人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

文献を探しています。
PGIIと胃部の炎症の関連性について、検討/報告している文献を教えてください。
また、PGIIの検査基準範囲に言及しているものも教えていただけると幸いです。

●質問者: puppetmaster2501
●カテゴリ:医療・健康
✍キーワード:基準範囲 検査 検討
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● 03
●35ポイント

http://ci.nii.ac.jp/naid/110004079705

こういう文献でしょうか。

CiNiiで探すと結構出てくると思います。


2 ● なぜなに
●35ポイント

英語の論文でもよろしければ、医学誌などに沢山出ていました。


1) PGII検査と慢性胃炎: Miki, K. et al. (2007) "Serum pepsinogens as a screening test of extensive chronic gastritis":

http://www.springerlink.com/content/9556878440514282/

(有料)


2) PGII検査とピロリ菌性胃炎: Hunter, F. M. et al. (2005) "Serum pepsinogens as markers of response to therapy for Helicobacter pylori gastritis":

http://www.springerlink.com/content/k0740v1555223438/

(有料)


3) PGII検査と胃癌: Kitaharaa, F. et al. (1999) "Accuracy of screening for gastric cancer using serum pepsinogen concentrations":

http://gut.bmj.com/content/44/5/693.abstract

(これは無料を登録すれば、PDFの全文が無料で読めます。)

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ