人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

[相対パスの指定方法]

VisualBasic2003Express(VB.NET)を使っています。

コードの中で、ローカルPCのフォルダやファイルを相対パスで指定する場合、どのように記述すればよいのかわかりません。

(1)「このプログラムが存在するフォルダ」
(2)「このプログラムが存在するフォルダの中にあるexampleフォルダ」
(3)「このローカルPCのc:のルートフォルダの中のexampleフォルダの中のfile-example.txt」
を、それぞれ指し示す文字列を、ご教示ください。

●質問者: jjkkjpvb2008
●カテゴリ:コンピュータ
✍キーワード:pc txt VB.NET コード ファイル
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● heke2mee
●35ポイント

1)

.

2)

.\example

3)

c:\example\file-example.txt

\は円マークです

◎質問者からの返答

(1)は、「./」ではないのですね?


2 ● ardarim
●35ポイント ベストアンサー

プログラムの中で指定する場合、「このプログラムが存在するフォルダ」と「カレントディレクトリ」("."を使う書き方)は必ずしも一致しません。

例えば、プログラムのショートカットを作って、ショートカットのプロパティで「作業フォルダ」を指定した場合は、一致しないことになります。


(1)「このプログラムが存在するフォルダ」はMy.Application.Info.DirectoryPath プロパティを使って取得します。


(2)(1)を使って、「このプログラムが存在するフォルダの中にあるexampleフォルダ」は、

My.Application.Info.DirectoryPath & "¥example"

となります。


(3)絶対パス指定ですので、

"C:¥example¥file-example.txt"

になります。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ