人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

身近で複素数で表すと便利なものはありますか?
例えば地図を東経136°北緯60°を136+60iで表すとか。


負数の例は温度計や借金など色々ありますよね。
複素数使って表した方が便利なものがあれば、複素数の説明に使えそうな気がするので質問してみました。

●質問者: garyo
●カテゴリ:科学・統計資料
✍キーワード:借金 地図 温度計 複素数
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● jomomttk
●35ポイント

電気回路の複素インピーダンスは、その最たる例だと思います。

http://www.cfv21.com/phys/impedance.htm

摩擦で減衰をうける振り子の運動も複素インピーダンスに対応する量がありそうです。

あまり身近ではないでしょうか。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


2 ● ミケ
●35ポイント

http://100.yahoo.co.jp/detail/%E8%A4%87%E7%B4%A0%E6%95%B0/

下の方にですが、

○抵抗やコンデンサーを含む電気回路内の電荷の運動についても、複素数は有効に利用されている。

○通常、私たちが取り扱う量(測定量)は実数であるから、複素数の使用は便宜的なものと考えられるが、微視的世界を記述する量子力学や場の理論では、運動方程式および状態の記述自身に複素数が用いられ、より本質的役割を果たしている

とあります。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ