人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

支払い時期に関して教えて下さい。通常、会社間等で取引を行う場合には、「末締めの翌月末支払い」とかございますよね。これは、そのように両者間で取り決めているためそのようになっているのかと思うのですが、特に支払時期の明記がない場合には、どのようになってしまうのでしょうか? 引き渡し時? 1月以内? 民法なり商法なりに、記載があるようでしたら是非教えて下さい。

●質問者: harvard
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:1月 会社 商法 民法
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● azuco1975
●20ポイント

請求書を発行したときでは?

掛売りでルールを決めないということはないと思うけど。

◎質問者からの返答

掛け売りで、支払期日を決めていない場合になります。


2 ● seble
●20ポイント

どんな取引か、という点も問題ですが、

基本的には、支払期日が定まっていないという前提で、その場合は請求された日が支払日になります。

売買契約の成立によって代金支払請求権は直ちに発生するので、その後であればいつでも請求が可能という事になります。

ただ、引き渡し日が定まっている場合はその日が支払日とか、(573)

http://www.houko.com/00/01/M29/089B.HTM#s3.2.3

の場合もあります。

もちろん、時効も関係してきます。


3 ● sirotugu40
●20ポイント

慣習では、「特に支払時期の明記がない場合」

得意先の場合は、得意先のルールに合わせる

仕入先の場合は、こちらのルールに合わせる

ことになってます。

◎質問者からの返答

法的な根拠はないというわけでしょうか?


4 ● ラフティング
●20ポイント

契約は売買でしょうか?請負でしょうか?

ちなみに請負契約の場合には、報酬の支払い時期:民法633条

→原則、仕事の目的物の引渡と同時にする。

(報酬の支払時期)第633条 報酬は、仕事の目的物の引渡しと同時に、支払わなければならない。ただし、物の引渡しを要しないときは、第624条第1項の規定を準用する。

http://www.houko.com/00/01/M29/089B.HTM

◎質問者からの返答

請負契約になります。


5 ● 狸吉
●20ポイント

業務によると思いますが

法律の注意点としてはこのようなものがあります。

製造業の下請けなどの関係では、支払いの遅延等防止のために

法律があります。

http://www.jftc.go.jp/sitauke/Legislation.html

今回の件に該当するかわかりませんが

確認をしてみてください。


<遅防法>

下請代金の支払期日は,親事業者が下請事業者の給付の内容について検査をするかどうかを問わず,親事業者が下請事業者の給付を受領した日(役務提供委託の場合は,下請事業者がその委託を受けた役務の提供をした日。次項において同じ。)から起算して,60日の期間内において,かつ,できる限り短い期間内において,定められなければならない。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ