人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

測量のトリビアを教えて下さい。


●質問者: maki5111
●カテゴリ:科学・統計資料 ネタ・ジョーク
✍キーワード:トリビア
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 11/11件

▽最新の回答へ

1 ● ラフティング
●16ポイント

世界最高峰のエベレスト(中国名チョモランマ)の標高を測定していた中国国家測量局は、75年に測定した標高(8848.13メートル)より3.7メートル低い8844.43メートルとの結果を発表しました。同局は「新しい技術を導入した精密な測量」の成果と強調し、新たな公式データとして使用する方針とのこと。



同局によると標高が下がったのは、75年の測定で92センチとした山頂の氷雪の厚さが3.5メートルだったことが大きな要因。測定方法が精密になり標高測量の基準面が「70センチ上昇した」(同局)ことも影響したという。

http://ameblo.jp/ikezgonta/entry-10004990594.html


2 ● lepremierpas
●16ポイント

http://kuyou.exblog.jp/2290648/

日帝の呪いの金属杭 実は測量用のものでは


3 ● mandoto57
●16ポイント

古代の測量の方法に太陽を利用した測量術(インディアン・サークル法)と夜間に火(たいまつなど)を利用した測量術があることです。これら二つの測量術に共通することは、ともに、短い距離を尺取虫のように伸ばすことによって長距離の測量を可能にしている点です。

http://www.nase.co.jp/kodaishi/doc/21.htm


4 ● aw_cat_stick
●8ポイント

トランポリンに高さ100mからボウリングの球を 落としたら跳ね返る高さは(?)m

公式トランポリンを使用し、高さ10mのところに設置する。ボウリングの球は日本ボウリング協会公認の16ポンドの球を用意。

現場にはスーパースローカメラを設置し、測量の専門家がボウリングの球の跳ね返った高さを正確に測定。トランポリンの周囲100m以内に人が立ち入らないようにする。

高さ100mのヘリコプターからボウリングの球を落とす。1投目はヘリコプターの足に当たり、ボウリングの球は完全に地面に埋まっていた。

2投目は2段目の足場を直撃し失敗。どうやら風に影響しているのではないだろうか。

3投目はトランポリンに命中。

トランポリンに高さ100mからボウリングの球を 落としたら跳ね返る高さは約13m

http://myfavorite-trivia.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/712_dea7...


5 ● afurokun
●16ポイント

測量に関する雑学です。雑学と言っても、WEBの分類上、どこに掲載したら良いか解らないものを、掲載してあります。

http://www.kinomise.com/sokuryo/sokgaku/index.html


1-5件表示/11件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ