人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

契約相手方が連帯保証人の署名を偽造し押印していた場合において、契約相手側が死亡した場合における連帯保証人の責任を教えてください。

●質問者: ラフティング
●カテゴリ:ビジネス・経営 生活
✍キーワード:契約 署名 責任 連帯保証人
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● azuco1975
●19ポイント

そもそも偽造なので、その署名などは無効です。

この場合は、連帯保証人はいないことになります。

だから、責任を追及できません。

http://q.hatena.ne.jp/answer

◎質問者からの返答

契約者本人への不法行為責任はいかがでしょうか?

不法行為によって損害を受けた場合には損害賠償請求ができるかと存じますが、契約者が死亡している場合には、相続人宛に損害賠償請求ができるのでしょうか?


2 ● sirotugu40
●19ポイント

責任は追及できない。

http://q.hatena.ne.jp/answer

◎質問者からの返答

普通賃貸借契約における合意更新の契約において、初回の契約は連帯保証人も同意していた場合にも、連帯保証人への責任は追及できないのでしょうか?


3 ● aiaida333
●18ポイント

刑法246条 詐欺罪

1、人を欺いて財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する。

2、前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。

http://www.stop-sagi.com/246kei.html

もしくは

(私文書偽造等)

第159条 行使の目的で、他人の印章若しくは署名を使用して権利、義務若しくは事実証明に関する文書若しくは図画を偽造し、又は偽造した他人の印章若しくは署名を使用して権利、義務若しくは事実証明に関する文書若しくは図画を偽造した者は、3月以上5年以下の懲役に処する。

2 他人が押印し又は署名した権利、義務又は事実証明に関する文書又は図画を変造した者も、前項と同様とする。

3 前2項に規定するもののほか、権利、義務又は事実証明に関する文書又は図画を偽造し、又は変造した者は、1年以下の懲役又は10万円以下の罰金に処する。

http://www.houko.com/00/01/M40/045.HTM


4 ● seble
●18ポイント

そもそも初回も偽造ではなかったのですか?

初回は正規だとしても更新契約書が偽造であると厳しいような気がします。

また、確かに「連帯」ですか?

連帯が付くか付かないかは法的に大きな違いがあります。

もちろん、契約者本人に対しては責任を追及できますし、相続人がいるならば負債も相続されますので損害賠償請求も可能ですが、どんな問題なのか単なる責任だけでは見当も付きません。

状況を細切れに出されるとどうにもコメントの付けようがありません。

プライバシー等の問題があるなら、そもそも公開のwebでは無理なので、素直に弁護士事務所へどうぞ。

http://www.shin-y.com/sozoku7.htm


5 ● azumi1975
●18ポイント

>不法行為によって損害を受けた場合には損害賠償請求ができるかと存じますが、契約者が死亡している場合には、

>相続人宛に損害賠償請求ができるのでしょうか?

損害賠償は債権じゃないので相続されない。

損害賠償が確定した後に死亡した場合は、債権扱い

>普通賃貸借契約における合意更新の契約において、初回の契約は連帯保証人も同意していた場合にも、連帯保証人への責任は

>追及できないのでしょうか?

できない

http://q.hatena.ne.jp/answer


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ