人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

例えば読んだ本の記録を残すためのソフトを探しています。
1日に1?2件のタスクがあり、その1件ごとに記事を書いて管理したいです。
イメージとしてはメーラーのようなUIがいいかなと思っています。

必須機能としては
・1日に何件でも投稿可
・タグ付けによる分類
・タイトルやファイル名だけでなく本文全文からの検索
・検索結果のファイルの中身をプレビューできる
・ウェブ上にはアップせずローカルだけで作動

できれば欲しい機能としては
・「単行本or新書or文庫」や「小説orノンフィクションorエッセイorハウツー」など、必ず設定する大分類をプルダウンチョイスから選択できる
・必ず入力する数値(値段、発行年月日など)の入力に手間がかからない

データベースを自分で構築するのが一番満足いくかと思いましたが、なにぶん全然知識もなく全く手も足も出ませんでしたので、既製のソフトを探しています。
できればフリーソフトがいいですが有料でもかまいません。ただし有料の場合は特に細かく解説してください。

また「例えば」と書いたように実際には仕事上の記録なので、読書に特化したソフトは求めていません。

●質問者: itakakal
●カテゴリ:コンピュータ 科学・統計資料
✍キーワード:UI イメージ ウェブ ウンチ エッセイ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● goog20090901
●0ポイント

http://crossreview.jp/

これがお手軽です。

◎質問者からの返答

えーと、リンク先間違えましたか? と思うくらい全く合致してないのですが。

・オンラインにはしたくないです、さらに記事の公開範囲を設定できないとか、仕事上の記録を残すものとしては全く無理です。

・繰り返しますが「例えば読書の記録」です。実際に商品のレビューをするわけではありません。


2 ● wm5775
●30ポイント

読書記録専用のソフトではありませんが、下記のソフトはいかがでしょうか?

1. Microsoft OneNote

有償です。ノート感覚でまとめられるのと、タグやバインダーで管理できます。

http://office.microsoft.com/ja-jp/onenote/FX100487701041.aspx

2. EverNote

こちらも似たようなツールです。

複数PCのデータをオンラインで同期する機能をもっていますが、外部には公開しない

設定にすることができます。

http://www.evernote.com/

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

OneNoteはさすがにこのツールのためだけに5万を払うかというと躊躇しますね……。

でも読んだ感じでは求めることができそうな感じです。

EverNoteはとりあえず使ってみようかと思います。

こういうサービスは最近だとはやりオンラインが前提ですよね。むしろオフラインにしたい身としては、なかなか難しいところですが試してみたいと思います。

ありがとうございました。


3 ● pons
●0ポイント

http://homepage1.nifty.com/EKAKIN/shihonp.htm#Introduction

私本管理plus はいかがですか? もともとは蔵書管理のソフトです。

プラグインを入れると amazon(dvd、音楽含む)や他からデータを引っ張ってくることができるので、価格や体裁(文庫・新書など)他アマゾンにある情報は自動入力されます。書影も作者も入りますし、自分で分類をつくることもできます。 また 備考は保存することができ、ここも他の項目同様 内容含め検索対象(検索タブがあります)になります。

メーラーのようにフォルダを分けて管理することが可能です。

フリーウエアです。

◎質問者からの返答

・実際には本を管理するわけではありません。

読書記録として使うならこのソフト良さそうですけどね……。


4 ● azumi1975
●0ポイント

http://www.bookboard.jp/

◎質問者からの返答

・読書記録をしたいわけではありません。


5 ● akamegane
●30ポイント

TiddlyWiki というローカルの Wiki はどうでしょう。ファイル 1 個でブラウザの中で完結しているので、導入は簡単です。

http://www.tiddlywiki.com/

簡単な説明スライド

http://www.slideshare.net/guest102a23/an-introduction-to-tiddlyw...

・1日に何件でも投稿可 ⇒ OK

・タグ付けによる分類 ⇒ OK プルダウンではないけれど、2 回目からは候補が提示されたと思います。

・タイトルやファイル名だけでなく本文全文からの検索

⇒ △ 全文からの検索は OK、でも個別のファイル名という概念はないです。

・検索結果のファイルの中身をプレビューできる

⇒ 解釈が微妙。ファイル添付機能は、NoteStorm という カスタマイズされた TiddlyWiki ならあり。

・ウェブ上にはアップせずローカルだけで作動

⇒ OK


NoteStorm は、これを元にかなりカスタマイズされたバージョンのようです。

http://www.giffmex.org/NoteStorm.html

ここの SlideShow Tutorial を見てもらうと、雰囲気はわかるかもしれません。

すみませんが、情報源は大半が英語です。

TidllyWiki 自体の日本語情報は、たとえば、

http://hsj.jp/junknews/archives/tiddlywiki_susume.html

◎質問者からの返答

TiddyWiki悪くなさそうですね。試してみますありがとうございます。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ