人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「スマートグリッド」と「マイクログリッド」の違いは何ですか?
勝手な理解では、
「スマートグリッドは既存系統を所与として、需要側をスマートメーターや
電気自動車蓄電池で制御することにより系統の安定を図る技術」(つまり既存系統についての技術)
なのに対し、
「マイクログリッドは、複数の自然エネルギー発電を蓄電池とともに繋ぐことにより、
トータルの出力の平準化・安定化を図る技術」(つまり独立系統を前提とする技術)と
理解していますが、合っていますか?

●質問者: itarumurayama
●カテゴリ:科学・統計資料 家電・AV機器
✍キーワード:グリッド スマートグリッド スマートメーター マイクロ 勝手
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● horonict
●35ポイント

違います。既存発電系依存と自然エネルギー依存という対立軸にある用語ではありません。


スマートグリッドとは、ITを用いて効率化した送電網のこと。

マイクログリッドとは、発電と消費が小さな地域に閉じていること。

よって、スマートグリッドを用いたマイクログリッドというものは存在し得ます。


スマートグリッドとは

http://kotobank.jp/word/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%...

マイクログリッドとは

http://kotobank.jp/word/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%...


2 ● pah00
●35ポイント

スマートグリッドは非独立系統、マイクログリッドは独立系統であってます。

結局は、系が閉じてるか閉じてないかの違いで、根本的な技術は似通ってますし

互いに応用できます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ