人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

今度、マンション経営することになりました。個人と会社どちらで経営したもうがいいのでしょうか。

●質問者: perule
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:マンション経営 会社 経営
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● YBSGG
●19ポイント ベストアンサー

課される税金は何種類もありますが、中心は法人税、事業税、住民税です。

法人税は、国税で、事業税と住民税は地方税です。

法人税がかかれば、事業税と住民税もかかるのが普通です。

一部の中小企業などを除き、法人税の税率は現在30%。

事業税と住民税を合わせた実効税率は約40%です。

個人が起業して、ある程度の事業規模になれば「法人成り」を検討するようです。

「法人成り」とは、実態は個人事業に近いながらも法律的に法人企業になることです。

個人事業主のまま行くのか、法人成りするのか?

どちらが有利なのかを、税制面で見た試算を理解しやすくするため単純にすると、

個人事業主として、三億円の収入を得る揚合。

そして、三億円の法人収入の中から杜長の自分に対して役員給与一億円を支払う場合。

これを比べてみますと、

配偶者控除や扶養控除などの所得控除、さらに事業税などは考慮しません。

まず個人事業のケース。

個人所得税・住民税の最高税率の約50%が課されるため、三億円の個人事業の所得を得た揚合の所得税・住民税は一億四千七百二十万円となります。

一方 法人のケース。

社長の給与収入一億円に対し、みなし必要経費である給与所得控除六百七十万円を引いた九干三百三十万円が個人の所得税・住民税の課税対象で、所得税・住民税は四千三百八十五万円。

法人所得については三億円のうち、社長に対する給与分一億円から先ほどの給与所得控除を引いた九千三百三十万円を損金処理して課税対象額が二億六百七十万円となり、法人税・住民税が七干四百七万円となるのです。

結果は、個人事業の場合は税金が一億四千七百二十万円なのに対し、法人成り後は一億千七百九十二万円。

法人成りのほうが、税金面でのメリットは大きいようです。

ただ、法人化すればいいわけではなく、事業規模や所得控除を考慮する必要があります。

法人税率が30%と一定なのに対し、個人としての所得が小さければ、所得税率が30%以下になる場合もあります。

また近年、法人成りのメリットは薄れてきています。

かつてはすべて損金処理できた役員報酬が、今は一定の条件下で、役員報酬の給与所得控除分も法人の課税所得になります。

法人設立には登記などの費用がかかるだけでなく、税理士や会計士の費用も発生してきます。

ただ、法人になれば、社会的信用が増し、生命保険料を原則経費にできるなどの利点もあります。

http://www.mansiontoushi.com/faq/show/d200611080002.html

課される税金は何種類もありますが、中心は法人税、事業税、住民税です。

法人税は、国税で、事業税と住民税は地方税です。

法人税がかかれば、事業税と住民税もかかるのが普通です。

一部の中小企業などを除き、法人税の税率は現在30%。

事業税と住民税を合わせた実効税率は約40%です。

個人が起業して、ある程度の事業規模になれば「法人成り」を検討するようです。

「法人成り」とは、実態は個人事業に近いながらも法律的に法人企業になることです。

個人事業主のまま行くのか、法人成りするのか?

どちらが有利なのかを、税制面で見た試算を理解しやすくするため単純にすると、

個人事業主として、三億円の収入を得る揚合。

そして、三億円の法人収入の中から杜長の自分に対して役員給与一億円を支払う場合。

これを比べてみますと、

配偶者控除や扶養控除などの所得控除、さらに事業税などは考慮しません。

まず個人事業のケース。

個人所得税・住民税の最高税率の約50%が課されるため、三億円の個人事業の所得を得た揚合の所得税・住民税は一億四千七百二十万円となります。

一方 法人のケース。

社長の給与収入一億円に対し、みなし必要経費である給与所得控除六百七十万円を引いた九干三百三十万円が個人の所得税・住民税の課税対象で、所得税・住民税は四千三百八十五万円。

法人所得については三億円のうち、社長に対する給与分一億円から先ほどの給与所得控除を引いた九千三百三十万円を損金処理して課税対象額が二億六百七十万円となり、法人税・住民税が七干四百七万円となるのです。

結果は、個人事業の場合は税金が一億四千七百二十万円なのに対し、法人成り後は一億千七百九十二万円。

法人成りのほうが、税金面でのメリットは大きいようです。

ただ、法人化すればいいわけではなく、事業規模や所得控除を考慮する必要があります。

法人税率が30%と一定なのに対し、個人としての所得が小さければ、所得税率が30%以下になる場合もあります。

また近年、法人成りのメリットは薄れてきています。

かつてはすべて損金処理できた役員報酬が、今は一定の条件下で、役員報酬の給与所得控除分も法人の課税所得になります。

法人設立には登記などの費用がかかるだけでなく、税理士や会計士の費用も発生してきます。

ただ、法人になれば、社会的信用が増し、生命保険料を原則経費にできるなどの利点もあります。

http://www.mansiontoushi.com/faq/show/d200611080002.html 課される税金は何種類もありますが、中心は法人税、事業税、住民税です。

法人税は、国税で、事業税と住民税は地方税です。

法人税がかかれば、事業税と住民税もかかるのが普通です。

一部の中小企業などを除き、法人税の税率は現在30%。

事業税と住民税を合わせた実効税率は約40%です。

個人が起業して、ある程度の事業規模になれば「法人成り」を検討するようです。

「法人成り」とは、実態は個人事業に近いながらも法律的に法人企業になることです。

個人事業主のまま行くのか、法人成りするのか?

どちらが有利なのかを、税制面で見た試算を理解しやすくするため単純にすると、

個人事業主として、三億円の収入を得る揚合。

そして、三億円の法人収入の中から杜長の自分に対して役員給与一億円を支払う場合。

これを比べてみますと、

配偶者控除や扶養控除などの所得控除、さらに事業税などは考慮しません。

まず個人事業のケース。

個人所得税・住民税の最高税率の約50%が課されるため、三億円の個人事業の所得を得た揚合の所得税・住民税は一億四千七百二十万円となります。

一方 法人のケース。

社長の給与収入一億円に対し、みなし必要経費である給与所得控除六百七十万円を引いた九干三百三十万円が個人の所得税・住民税の課税対象で、所得税・住民税は四千三百八十五万円。

法人所得については三億円のうち、社長に対する給与分一億円から先ほどの給与所得控除を引いた九千三百三十万円を損金処理して課税対象額が二億六百七十万円となり、法人税・住民税が七干四百七万円となるのです。

結果は、個人事業の場合は税金が一億四千七百二十万円なのに対し、法人成り後は一億千七百九十二万円。

法人成りのほうが、税金面でのメリットは大きいようです。

ただ、法人化すればいいわけではなく、事業規模や所得控除を考慮する必要があります。

法人税率が30%と一定なのに対し、個人としての所得が小さければ、所得税率が30%以下になる場合もあります。

また近年、法人成りのメリットは薄れてきています。

かつてはすべて損金処理できた役員報酬が、今は一定の条件下で、役員報酬の給与所得控除分も法人の課税所得になります。

法人設立には登記などの費用がかかるだけでなく、税理士や会計士の費用も発生してきます。

ただ、法人になれば、社会的信用が増し、生命保険料を原則経費にできるなどの利点もあります。

http://www.mansiontoushi.com/faq/show/d200611080002.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


2 ● cars888j
●19ポイント

賃貸マンション経営を法人化すると、大きな節税効果が期待できます。しかし、法人化すれば、税理士への報酬や事務経費が必要となり、出費が増えるため、不動産所得が少ないケースでは必ずしも得策になるとは限りません。そのため、賃貸経営を法人化する場合は、その目的を明確にしてから実行に移すことが重要となります。

http://www.forestcorp.jp/forestwing/e_qa/e4_qa06.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


3 ● mnO
●18ポイント

「節税対策について」

個人事業主は、coolcoolerさんもご存知の通り給料を取る事は出来ません。事業主の生活費は「事業主借」と言う事での事業以外の出勤と言う名目で出金するんです。変な言い方かも知れませんが、事業の儲け=事業主の給料みたいな所が有って、事業の儲けだけにしか税金が掛りません。

ところで法人の場合は事業主でも給料を取る事が出来ます(正確には「役員報酬」と言うのですが、ここでは解り易く「給料」と言いますね。)そして法人は「法人」と言う人格を持った事業です。したがって法人の事業主は、法人にに対しての税金と事業主本人の給料に対しての税金と言うダブルで税金を払う事になります。しかし、ある一定の利益(儲け)を超えると、法人に対して税率が低い関係で、法人に対しての税金+事業主の給料に対しての税金<個人事業主の税金 となります。この「ある一定の利益」はその事業の利益率と事業主の給料によって細かくは違うのですけど、一般に1000万円?と言われています。(この1000万円とは、売上ではなくて「利益(儲け)」ですのでお間違い無いように・・・!!)

つまり法人化して節税対策となる場合は、例えば利益率30%として3334万円以上の年間売上が有ると言う事になります。これだけの年間家賃売上が有るのであれば、法人化した方が節税になります。

「法人化する事が売る上げに繋がる場合」

法人は個人事業と比べて信用度が高いと言われています。何に対しての信用度が高いかと言うと「対役所・対法人」に対してです。例えば役所の仕事を請け負う為の入札をする場合の最低条件が「法人で有る事」と言う場合も多々有ります。したがって今の賃貸マンションが、お役所に勤めている役人の為の社員寮と言うのであれば、法人じゃないと役所が借りないでしょうから法人化する事での売上向上は見込めるでしょう。しかし部屋を貸す相手が一般の方だったら「あそこのマンションの大家さんは法人だから、親切で綺麗な部屋を貸す方だ」と誰も考えないでしょうから、ごくありきたりの賃貸マンション経営だったら、法人化する事での売上UPは見込めないでしょう。

以上の事を考えると、年間利益が1000万円を超えている場合のみ法人化してメリットが有ると言う事がお解りになると思います。

相続税については詳しく計算してみないと何とも言えませんが、都会での賃貸マンション経営でなければ土地・建物だけで相続税が発生する事は少ないでしょう。(もちろん巨大なマンションを沢山所有していると言う場合は話が変わりますけど・・・)もし相続税対策だけで法人化した場合、事業主のお父さんは新たな法人に土地・建物を売る形になります。したがってお父さんの一時所得が発生し、その税金が大変な額になるでしょう。相続税と一時所得に対しての税金を天秤に掛けた場合、控除のある相続税の方が安くなる可能性は高いかもです。これも正確には計算しないと何との言えないですけど・・・だから相続税対策のための法人化は、細かく計算しないとメリットが有るかどうかは何とも言えません。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3565829.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


4 ● chlrsss
●18ポイント

間の所得が1,800万円を超える場合は法人化が有利

アパート・賃貸マンション経営は、規模によって節税方法も異なりますが、所得税の場合は課税所得に応じて10%?37%までの4段階の累進税率で計算されるため、最高の税率が課せられる年間課税所得1,800万円を超える場合は、法人化した方が断然有利となります。

http://www.tochi-katsu.net/tax/syotoku_taisaku/houjin/index.shtm...

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


5 ● mnOOnm
●18ポイント

マンション経営は個人?法人?どちらが有利?

http://blog.livedoor.jp/growith/archives/65103037.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ