人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【文化】しばしばある話ですが、自身の発明や研究を他人に真似させずに公表する方法はありますか?
基本的に、口頭やサイトで公となった著作物にも著作権が与えられますが、無駄な紛争は回避したいというものです。

次の要件を満たすモノのうち、効果的で手間が掛からないものを教えてください。
1.技術・発明】技術的なノウハウや特長ある発明品
2.1を除く研究やその主張(自然科学、主観的な意見等)
3.文化的なもの(自作の川柳・小説など)

いずれかの回答であれば、その番号を指して教えてください。

●質問者: Newswirl
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:いもの サイト ノウハウ 主観 回避
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● azuco1975
●18ポイント

1.特許申請中

2.特急申請中

3.内容証明便で自分自身に送る

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

1,2は申請中と書いておくということかな?

3は…郵便局が大変そうです。


2 ● kick_m
●52ポイント

公表する場合に、ネットではなく、印刷物とか役所に登録とか、公的に登録される媒体を選ぶことです。ホームページなどでは、いつ誰が公表したのかがわからないので、わからないだろうと真似されやすくなります。雑誌などに発表した場合は、発表日時、作成者が公けに特定されているので、真似しにくいといえます。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

やはり、証明してくれる大きな団体がバックにいた方が良いのかな。

ふと思ったアイデアが雑誌や学会などでしか公にできない(公にされるかどうかも不確実)のもとで

発想や創作を試みる大人や子供が表れるのか疑問に思っています。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ