人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ちょっと古いエントリですが、こちらを読んでなるほど、と思いました。

ドンドン優秀な人材輩出する上司は何を教えているのか?自ら学ぶ習慣 - モチベーションは楽しさ創造から
http://d.hatena.ne.jp/favre21/20070925#1190708583

その上で疑問があるのですが、「部下を教育する」というタスクのモチベーションを維持する秘訣などありましたら、アドバイスをいただけますでしょうか。
できれば体系的な考え方のようなものがあれば、ありがたいです。

●質問者: crenlif
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:アドバイス エントリ タスク ドン モチベーション
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● なぜなに
●70ポイント ベストアンサー

体系的な考えとしては、MBAでも出てくる

「モチベーション理論」(Motivational Theory)が有名です。:

http://leadershipinsight.jp/dictionary/words/motivational_theory...


例えば、これに含まれるマズローの欲求説では、

部下の自己実現の欲求を上手くサポートしてあげられる

環境や上司が、部下を育てることが上手い所に多いことが分かると思います。

マズローやマクレガーの他にもこの分野での文献もたくさん出ており、

現在でもハーバード・ビジネススクールの教授などが

モチベーション理論の著書を出し続けているので、

部下のやる気をいかに上手く引き出してマネージしていけるかが

マネージャーである上司の課題とも言えると思います。

(マネージャー自身の自己管理にも大切だと思います。)

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

マクレランドの欲求理論、目標設定理論、強化理論、公平理論、期待理論など、

関連しそうなところについて調べてみます。


2 ● pah00
●5ポイント

「自ら学ぶ習慣 - モチベーションは楽しさ創造から」

というのは、実践ではぜんぜん役に立たないエントリーばかりです。

鵜呑みにしたら痛い目にあいますよ

http://q.hatena.ne.jp/answer

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

有用かつ実践的情報を得るということは重要なことですね。


3 ● naninanida11
●5ポイント

全部やらせる。

自分は何もしない。

http://q.hatena.ne.jp/1263172231

◎質問者からの返答

「部下を教育する」という趣旨の捉え方によってはそういう考え方もあるかもしれませんね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ