人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

昨日、右下腹部が突然痛くなり、緊急医に見てもらったところ、尿管結石の疑いあり。痛み止めの座薬を貰い帰宅。痛みは座薬のおかげで幾分、内輪になりましたが、専門医に観てもらうまでは、どうしたらよいか不安一杯です。どのように生活をしたら良いのかアドバイス願います。(食べ物、ビール等のアルコールの是非)

●質問者: koba5er
●カテゴリ:医療・健康 生活
✍キーワード:アドバイス アルコール ビール 不安 専門医
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● lepremierpas
●11ポイント

http://www.mctv.ne.jp/~oota-cli/kenkoumemo/no4-p1.html

【腎・尿管結石のための食事療法】


2 ● afurokun
●44ポイント ベストアンサー

尿路結石における日常生活の注意点

?水分をしっかりと摂りましょう

尿路結石で最も気をつけることは、水分の摂取です。

水分の摂取が不十分あるいは、スポーツなどで汗をかくと尿は濃縮されます。

そして当然、結石成分も濃縮され、結晶となりやすくなり結石になりやすくなってしまいます。

イメージしやすくお話すると、コップに砂糖を溶かします。

充分な水には溶けて砂糖が混ざっているか分かりませんが、それを段々煮つめて濃縮していくと、砂糖が出現し、塊があらわれてきます。

これと同じなのです。

ですので、そうならないためにも水分をしっかりととって、尿をたくさん出すようにしましょう。

1日の尿量が1リットル以下になると、尿路結石ができやすいことから、水分摂取の目安は、1日2リットル以上です。(1日の尿量を2リットル以上とするため)

水分の種類は、コーヒー・紅茶・清涼飲料水・甘味飲料水の過剰な摂取は避け、水道水や麦茶・ほうじ茶などが適しています。

砂糖を多く使っている清涼飲料水や甘味飲料水の場合、砂糖の過剰摂取によって尿中のカルシウム排泄を増加させてしまい、結石ができやすくなってしまいます。

アルコールは利尿作用がありますが、過剰な摂取により、脱水や尿中の尿酸排泄を増加させてしまい、結石ができやすくなってしまいます。

コーヒーは、尿中の尿酸排泄を増加させてしまい、結石ができやすくなってしまいます。

紅茶は、結石の成分となるシュウ酸が含まれているため、尿中のシュウ酸排泄が増加してしまい、結石ができやすくなってしまいます。

?夕食から就寝までは4時間以上あけましょう

最近の食生活は夕食に高カロリー、高タンパク質の食事を摂る傾向があります。

その結果、尿中に結石をつくる成分が多く排泄されてしまいます。

又、食後に結石をつくる成分が尿中に排泄されるピークが、2?4時間で、その後減少していきます。

ですので、夕食を食べてすぐ寝てしまいますと、結石をつくる成分を多く含んだ尿が就寝中にさらに濃縮されて、結石になる危険が高まります。

そうしないためにも、4時間程度は夕食から就寝までの間隔をあけましょう。

?カルシウムをしっかりととりましょう

カルシウムは、腸管内で結石の原因となるシュウ酸と結びついて、糞便へ排泄してくれる効果があります。

カルシウムが不足すると、カルシウムと結びつくことができないシュウ酸が増え、シュウ酸が腸管から体内へ吸収され、尿中に排泄されるため、結石になりやすくなります。

?シュウ酸を含む食品の摂りすぎに注意しましょう

シュウ酸は結石の原因物質ですので、なるべく摂取は控えましょう。

シュウ酸は、チョコレート・紅茶・たけのこ・ピーナッツなどに多く含まれています。

※以前までは、ほうれん草はシュウ酸が多く含まれていて、摂取を控えるように指導されていました。

たしかに、なまのほうれん草にはシュウ酸が多く存在しますが、茹でるとほとんどのシュウ酸がほうれん草から取り除かれるので、なまで食べなければ特に問題となりません。

?動物性タンパク質・脂肪の摂りすぎに注意しましょう

動物性タンパク質は、尿中にシュウ酸・カルシウム・尿酸の排泄を増加させてしまいます。

また、尿中にクエン酸の排泄を減少させてしまいます。

脂肪は、体内で脂肪酸となり、腸管内でカルシウムと結びついてしまい、シュウ酸がカルシウムと結びつきにくくなり、シュウ酸が体内に吸収される量が増えてしまいます。

?糖分・塩分の摂りすぎに注意しましょう

塩分や糖分の摂りすぎは、尿中のカルシウムの排泄を増加させる作用があり、結石を作りやすくします。

また、糖尿病や高血圧などの生活習慣病の原因にもなりますので、摂りすぎに注意しましょう。

?野菜・果物・海草を食べましょう

野菜や果物、海草に含まれている、マグネシウム・食物繊維・クエン酸はいずれも、結石が作られるのを抑える働きがあります。

マグネシウムは腸管内で、シュウ酸と結合し、体内に吸収されるのを防いでくれます。

食物繊維は、腸管内でカルシウムとくっついてカルシウムが吸収されるのを防ぐ効果があります。

クエン酸は、尿をアルカリ化させて、尿中のカルシウムと結合して尿中のカルシウムイオン濃度を低下させる作用があります。

肉食中心の方や尿路結石になったことがある方は特に、注意して野菜や果物・海草を摂取するように心がけましょう。

?適度な運動を習慣しましょう

適度な運動は尿管の蠕動運動(ぜんどううんどう)を活発にして、尿管にある結石を下降させる効果があります。

運動をして、汗をかいたら水分補給をお忘れなく。

http://www.itawari.net/uro/nyourokesseki02.html

◎質問者からの返答

非常にためになりました。有難うございました。


3 ● tatla
●12ポイント

尿路結石 の食事・漢方

http://blog9506.blog39.fc2.com/blog-entry-111.html

◎質問者からの返答

有難うございました。


4 ● ItsASin
●14ポイント

尿管結石や腎臓の結石再発を予防しよう!

http://xn--y7y77i.lomo.jp/

◎質問者からの返答

有難うございました。


5 ● azuki1975
●13ポイント

http://www.j-medical.net/sick/archives/2005/06/post_811.html

腎・尿管結石の食事療法

◎質問者からの返答

有難うございました。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ