人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

管理会計で限界利益という考え方があります。

売上高から変動費を引いたものですが、この項目からそもそも何を読み取っていくのでしょうか?

知っている方に意見を頂きたいです。
(もしくは詳しく説明しているサイトがありましたら教えてください。)


●質問者: uuuu_mmmm0120
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:サイト 売上高 変動費 意見 管理会計
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● sirotugu40
●20ポイント

http://homepage3.nifty.com/domex/business/yogo_genkai.htm

>一般に仕入販売業では売上原価が変動費ですから粗利が限界利益に相当します。


2 ● horonict
●20ポイント

限界利益とは、固定費と利益の和です。

逆に考えると、限界利益の値まで固定費を増やすことができます。

つまり、限界利益とは損益分岐点を見ていることになります。

http://homepage3.nifty.com/domex/business/yogo_genkai.htm


3 ● batti55
●20ポイント

http://www.kabto-yama.ac.jp/DigitalBoki/pasoboki/boki_cvp.htm

http://www.keiei.ne.jp/dir/attax/column/10036235.html

http://asahi-kaikei.com/pico+index.content_id+46.htm

http://www.scratchbrain.net/blog/ver2/entries/001496.html

目標利益達成のためだったり損益分岐点の算出や固定費回収の目安に使われるようです。


4 ● mare_caldo
●20ポイント

限界利益で言う限界とはmarginal の訳語で、1単位売上が増加したときに増加する利益の額を限界利益と呼びます。売上高をグラフにしたときの傾きに相当します。1単位あたりの売上から1単位あたりの変動費を差し引いて算出します。変動費の主要なものは、通常、仕入や製造費でしょうが、これに売上にリンクして増減する販売費などがあれば、これも変動費とします。一般に、仕入や製造費だけを差し引いた利益を粗利と呼びますが、単位当たりの粗利は限界利益ととても近い概念です。


傾きを限界利益率として、総売上高-総変動費を限界利益と解説している例がよく見られますが、もともとのmarginalという言葉の意味から考えれば、限界利益そのものが本来は傾きの概念です。総売上高-総変動費を限界利益として考えてしまうと、それだけではあまり意味はありません。


5 ● mn0302
●20ポイント

売上高に占める限界利益の比率を計算することで、損益分岐点の算出などが可能になります。

固定費・変動費とは?

http://www.ccsjp.com/kaikei/kaikei205-1.htm

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ