人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

最近、『グミ(キャンディ)』が人気の様で、種類もたくさん出ていると聞きました。
そこで…『グミ(キャンディ)』自体の基本的な情報(歴史/誕生経緯など)・人気&最新の商品・効能?…等々に関する情報を教えて下さい!!
※とにかく幅広く、いろいろなバリエーションの情報をいただきたく思います。ご協力、よろしくお願いします!

●質問者: tooh22
●カテゴリ:グルメ・料理 ネタ・ジョーク
✍キーワード:キャンディ グミ バリエーション 歴史 誕生
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● suppadv
●23ポイント

幅広くでは、ウィキがいいと思います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%9F

以下、一部抜粋

名称はドイツ語でゴムを意味するGummiに由来する。ドイツと北米では熊をかたどったグミベア(Gummy Bear、ガミーベア)が、さまざまな形のグミで最も親しまれ定着した形状である。

ドイツでは強く噛む必要のある食べ物が少なくなり、歯に関する病気にかかる子供が増えていた。そのため硬い菓子を作ることで子供の噛む力を強くし、歯にかかわる病気を防ごうと作られた。1920年ボンのハンス・リーゲルが果汁をゼラチンで固め、コーンスターチをまぶして作り、ハリボー社(Hans Riegel、Bonnの頭文字でHARIBO)を設立して販売した。ドイツの土産として有名であるが、最近ではバラエティストアやコンビニエンスストアでも売られている。カッチェスやトローリなども有名。

◎質問者からの返答

情報、ありがとうございます。


2 ● 03
●23ポイント

http://inventors.about.com/od/gstartinventions/a/gummi.htm

英語ですが、その誕生から歴史が書かれています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%9F

Wikipediaにも情報があります。

http://gummycandy.net/

グミキャンディ品評会なんていうサイトもあります。情報結構ありそうです。

◎質問者からの返答

情報、ありがとうございます。


3 ● miharaseihyou
●22ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%82%9D%E6%B2%B9

http://www.kawai-kanyu.co.jp/yakugyo/syohin/index.html

昔々、少なくとも40年以上は前のお話になります。

当時、学校に売りに来ていた「肝油ドロップ」は当時としては画期的な食感でした。

そう。

現在のグミキャンディーそのままの味と噛み心地でした。

少し硬めのグミキャンディーといったところ。

当時はそんなお菓子は無かった。

ゼラチンを使った、もっとスッキリ噛み切れるお菓子やガムの類はありましたが、そのまま嚼みながら飲み込める、噛み応えのある

お菓子は無かった。

強いて上げれば和菓子ですが、弾力性が違う。

当時の宣伝効果がどのように作用したかは分かりませんが、現在でも売ってるから、日本人好みの食感なんだと思います。

おにぎりを甘くして歯触りを滑らかにしたようなものかな?

◎質問者からの返答

情報、ありがとうございます。


4 ● mnO302
●22ポイント

【楽天市場】グミ | 週間売れ筋人気ランキング

http://ranking.rakuten.co.jp/rnk/navi/g304707/

◎質問者からの返答

情報、ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ