人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

中年男性です。
主に仕事上での自分の無能さに起因する自己嫌悪に悩んでいます。
厭世的な考え、自暴自棄な考えに囚われて本当に苦しいです。
解決・改善方法がありましたら教えてください。


●質問者: great_pessimist
●カテゴリ:人生相談
✍キーワード:中年 改善 男性 自己嫌悪 自暴自棄
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● 家庭教師で中学受験
●30ポイント

自分も職場で嫌なことが多いのですが

仕事上の失敗は仕事で取り返すのが一番ですがそうもいかないので悩んでいるのですよね。

そういったときはプライベートで趣味を作るのが一番です。

毎日毎日仕事だと逃げ場がないので

趣味で逃げ道を作るのです。

しごとで嫌なことがあっても趣味があれば

現実逃避できます。(いい意味で)

不満はネットや他人に吐き出しましょう。

あまりにもどす黒い不満はネットで

少しきれいな不満は友達に言いましょう!

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

自分の出来ることで頑張ろうと思うのですが、なかなかうまくいきません。

いっその事、会社を辞めることも考えるのですが、

自分に自信が無くなっており何をやってもダメな気がすること、

妻子があること等から踏み切れません。

確かに趣味の時間だけは嫌なことを忘れられますね。


2 ● godann
●30ポイント

自己嫌悪に悩む人へ

自己嫌悪とは、どのような状態でしょうね。

人は誰でもいいところと悪いところが両方あります。

あたりまえのことですが、そのときの精神状態によっては悪いところにばかり目が行ってしまう時期があります。

そんな時期を克服してネガティブシンキングを離脱すると、自己嫌悪も低減していくと単純に考えてみます。そのためには、どのくらいの、どのようなポジティブシンキングが自分には必要なのでしょうか。

そこで、、、



1:今まであたりまえに思っていた自分の能力や経験から、あたらしい掛け合わせを見つけて、あたらしい可能性と需要に対応できることを見つけるかもしれません。

2:もっと本質的な理想や夢があったことを思い出すかもしれません。

3:これまでのいい経験、嫌な経験全てが、そこに繋がっていることに気が付くかもしれません。

4:そして、もっと意外な人間関係を掛け合わせることで、あなたが自分でチャンスを作り出せるかもしれません。

そのようなリストをつくる作業

あなたと同じようなことで自己嫌悪に落ちいてる人は、どのように克服しているのかというと、自分だけが不幸であるかのような錯覚が自分を苦しめている感情。そして自分の育った環境や生活している環境が悪いと思い込んでしまう感情。まず、素直にそのような感情を認めてしまうようです。

自己嫌悪といっても原因がどこかにあるはず。それを重箱の隅をつつくように、どんどん出す作業は、気が重そうですが精神的には効果的だと言われています。

ネガティブな要素を出してみる。

原因が、他者や環境にある。または自分にある。

どちらにしてもそれらを出し終わった後は、それらに対してどのように接するかのステップです。


好きになってみるというのは辛い作業でしょうか?

許してみるっていう作業は難しいでしょうか?


好きになるというエネルギーは、その対象を好きになるということよりも、もっと大きく自分自身に影響します。好きなものをもっと好きになってみることから始めて、あまり好きじゃないものから、「好きかもしれないポイント」を探し出す癖を練習して見る。

そして最終的には嫌いという感覚に覆われている対象に対して、関心を向けない、理想を言えば、「許してみる」ことが出来ればすばらしい。

アメリカのあるカウンセラーは、このようなプロセスを経て、「好きになる」「許す」という感覚を学習して癖にすることで、自分自身の生活全般を改善しているということです。


「好き」「許す」という状態が、ポジティブシンキングです。


何かひとつ嫌いだと感じてしまうと、そのエネルギーは多岐に影響します。

そして一番嫌ってはいけないのが「自分」です。自分自身に向けられたその負のエネルギーは、本当は自分自身でもっとも簡単にコントロールできるはずのエネルギーです。即座に一瞬でどちらにも向きを変えることができるこのエネルギー。練習も経験も必要無し。キライというエネルギーを自分自身に向けないとまず意識してみることから始めてください。

しかし自己嫌悪に陥っているとそれも困難なことだと察します。

では、それはなぜ困難なのかと考えるに、自分を自分でコントロールすることが下手であるということかもしれません。

その自分で自分をコントロールするということは、どのようなことでしょうか。

http://selfquest.jp/sq/archives/2005/02/post_13.php

◎質問者からの返答

詳細な回答ありがとうございます。

「好き」「許す」。

今の私には難しいですが試みてみます。


3 ● goog20090901
●20ポイント

精神安定剤を飲む

薬局に行けば、漢方でこの系統があるので、

医者の処方なしに飲むことが出来ます。

オジギソウとかいろいろ。

◎質問者からの返答

回答有難うございます。

薬でも効果があるのかもしれませんが、薬以外での改善を望んでいます。


4 ● azuco1975
●20ポイント

しばらくお休みを取られて、

心の余裕が改善されるまで待つのも1つの方法です。

◎質問者からの返答

回答有難うございます。

何もしないでボーっと時間を過ごしたい気もするのですが、

転勤したばかりで休みが取りづらい状況です。


5 ● ioooi11
●30ポイント

自己嫌悪を解消する方法があります。

なぜ、自分を嫌うのでしょうか。

なぜ、自分のことが嫌なのでしょうか。

自分の性格が嫌い。

自分のルックスが嫌い。

自分の顔が嫌い。

自分の声が嫌い。

自分を嫌ってしまう表面的な理由はいろいろとありますが、自己嫌悪の根本的な原因はひとつです。

「潜在意識レベルで、現在の自分を肯定すること」が、出来ていないからです。

自覚できる顕在意識で、自分を肯定しているかどうかには関係なく、「潜在意識レベルで、現在の自分を肯定すること」が、出来ていないのが、自己嫌悪の根本的な原因です。

心の奥の深いところで、自分を肯定できていないのです。

そのために、自分の嫌な面ばかりを見つめて、自分を嫌ってしまっているのです。

「潜在意識レベルで、現在の自分を肯定すること」が、出来るようにならなければ、自己嫌悪は解消できません。

自己嫌悪を解消することが出来るトレーニングがあります。

http://www.yarou-plus.com/017/index.html

これは、プラス思考をはじめるためのトレーニングですが、実は、マイナス思考と自己嫌悪の原因は、全く同じことです。

どちらも、「潜在意識レベルで、現在の自分を肯定すること」が、出来ていないことが原因で、マイナス面や悪い面ばかりを見つめてしまうのです。

だから、このトレーニングをおこなって、プラス思考をするようになれば、マイナス思考が解消すると同時に、自己嫌悪も解消できます。

http://jikokenokaisyou.blog.so-net.ne.jp/2009-12-20

◎質問者からの返答

回答有難うございます。

ご教示いただいたトレーニングを検討してみます。


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ