人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

保育所が足りない足りないとみんないいますが、
そんなに需要があるのに、供給が追いつかない理由ってなんなんでしょうか?

保育所開設にはお金がかかるから?保育士が足りないから??


●質問者: hattorikun
●カテゴリ:学習・教育 生活
✍キーワード:お金 供給 保育士 保育所 需要
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 11/11件

▽最新の回答へ

1 ● ioooi11
●16ポイント

不況で減った収入を助けるため、共稼ぎが増えています。

その影響で、各地の保育園に、定員を大幅に上回る入所希望者が殺到しているとのこと。

不況で減った家計を補うため、母親が子供を預け、働きに出ようとしていることが原因とみられています。

http://seizikeizai.seesaa.net/article/114894953.html


2 ● godann
●16ポイント

“待機児童”と呼ばれる保育園に入園できない子どもを生んでいるのが主に都市部での「保育園の不足」だ。共働きや家族の介護が必要な家庭では子どもが育てにくいため、保育園に預けることになるが、その需要が保育園の数を大きく上回るため、大量の“待ち”が生まれている。そのような状況から、「子どもを生んでも育てられない」という不安があることは、紛れもない事実であろう。自治体の運営だけでは限界があるとの判断から、2000年に国が認可保育園への企業参入を認め間口を広げたが、その参入条件の厳しさからか、全国的に新規参入事業者は極めて少ない。

2006年4月現在で、全国の待機児童は23,338人。2001年からは政府が保育定員の増加を中心として「待機児童ゼロ運動」を進めているが、“働きたいが、現状では難しいので専業主婦をしている”という層が潜在的にあるため、新しい保育園ができるとすぐ定員が埋まってしまうことが多いようだ。待機児童の数については、調査で国が把握している数より実際はかなり多いとされている。

逆に“定員割れ”を起こしている幼稚園への救済と、待機児童数の削減をという流れから、政府は2006年10月から「認定子ども園」という保育園と幼稚園、両方の機能を合わせた施設への一体化を制度の中に加えた。かねてより主張されている“幼保一元化”への道筋が出来た、ともされるが、利用料などの規定は従来のままで、今のままでは混乱するのでは、との声もあがっている。

http://kaigi.edublog.jp/E9DA0207/


3 ● きょくせん
●16ポイント

http://cmx.vrsys.net/I/CCS_i_02_body.php?occcode=07103&sysmode=s...

正確には、『認可』保育所が足りないというのが正しい所ではないでしょうか?この場合は自治体予算の問題となりますので、簡単に増減できるものでもありません。

その穴を埋めるため、認可外保育所が存在し、これらは自費である為価格競争などが存在し、認可保育所に対し費用が高額だったり、費用抑制や営利追求の為保育士さんが少なかったり設備が不十分だったりして事件・事故が発生するのだと承知しています。

認可保育所を増やすには予算が必要。事故があるからと言って認可外保育所を否定すれば、純然たる待機児童が増加するというジレンマがあるようです。

因みにURLは保育士さんについての統計データです。

これを見ると結婚・出産を期に一度保育士さんが現場を離れ、子どもさんが大きくなると復帰されるというような状況が見て取れます。これを考えますと、保育士さんが不足している訳でもないのかなぁ、などとも。


4 ● db3010ss
●15ポイント

http://diamond.jp/series/closeup/09_11_21_001/

http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20090408

上記のような記事や考察に説得力を感じています。

個人としては、それに付け加えて、働く必要のない専業主婦が、子供を預けて遊びに行きたいために、コネを使って形だけ働いているようにして、保育所のリソースを侵食しているという可能性が考えられると思います。

そうすると、保育所の必要定数=働いている主婦+潜在的に働きたいと思っている主婦+子供を預けて好きなことがしたい主婦(の子どもの数)ということになりかねません。

子供を預けて好きなことがしたい主婦の子供の分まで税金を投入するのは、さすがに予算の適正な使い道とはいいがたいでしょう。

でもこういう層は無駄に地元の政治力が強かったりして、他所から引っ越してきた働いている主婦を駆逐して安価な認可保育園の枠を奪うことが多かったりするのではないかとも心配します。

結局のところ、利用する側と受け入れ側の双方のモラルの問題ということだと思います。

ニューヨークやロンドン、香港といったところでは、外国人ベビーシッターを利用できる層は、それなりに十分な供給を受けられているようですが、個人的にはこうした解決法を日本では望みません。


5 ● theresia57
●15ポイント

都会では今後も保育所の整備に莫大な費用が必要となります。加えて、15年後には保育所の定員割れによる経営問題が始まると見られています。

一方、地方では保育所に余裕があります。幼稚園まで含めて考えると、地方の子育て施設は十分に余っています。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/2057?page=3


1-5件表示/11件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ