人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

抵抗で電力を抑制するとき、抵抗は電力を熱に変えることによって(=「消費することによって」)電力を抑制しているのでしょうか、それとも、電力をせき止めることによって(=「消費せずに」)電力を抑制しているのでしょうか、どちらでしょうか。


●質問者: ILoveWeb
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:抑制
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● ヨネちゃん
●35ポイント

抵抗(抵抗器)は電力を熱に変えることによって電流を抑制しています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%B5%E6%8A%97%E5%99%A8

抵抗器は、電力を消費することにより発熱するので



完全にせき止めれば電力を消費しないのですが、その場合は∞Ωとなりますので「抵抗」ではなく「絶縁体」などと呼びます。

チッブ抵抗やヒューズ抵抗などで0Ωのものがありますが、この場合は殆ど電力を消費しません。

また、完全に0Ωの抵抗であれば全く電力を消費しませんが、この場合は「超電導」などと呼ばれます。


2 ● garyo
●35ポイント

>抵抗で電力を抑制するとき、抵抗は電力を熱に変えることによって(=「消費することによって」)電力を抑制しているのでしょうか

そうです。

コンデンサーやコイルと違い、抵抗は全て電力を消費します。



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ