテンルック車に付属の、プラスティックの泥除けなのですが、やはり、雨や泥が背中に飛びます。

5.電装品は絶対必要だ!

仕事で夜になるときもあります。その際にどうしても歩道を走らなくては行けない場合もあるので、正面からのすれ違う自転車や人に、自分の存在をアピールすることは必要でしょう。しかし、道路を照らす必要がないような明るい場所を走ることのほうが多いとも思います。一方、電池を取り替えるのが面倒だし、、、、ということもあると思います。

一方車道を夜走る場合は、後ろから追い越す車に対して自己主張する必要があります。出来れば反射するだけでなく、自分で光るものが安全だと思います。

ということで私のお勧めは、取り付けられるなら、ダイナモで、ヘッドライトとテールライトの両方に配線しているようなもので、、、、というとこれもランドナーになってしまうんだろうか。

ということで、普通は、ヘッドライトは、電池式で、電池で点滅するのと、照らすのとの切り替えが出来るものが理想。テールランプは、やはり、電池式で点滅するやつがいいと思います。

私はといえば、テールランプは、単4、2本、点滅100時間というやつを使っています。ヘッドランプは、単2、2本、17時間(2.5V0.3A)で照らすモードのみ、という安いやつを使っていますが、ヘッドランプは、かなり電池がなくなっても使いつづけるので、実質的には、対向自転車に存在を主張する機能しか使っていないのと同じ状態です。

で、いきなり、よもやま話

アルカリ電池とニッカド電池はどちらが明るいか、変にまじめに検討してみると、、、

6.パンクしたらどうする?

通勤の途中でパンクした場合にどうするつもりか、というのが、結構自転車の種類を決めてしまいます。

(1)その場で直すつもりの場合

ロードレーサー、マウンテンバイク、なんでも大丈夫ですが、できれば、車輪がはずせて、チューブを交換しやすいように、車輪がクイックレリーズになっているものがいいと思います。

(2)そこに自転車を放置して、タクシーで通勤。後日修理しに来る場合。

盗難の危険も考えて、安い、というのが条件になるでしょう。車輪はクイックレリーズになっていないほうがいいかもしれません。

また、マウンテンバイクで、なにを踏んでもパンクしないようなタイヤを履いておく、、、とまでいかなくても、少なくとも、ロードレーサーでもちょっと太めをはくとか、軽量チューブは使わない、ということは必要かもしれません。

http://www.gakitama.com/tsuukinjitensha.htm


FELT 2009年モデル!

(SALE) FELT SPEED50 (ディープメタリックレッド) 09

商品コード:fe13

NEW !

比較的歴史の浅いスポーツバイク!!

街乗りやサイクリングに最適なFELTのフラットバーロードです。

楽な乗車姿勢でスピードを満喫できます。

24段のギアチェンジを活用すれば行動範囲も拡大します。


定価:68,040円(税込) 販売価格:47,000円(税込)

http://store.shopping.yahoo.co.jp/ad-cycle/fe13.html

◎質問者からの返答

盗難の心配はオフィスに自転車を持ち込めるので、大丈夫そうです.

心配なのはパンクと、距離ですね..

どのサイトを見ても自転車通勤の限界距離は15Kmぐらいだと書いてあるので..


4 ● lancer13
●10ポイント

こちらいかがでしょう。

F500

市場参考価格 67,515円

当店ネット価格 46,000円 (税込48,300円) 送料込

http://www.rakuten.co.jp/artcycle/669546/652938/#666438


自転車通勤を続けるコツ

http://blog.pasonatech.co.jp/nextblog/suzuki/399/3493.html


5 ● hirovlsi
●10ポイント

自転車そのものよりもご本人の体力と気力が一番の問題ではありませんか?

軽くて加速性の良い自転車があっても体力が続かなければ意味がありません。

特に雨が降った時はどのようにされるのでしょうか。

しっかりとした雨具を用意しても45km往復を自転車で走りきるのはツライと思います。


しかしながら、体力に関しては最初のうちは5kmだけ自転車で走る、そして10kmに伸ばす、

等のように徐々に区間を広げていくことで順応できると思います。

問題は気力でしょうか。体力がつくまで我慢強く継続できる気力、

風や雨、雪など天候をものともしない気力が必要だと思います。

http://q.hatena.ne.jp/answer


1-5件表示/12件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ