人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

DELLのSC430とかT105が2万円から3万円ぐらいで売られていた記憶があるのですが、さっき見たら8万円とかになっててびっくりしました。
下記教えてください。
* 1) なにか状況が変わったのでしょうか?変わったのならばその理由などおしえてください(石油高騰?為替?DELLの戦略?)
* 2) また安くなる時期があったら教えてください。


●質問者: kunitz
●カテゴリ:コンピュータ インターネット
✍キーワード:Dell SC430 戦略 石油 記憶
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● nakawa
●19ポイント

話が逆だと思います。

原価などから考えると今の値段が妥当な線だと思います。

DELLの格安サーバーは本当にベーシックなモデルだけが2,3万の値段で少しでもBTOで仕様をアップするとすぐに8万とかの値段になるような仕掛けしなっています。

つまり客引きのためにやっているのだと考えられます。

今はそこまでして顧客獲得の必要が無いとみているのでしょうね。

最近ではHPのサーバーが時々安く売っているのでそちらを狙った方がいいかもしれませんね。


http://nttxstore.jp/_II_HP12874020

今は売り切れていますが何度も在庫が戻ってきています。


2 ● tyousann
●19ポイント

いくらなんでも理由もなくそんなに安くなることはありません。

もし、見たことがあるのならば

購入と同時に光回線を申し込むことが条件でしょう。

Bフレッツ+光電話+光テレビとかいっぱいつければ

3?4万円キャッシュバックがありますから、

見た目の価格は6?7万円のものが

2?3万円で買えることになります。

おそらくからくりを見たのでしょう。

メーカーサイトでは当然正規料金ですよ。

もし、これから光を申し込むならこんなのもありますよ。

http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1HYIZZ+9MIAUQ+1UMC+614CZ


3 ● chairs
●18ポイント

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa550383.html

こういう場合があるようです

DELLの場合明らかに通常料金に戻ったものですね。DELL側も販売戦略上どれとどれの組み合わせ,もしくは何を値下げすれば売れるのかをデータをとって戦略的に販売しているのでその点で8250シリーズは徐々に蚊帳の外へ追いやっているのでしょう。また同じ型番のシリーズも顧客に飽きられるので型番を変更してフレッシュ感をだして8300を前面に押しているのでしょう。

機種違いますが同じこと言えます


4 ● nontan2005
●18ポイント

1)

私も友人に薦められて、SC420を、確かセールで29800円で買いました。

普通ならば、この値段だとCPUは、Celeronだったのですが、無料アップグレードで

この時だけCPUが、Pentiumになる特典がありました。

安いのには理由があって、当時ミドル?ハイエンドのCPUがモデルチェンジ(Pentium4からPentium D)した為です。この翌年頃にSC430も、同様に安売りになったのですが、

やはり何かの部品の在庫処分等で、安売りしてるような感じです。

ちなみにSC420やSC430が3万円とかの奴は、OSが付いていませんでした。

OS付きであれば、最低でもハードウェアのスペックが、もうちょっと上がって

同社の製品(デスクトップ)では、安くても6万円前後だった筈です。

2)

今、高いのはCPUが、LGA775ソケットから、LGA1366ないしは、LGA1156に以降して

旧モデルが安売りになっても良いぐらいの時期なんでしょうけども、以前みたいに

在庫を持たないため、安売りする理由が無いとか、そんな事もありそうな気がします。

景気の関係も有り、売れ行きそのものも鈍ってると思います。

DELLからの、メールマガジンでのクーポン付きの安売り情報は、

その当時から、結構配信されて来るのですが、

ここ最近ぱたっと来なくなってる気がしないでもないです。

もし安売りするとすれば、クリスマスシーズンで有りそうな気がするんですが、

むしろ、クリスマスで売れ残った分を年末?ぐらい、売りにだしたりとかは有るかも?

最近、あまり気にしてなかったので、あくまで推測ですが。


余談ですが、8万円というのは、現行だとLGA1156ソケットのCore i5やi7

それにDDR3メモリー等が組み合わさって、Windows7が付いてれば、そんなもんだと思います。

OSライセンスだけでも、過去のXP Professional並みの機能を持っているものだと

結構な値段なので、ハードのみだと5?6万、メーカーとしても、ギリギリの価格かも。

旧ソケット(LGA775)のCore2DuoやCeleron Dual CoreのモデルであればDELLでは扱って

るか分かりませんが、他社で同程度のサーバー向け製品なら、OS無しで、3万円?ぐらいだと

出来合いで買えると思います。自分で作っても、そんなもんです。

Core2Duoだと、+1万円ぐらいでしょうか。

サーバー向けだとCPUが、Xeonになってるものもあると思いますが、実質一緒です。

詳しく説明すると長くなるので、割愛します。

それでも、当時のSC430(PentiumD-3GHz程度でも)より、ずっと速い筈です。

為替レートとかより、むしろアメリカの場合、クリスマスの前後かどうか、日本国内でなく

大量に消費される向こうの国での、パーツのトレンド(流行とか、モデルチェンジ)

のサイクルを見ていれば自然と、買い時は見えてくると思うのですが。

型落ちを買うか、最新の廉価モデルを狙うか、そこらは個人差があると思いますけど。


http://www.hatena.ne.jp


5 ● bobcoffee
●18ポイント

DELLで安いのはモデルチェンジ前と決算期前なので

今は高いのかと思います、ただ今までと決定的に違う状況なのは

宣伝広告費を掛けてCMやダイレクトメールを送っている事で

近いうちに特価で出ることは考え辛い事です。

回答者1のnakawaさんがいうとおり

通年で安くしているML115を待ってた方が確実でしょう。

http://www.hatena.ne.jp


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ