人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

コピー機代わりにデジカメを活用しようと思っているのですが、もっとも最適なデジカメを教えてください。

●質問者: draftand
●カテゴリ:コンピュータ 家電・AV機器
✍キーワード:コピー デジカメ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 13/15件

▽最新の回答へ

1 ● tetsu1999
●14ポイント

今のカメラの性能(1000万画素クラス)であればたいていのものは大丈夫だと思われます。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


2 ● eiyan
●14ポイント

最近のデジカメは性能が良くなったので、販売されている殆んどのデジカメがコピーに利用可能です。

只、コピー機とカメラの特徴の差でどうしてもデジカメ撮影コピーは周辺が歪みます。

細かい点が気にならないのであれば何処のデジカメでもコピーに利用出来ますよ!

参考までに一部のデジカメを紹介しておきますね。

http://www.tokado.jp/products/detail-p19302.html#1

http://dc.casio.jp/

http://kakaku.com/camera/digital-camera/ma_0/s1001/?cid=shop_o_1...

◎質問者からの返答

ありがとうございます!


3 ● mikuni1966
●14ポイント

私の仕事仲間は500万画素でもそれなりに使ってらっしゃいます。

ただ、暗いとちょっとどうかなぁって思うときもあります。

撮影したいものに特化して調べるのもどうでしょうか?

◎質問者からの返答

どうもありがとうございます。撮影したいものは、文書(たまには8ポイント程度のやや細かい文字もあるもの)がほとんどです。


4 ● km1967
●14ポイント

コピー機の代わりにするには、撮影とプリントができることが必要。

そこで下記の製品をお勧めします。

タカラトミー xiao TIP-521-MR マリーン

タカラトミー xiao TIP-521-MR マリーン

  • 出版社/メーカー: タカラトミー
  • 発売日: 2008-11-28
  • メディア: エレクトロニクス

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


5 ● dgghtty
●14ポイント

もともとコピー用途向きだったデジカメ

デジカメに限らず、フィルム式カメラやビデオカメラで本や書類などを撮影し、コピー機のような使い方をするということは、特に珍しいことではありませんでした。特に、スパイものの映画などでは、ライター型などの小型カメラで、忍び入った部屋で機密書類を撮影するシーンはよくみかけます。

もともと極めて解像度の高い銀塩フィルムのカメラでは、十分コピー機に匹敵する能力を持っていましたが、デジカメでも、欲張りさえしなければそれなりにコピー的な使い方は可能でした。低解像度であっても、一枚に収める情報料を少なくすれば、コピーとまではいかないまでも、けっこうメモ代りには使えたものです。

それに、デジカメでは、現像と焼き付けの手間が入らないという、決定的なアドバンテージもありました。

109万画素というメガピクセルの領域に入っていた前のデジカメは、コピー目的での利用意欲をそそるものでした。なにしろ解像度は1152ドット×864ドットです。解像度だけならXGAより上ですから、かなりの情報料が期待できます。実際、旅行先の案内板や時刻表など、記録としてはコピーのような使い方をして活用したりしたものです。

ただ、コピーする用途のもっとも多い、本や新聞、B5からA3あたりの書類サイズを記録するには、このデジカメには大きな弱点がありました。

第一に、フォーカスが固定式だったため、細かいところがどうしてもあまくなり、文字や図、表などの記録では画素数ほどの実力が発揮できないのです。

また、これはより致命的な問題でしたが、ノーマルモードで焦点を合わせることができるのが、ズームが望遠状態で1m、ワイド状態で60cmまででした。それより近い場合はマクロモードでの撮影となりますが、これだと、ズームはワイド位置、距離も20cmの固定となってしまいます。

残念なことに、私たちがもっともコピーしたいサイズは、ピントの合わない両者の中間あたりに存在し、文字どおり帯に短したすきに長し、という状況でした。

理論的にはマクロで何枚にも分割して取ればいいことになりますが、マクロモードではかなり狭い範囲しかとれません。しかも、このデジカメでは、マクロ撮影では極端に電池を消耗し、通常は数枚も撮れば電池が切れてしまう有り様でした。


コピー機としても強力な400万画素モデル

一方、現在使っているデジカメ(QV-4000)は、413万画素。焦点はオートまたはマニュアルフォーカスで、固定ではなく、マクロではモードの切替えは必要であるものの、ズームも使え、盲点になる距離やサイズは存在しません。

さらに、画像サイズはかさんでしまいますが、記録フォーマットは、画質劣化のないTIFFを選択することもできます。最大サイズは2240x1680になります。

では、実際にどの程度の実力でしょうか。わかりやすくいうと、A4やB4といった利用頻度の高いサイズ程度では、かなり細かい字や図でもまずまったく問題なし、さらに広く、新聞の1面分が、十分実用的な解像度で1枚に収まる、という感じです。

実際に新聞1面を撮影して、20%に全体を縮小したのが最初の写真、赤で囲んだ部分を1倍で切り出したのが次の画像です。ここは、一番フォーカスが甘くなり、ひずみも大きいコーナーの部分です。見ての通り、少しぼけてみにくいですが、活字は問題なく読むことができます。

http://www.geocities.jp/izumi_opti/DC_Copy.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます。具体的な記事でいいですね。ただ、このカメラはもう発売していないみたいですね。


1-5件表示/13件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ