人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

高校物理・波
下のリンクは定常波を説明したものですが、図の赤い線だけを見ていくと、わかりやすい
かと思います。
これを見ると、最終的な波形として、両側に山谷が同時にできていますが、図の流れから
どうしてそんなのができるのかわかりません。自分には山谷が交互になる定常波ができる
ように思えます。どういうことなのでしょうか?あくまで図の流れからするとおかしいの
ではないかという疑問です。自然現象そのものが疑問というのではありません。両側に山
谷ができる波形は見たこともあります。
それから、自分が想像するような山谷が交互になるものも定常波と呼ぶのでしょうか?
あわせて教えてください。よろしくお願いします。

http://f.hatena.ne.jp/massa-will/20091206133214

●質問者: massa-will
●カテゴリ:学習・教育
✍キーワード:それから リンク 山谷 想像 物理
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● lepremierpas
●45ポイント ベストアンサー

http://www.ne.jp/asahi/tokyo/nkgw/gakusyu/hadou/teizyouha/teizyo...

このアニメーションを見てみてください

解りやすいと思います

◎質問者からの返答

おもしろい動画でした。ありがとうございます。

ただ、まだ少し疑問があります。

下のコメントに書き込みますので、また教えてください。


2 ● rsc
●45ポイント

それは全部を同時にまとめて描いているだけで、本当は時間によって上下に振動しています。

>自分には山谷が交互になる定常波ができるように思えます。

というのが、正しいと思います。

こちらの動画は参考になるでしょうか。

●定常波(自由端、2倍振動、3倍振動)の動画500k この学習情報の説明

http://www.nicer.go.jp/lom/program/search/lomdetail.php?lomid=js...

◎質問者からの返答

やはりそうなのですね。おかしいと思いました。

ただ、まだ少し疑問があります。

下のコメントに書き込みますので、また教えてください。


3 ● v82
●20ポイント

波は進行するものだが、進行せずにその場で振動しているように見える波を定常波といいます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%9A%E5%B8%B8%E6%B3%A2


http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/8/8c/Standing_wave.gif

◎質問者からの返答

基本を確認できました。ありがとうございます。


4 ● hanatede5
●35ポイント

問題の定常波の図はあくまで赤い網目部分の”範囲内”を一本の赤い線(波のきわ)がくねくねと動きますよ、という図だと思います。

つまり波が動く様子のビデオから得られるn本の線をすべて1枚の紙の上に書き写した時に得られる図において、nを無限大にしたときに得られる図です。

t軸を加えた三次元のこちらの図http://www.fnorio.com/0059wave_equation_and_general_solution1/wa...(これはA=1、λ=2π、T=2πの場合の三次元の図)のt軸に平行に見たときの図に近しい。

常に静止している部分(両方の波のy座標を足すと常にx軸上になる部分、節)

と常に両波の2倍になる部分(両方の波のy座標を足すと常にどちらかのy座標の2倍になる部分、腹)

に注目して

間の部分はコサインの曲線になることに注目するとイメージしやすいと思いますがいかがでしょう?

◎質問者からの返答

ありがとうございます。ただ、残念ながらリンクの図と思われる箇所がすべて

真っ白けになっています。見るのには何かソフトが必要なのでしょうか?

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ