人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【大金をどこに配分すべきか】ご無沙汰しています。 例えば今自分が大金を持っているとして、それを今現在日本でお金を必要としている人や組織等に寄付や投資等をしたいと考えたとき、

1.どんな人や組織等に寄付や投資等をすべきか。複数候補を希望します
2.その複数候補で優先順序をつけるとしたらどうなるか
3.配分方法は何がいいか(寄付や投資や貸付等)

以上の3点について皆様のご意見を聞かせてください。
条件としては、この配分が今現在の視点で、総合的に見ても日本社会になるものであることとします。

●質問者: blue-sea
●カテゴリ:政治・社会 経済・金融・保険
✍キーワード:お金 大金 寄付 希望 意見
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● winbd
●20ポイント

1.どんな人や組織等に寄付や投資等をすべきか。複数候補を希望します

各自治体に寄付して使い道を指定するのが一番いいと思います。

実は結構あることなのですが、お金持ちの方が自治体に対して「これを病院設立に使って欲しい」など使い道を指定して寄付することは少なくありません。


間接的になら株式投資で収益が下がっているような企業をあえて狙って株式購入。

企業を助けることは従業員を助けることになりますし、一つの業種に絞らず様々な業種に投資すれば日本全体の経済利益にもなります。

ただ、直接的な輸出入産業に関しては海外の利益になりやすいので避けたほうがいいかもしれません。


2.その複数候補で優先順序をつけるとしたらどうなるか

自治体>株式投資


3.配分方法は何がいいか(寄付や投資や貸付等)

自治体は寄付、株式は投資です。

http://q.hatena.ne.jp/1263577396

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

なるほど、自治体に使途を特定する寄付のやり方は思いつきませんでした。

単に経済効果を高めるだけではなく、

自治体と地域の連携を高めれる方向に貢献することも可能ですね。


2 ● IIIII
●20ポイント

1.日本禁煙学会や、たばこ問題情報センター等の団体

タバコ問題の根本は政・財・官の癒着によるものであり、これらに立ち向かっている団体は皆手弁当で活動しており、どうしても年間数千億円ともいわれる「禁煙活動つぶし」のための資金に勝てないでいます。

http://homepage3.nifty.com/tobaccobyo/figure/page_thumb219.htm

2.優先順位

(1)日本禁煙学会

(2)たばこ問題情報センター

(3)タバコ問題首都圏協議会

3.配分方法:寄付

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

たばこ問題のお答えをいただけるとは思っていませんでした。

貴重な情報ありがとうございます。


3 ● ayakasi08
●20ポイント

奨学金として若い世代に貸し出す。

http://q.hatena.ne.jp/answer

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

学びたくても学べない人も多いですよね。


4 ● ayaaya22
●20ポイント

日本株を買いまくる。

http://q.hatena.ne.jp/answer

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

winbd さんと同じ考えですね。

やはりすぐに思いつくのは株の購入ですよね。


5 ● br1833
●20ポイント

もし私だったら

旧日本育英会

http://www.jasso.go.jp/

あしながおじさん基金

http://www.ashinaga.org/index.php

赤い羽根共同募金

http://www.akaihane.or.jp/index2.php

に、寄付します。

親を亡くしたことで進学の機会を奪われた子供たちを少しでも

助けてあげられればと願っています。

配分は4:4:2でしょうか。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

育英会のような、適切な教育の機会を生み出すような教育に投資するのも一理ありますね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ