人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

高校物理・単振動
<問題>
http://f.hatena.ne.jp/massa-will/20091213163113
<質問>
http://f.hatena.ne.jp/massa-will/20091213163249
わかりやすく教えてください。よろしくお願いします。


●質問者: massa-will
●カテゴリ:学習・教育
✍キーワード:物理
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● kamikun
●20ポイント

重力の斜面方向成分(mgsinθ)によって減速しようとするのはPもQも同じです。

しかし、振動中心ではばねは自然長より縮んでいるので、Pはばねによって押されます。

よって、Pの方がQよりも減速しにくいわけです。

ばねが自然長になればそれはなくなりますし、自然長より伸びれば逆に引き戻す力が発生するためPの方がQより減速しやすくなります。

それで離れるわけですね。

◎質問者からの返答

回答をありがとうございます。参考になります。


2 ● suppadv
●50ポイント ベストアンサー

加速度が0になった時が離れる時と、考えたところで、間違ってしまっているのではないでしょうか?


θが0、つまり、水平平面上でばねで錘を押す時は、加速度が0になった時が、離れる時となりますので、massa-willさんの考えで合っています。

水平なら、重力を考える必要はないので、簡単に答えが出ます。

この点が重要です。

ばねが錘から離れる時は、あくまでもばねが錘を押すのをやめる時です。あくまでもばねと錘の2者の関係を考えなければなりません。



この問題では、さらに重力が加わって少し複雑になっています。

しかし、基本は同じです。

重力とばねの力の両方がつりあったところでは、ばねは錘を押し続けていますし、重力は錘を引き続けています。

重力とばねの力は、それぞれが勝手に錘に働いています。

重力がばねの力を弱めることは無く、それぞれが別々に働いた結果、0という数字が出てくるのが振動中心です。

重力とばねの力をあわせて考えた結果の見かけで、考えるとどうしても振動中心が怪しく思えますが、実際には、ばねと錘の関係だけであれば水平で考えるのと同じとなります。


もし、振動中心で離れるということを仮定した場合には、重力がばねに直接働きかけて、ばねの力を弱めるという作用をしていることになります。

◎質問者からの返答

回答をありがとうございます。ただ、まだよくわかりません。

質問文のことばがたりなかったのかもしれませんので、コメント欄に補足します。

よろしければ、また回答ください。よろしくお願いします。



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ