人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ジョン・ガドリーという、予知夢で競馬を当て続けた男についての詳細を教えてください。

何をしていた人物だったのか、競馬を当ててどのようにかわったのか、(存命ならば)現在はどうしているのかなどを知りたいです。

●質問者: ryusu11
●カテゴリ:芸能・タレント ネタ・ジョーク
✍キーワード:現在 競馬
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● godann
●23ポイント

夢に出てきた馬を勝って次々に的中

http://yume.navi100.com/index.php?%E5%A4%A2%E3%81%AB%E5%87%BA%E3...


2 ● ioooi11
●23ポイント

事の発端は、ガドリー氏がまだ学生であった1946年3月8日、その日の夜に見た彼の夢から始まった。夢の中で、彼は新聞の夕刊を手にとり、バインダルとジュラディンという名前の馬が勝ったという、競馬のレース結果を読んでいた。

翌朝、彼は新聞を見て、実際にその2頭の馬が次の競馬で走ることを知り、友人達にもその夢のことを話したのだ。

正夢の可能性もある、ということで、数人の友人と共に、その2頭の馬に大金を賭けることにした。そして見事、夢の情報通りの勝ちを得たのだ。

翌月の4月4日にもまた、チューバーモアという名の勝ち馬の夢を見たので、このときもさっそく、彼はその馬のことを調べてみた。

実際には、チューバーモアという名の馬は存在しなかったが、似た名前でチューバーローズという名の馬が出走することが分かった。

彼が、この馬に賭けたことは言うまでもない。そして、またも夢の情報通り、その馬は勝ったのだ。

さらに、こんどは数ヵ月後の7月2日の夢になるが、このときはモニュメンターという名の馬が勝ったことを、電話ボックスの電話から聞いているという夢を見た。

翌朝、いつものように調べてみると、出走する馬でそれと近い名前に、メンターズという馬がいることが分かった。彼はその馬に賭け、そして勝った。

http://yume.navi100.com/i/index.php?%CC%B4%A4%CB%BD%D0%A4%C6%A4%...


3 ● YBSGG
●22ポイント

事の発端は、ガドリー氏がまだ学生であった1946年3月8日、その日の夜に見た彼の夢から始まった。夢の中で、彼は新聞の夕刊を手にとり、バインダルとジュラディンという名前の馬が勝ったという、競馬のレース結果を読んでいた。翌朝、彼は新聞を見て、実際にその2頭の馬が次の競馬で走ることを知り、友人達にもその夢のことを話したのだ。

正夢の可能性もある、ということで、数人の友人と共に、その2頭の馬に大金を賭けることにした。そして見事、夢の情報通りの勝ちを得たのだ。翌月の4月4日にもまた、チューバーモアという名の勝ち馬の夢を見たので、このときもさっそく、彼はその馬のことを調べてみた。

実際には、チューバーモアという名の馬は存在しなかったが、似た名前でチューバーローズという名の馬が出走することが分かった。彼が、この馬に賭けたことは言うまでもない。そして、またも夢の情報通り、その馬は勝ったのだ。

さらに、こんどは数ヵ月後の7月2日の夢になるが、このときはモニュメンターという名の馬が勝ったことを、電話ボックスの電話から聞いているという夢を見た。翌朝、いつものように調べてみると、出走する馬でそれと近い名前に、メンターズという馬がいることが分かった。彼はその馬に賭け、そして勝った。

これだけの見事な予知夢なので、当然に人々の話題となり、翌年はレース前に彼が見た勝ち馬の夢情報について、3人の証人を立てて、その署名とともに夢の内容を記した書面が郵便局の金庫に保管されるということまでが行われた。

書面は封印され、そこに郵便局長自らが消印を押すという念の入れようだった。その結果、彼の夢情報(予知夢)は正確であることが証明されたのだ。こうして、ガドリー氏の予知夢のことは世界中の新聞で報じられることになった。

http://yume.navi100.com/index.php?%E5%A4%A2%E3%81%AB%E5%87%BA%E3...


4 ● kanan5100
●22ポイント

http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http://www....

機械翻訳ですいません。

・最初に競馬を当てたときには、オックスフォード大学バリオル・カレッジの学生だった。

・のちにKilbracken卿になった。

ということで、ジョン・ガドリーはこの人だと思われます。

http://www.carrigallen.com/johngodley.htm

http://en.wikipedia.org/wiki/John_Godley,_3rd_Baron_Kilbracken

・イートン校在学中には副業としてブックメーカーをしていて100人以上の客を取っていた。

・大学在学中、勝ち馬の夢を見て競馬を当てたが、のちにその頃の自分はギャンブル中毒でそのせいで破壊的な影響をこうむったことを認めた。

・戦時中は海軍少佐として従軍。

・戦後は海外特派員として、キューバ、中国、イエメン、アンゴラ、アデンなどに渡った。

・詩集や本を何冊か書いた。

・1943年にPenelope Anne Reyneと結婚し2子をもうけるが1949年に離婚、1981年に36歳年下のオーストラリア人の元スパイ、Susan Lee Heazlewoodと結婚。2子をもうけ、1989年に離婚。

・父親のあとをついで第3代Kilbracken男爵となり、2006年に85歳で亡くなった。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ