人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ヨーロッパ諸国のバカンス制度について興味があります。
大企業の社員や公務員、工場の単純労働者という場合だったら一ヶ月休むということも可能かもしれませんが、たとえば企業のエグゼクティブとか、IT企業とか、中小企業の経営者とか、自由業の人が、一ヶ月も休むというのは考えにくいように思います。とくにIT企業の場合、クライアントの仕様変更とか、バグの発生とか、そういった不安定な労働時間を招来する要因が日欧間で違いがあるように思えないのです。
このあたりのことについて、見聞や推測ではなく実体験に基づく事実もしくは、法制度や社則といった制度に関する説明があれば、ぜひご教示ください。


●質問者: nikita_r
●カテゴリ:ビジネス・経営 旅行・地域情報
✍キーワード:エグゼクティブ クライアント バカンス バグ ヨーロッパ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● ayakasi08
●19ポイント

フランスの例

http://wasaburo.cocolog-nifty.com/paris/2006/08/post-8ce7.html

◎質問者からの返答

なるほど。状況はよくわかります。

日本だって学生は夏に一ヶ月半も休んでいるわけで、文化的な問題ではなく制度的な問題だと思いますし、昭和11年から政策的に始まったものだということも初めて知りました。

だけど、私が例に挙げたような職種で、実際にどうやったら4週間も休めるのでしょうか・・・


2 ● はまぐち
●19ポイント

> 企業のエグゼクティブとか、IT企業とか、

フランスだとシッカリ休みますよ。IT企業のエグゼクティブ

でも「バカンス(席を外しているの意味)です」で終わりです。

夏休みとか、子供の学校が長期の休みにはいると、合わせて

休んでますよ。小さな個人商店でもシッカリ休みます。

そもそも、フランスだと、祭日とか日曜日って、

開いているお店探すのも大変です!(観光地指定された

特別区は除く)

お酒買うのも一苦労です。

伝統的に政教分離ですが、こんな時だけ「教会に

行くから」とか言います。

http://news.nna.jp/free_eu/news/20090709frf003A.html

◎質問者からの返答

休みますか。社会全体の同意事項になってしまえばそれで通じるのですかね。

うらやましい。

なんでも24時間営業し、それをなんとも思わず、企業や消費者の目線でしか見ない日本の姿には、日本人である私も違和感を感じます。それからすると、紹介いただいたURLで示されているフランスの姿には共感を覚えます。


3 ● なぜなに
●18ポイント

EUのGSM/3G携帯は最近は標準で世界ローミングがあるので、

オーナーとか個人事業主でもボイスメール(携帯の留守電)に

メッセージを残して、ちゃっかりホリデーを取っています。

レストランなどの物件は、ホリデーの儲け時期は

ビジネス貸しになっている場合もあります。


良く働け、良く遊べが基本で、日本よりも個人主義ですので。

そうでなくても、サマーワークやインターンのアシスタント・

マネージャーを育てるのに良い機会ですから、

4〜8週くらいホリデーを取っていたりします。


英国やドイツで4週間、フランスが最長で8週間くらい

夏のホリデーを取ります。(スペインやイタリアはその中間くらい。)

いわゆる文化(カルチャー)の違いですが、

秋が新学期ですので、夏の間の研修期間は

レベルアップを望む人達にとっても良い経験の時期なのです。

サマーワークの専門家達も、時期をずらして、

もっと安い時期に同じくらい長いホリデーを満喫しています。


ただし、銀行の投資部門やリスク解析の専門家などには、

日本並みの残業やホリデーの短さを誇る人達もいます。

(いわゆる「有給」ですので、個人的に使わない人もいます。

特にアメリカが本社の銀行系など。稀ではありますが、

個人授業主にも、ホリデーでも電話で仕事の指示を

始終している人は少しはおられますよ。)


あと、キリスト教圏では、日曜日は基本的には安息日ですので、

ヨーロッパでは日曜も開いているニュースエージェントでは

インド人やアジア系の人達が代わりに働いていたりします。

関係ないけど、祝日っぽい日も多い様な…:

http://about-france.com/week-planner-2009.htm

◎質問者からの返答

なるほど。

必要が先にあって、知恵はそれぞれ練るものなんですね。

インターンとかと組み合わせるのは、組織文化的にもいいことですね。


4 ● duckdown
●18ポイント ベストアンサー

外資系企業に勤務しています。

かなり職位が上の人でも毎年しっかりバケーションを少なくても2週間以上は取得しているように思います。

ただ、電話などが通じない期間と、そうでない期間は明確にしてあらかじめ伝えてあり、何かあったらいつでも携帯に連絡してね、と

言い残してからバケーションに行っていました。

ちなみに付与された年次休暇は、自分で仕事をきちんと管理できていれば、いつ取得してもよいというポリシーなので、誰も文句もいいませんし、そういうものだとして受け入れられています。

http://www.hatena.ne.jp

◎質問者からの返答

なるほど。

在日の外資系企業と推測いたしますが、そこでもそのようにしているのですね。

日本人マネージャでも、同じように行動できているでしょうか。


5 ● duckdown
●18ポイント

4の回答者です。日本法人に限定して話をします。

日本法人のマネージャーで1ヶ月も休みを取る人は少ないですが、2週間程度でしたら普通にいます。

ただ、何か理由をつければ3週間以上も可能です。休みを取ることが悪という文化はないので、

お金があって仕事に都合をつけられれば、どんどん休んでOKというカルチャーです。

ただ営業部門などお客さんの都合に左右される部門では、1週間程度の休みが多いですね。

直接お客様と接点がある部門より、バックオフィスの方が休みやすいです。

http://www.hatena.ne.jp

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

1週間の休みだと、普通の日本企業でも取れますね。

営業だとそうなるのですか。現実的なような気もしますし、残念な気もします。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ