人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

VAIO のtypeXを使っているのですが、スリープにしていても、一定時間経つと休止モードに移行してしまいます。そうならないためにはどうしたらよいでしょうか?

●質問者: draftand
●カテゴリ:コンピュータ 家電・AV機器
✍キーワード:VAIO スリープ モード
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● KairuaAruika
●45ポイント

http://www.losttechnology.jp/Tips/powercontrol.html

省電力設定の項目内に,任意の時間や動作を変更できる箇所があります。


2 ● lepremierpas
●45ポイント

http://dekiru.impress.co.jp/contents/108/10807.htm

スリープ状態(ディスプレイを閉じた状態)で持ち歩いていたVAIO type Pを起動しようとすると、「Windowsを再開しています」というメッセージが表示され、数分ほど待たされてイライラしてしまうことがあります。これは、持ち歩いている間に「スリープ」から「休止」状態に自動的に移行したためです。ディスプレイを閉じたとき、VAIO type Pは自動的に「スリープ」状態に移行します。この状態から起動すると数秒で復帰できるのですが、そのかわりスリープ中はバッテリーの消費量が多めになります。休止状態は復帰に時間がかかるかわりに、バッテリーの消費量を抑え、長時間持ち歩きができるようになるのです。そもそも長時間持ち歩かない、または、バッテリーが多少減っても起動の速い方がいい、という場合は休止状態を利用しないよう設定を変更しましょう。タスクバーのバッテリーアイコンをクリックして[その他の電源オプション]をクリックし、[プラン設定の編集]で現在選択している電源プランの[プラン設定の変更]-[詳細な電源設定の変更]をクリックします。[電源オプション]が表示されたら[スリープ]の左にある[+]-[次の時間が経過後休止状態にする]の左にある[+]を順にクリックし、[バッテリ駆動:5分]を、[なし(0)]にします。これで休止状態が利用されなくなり、いつでも数秒で起動(スリープから復帰)できるようになります。そのかわり持ち歩き中のバッテリー消費が増えるので、使わないことが明らかなときはシャットダウンしておくなど、バッテリー消費を抑えるための対策を心がけましょう。


3 ● dsfddsss2009
●0ポイント

VAIO type Pは、いつでもインターネットに接続できる環境を実現してくれます。持ち運べるパソコンが、メールやSNSなどのコミュニケーションにどんな変化をもたらすでしょうか。

http://dekiru.impress.co.jp/contents/108/10807.htm

◎質問者からの返答

ひどい回答ですね


4 ● azumi1975
●0ポイント

BIOSの設定で休止モードOFFにしてください。

◎質問者からの返答

それはやりすぎ

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ