人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

添付の図のようにACアダプタを接続すると、出力は、何V何Aになりますか?

1263855630
●拡大する

●質問者: ILoveWeb
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:ACアダプタ 接続
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● virtual
●18ポイント

http://q.hatena.ne.jp/images/question/1263855/1263855630.jpg

12Vの定電圧と7Vの定電圧を並列につなぐことになるので同じ極性同士なら12Vから7Vへ向かって5Vの電位差が生じるので理想的な回路の場合は無限大の電流が流れます。

実際には電圧が高いACアダプタの方が優先して動作する場合が多いので12V2Aの出力が得られる可能性があります。


上記の可能性の話は普通のトランス式のACアダプタの場合です。

以降の説明はそれそれのACアダプタの仕様によって変わります。


7VのACアダプタに12Vで動作する過電圧保護回路がり遮断動作する場合は単に12V2Aの電源になります。

過電圧保護が無い場合でも12Vの電圧が加わることにより故障する可能性があります。

7VのACアダプタが12Vの電圧に耐えられる場合に2Aを越えて電流を流した場合は、ACアダプタの保護回路によりますが、例えば12V2AのACアダプタは3Aで保護回路が働いて出力が下がる動作をするならば7Vになるまで電圧は降下し、7Vで11A+3A=14Aの電源として使える可能性があります。


異なる電圧源を並列接続する事は電気回路の基本としてやってはいけないことです。

電圧源、電流源、抵抗の組み合わせで回路を組む直流回路網について学習をされることを強くお勧めします。

◎質問者からの返答

では、同じ電圧・電流のACアダプタの場合は、どうなるのでしょう?


2 ● garyo
●27ポイント

危険なので行わないで下さい。

異なる電圧の電源を接続した場合は、高い電圧(11V)から低い電圧(7V)へ電流が流れ発熱・破壊・溶断が起こる可能性があります。


通常、1つの電源から複数の電圧源にわける(例AC100VからDC5V,DC3V)ことはありますが、その場合も異なる電圧同士をつなぐことはありませんし、5Vの信号系と3Vの信号系はレベルシフターという5V-3V変換器を使って接続します。


同一電圧であっても電源が違う場合は通常あまり直接接続することはしません。

別電源の信号の接続にはフォトカプラを使って絶縁したり、オープンコレクタ回路を使ったりします。


余談ですが、電池などでも内部で並列につながっているときに古い電池と新しい電池が混在して使うと、古い電池の方が電圧が低いため放電でなく充電されてしまい、充電不可の電池の場合は液漏れなどを起こすことがあります。


3 ● virtual
●27ポイント

>では、同じ電圧・電流のACアダプタの場合は、どうなるのでしょう?


並列接続の場合は電圧が関わってきます。

理想的な回路の場合、全く同じ電圧の場合はアダプタ同士の電位差はゼロになりますのでアダプタは互いに無関係に動作し、それぞれの電流規格値が同じであれば2倍の電流まで取り出せます。あくまでも理想的な場合です。


現実には全く同じ電圧ということはまずありえないので電圧の少しでも高い方のアダプタが優先的に電流を供給する形になります。そして電流が規格値を越えて出力電圧が下がってきて低い電圧値のアダプタの電圧と一致した時にそちらの方からも電流が供給されるようになります。(そうならないケースもあります)


先の回答でも書きましたがこれらの動作はACアダプタの保護回路や出力電圧ー電流特性によって結果が異なってきます。実際に使用する個々のACアダプタの特性を見極めた上で並列接続して使えば個々のアダプタ以上の電流を引き出して使うことができますが、一般的には全くお勧めでくる使い方ではありません。

何故なら規格以上の電流が片方のACアダプタに流れるからです。


ACアダプタの中身は千差万別なので一般的な話としても仮定すべき条件が沢山あり単純な回答になりません。

もし、あなたが電子回路について全くの素人(他の質問から推察すると素人ですよね?)だとすると「決してやってはいけない使い方」だと思って間違いないです。

まあ、回路網を学ぶ上で思考実験としては面白い題材なんですが。


4 ● ヨネちゃん
●18ポイント

ACアダプタが良く出来たもので、逆流防止回路と過電流防止回路が装備されている場合は、0A?2Aまで12Vの電圧が得られます。

2Aを超えると電圧は7Vまで降下し、13Aまで7Vを得ることが出来ます。

ただしこれらの保護回路が内蔵されていない場合はどちらのACアダプタも故障する可能性があります。


ACアダプタを複数使って大きな電力を得ようとする場合、同じ電流値のものを直列に繋げば負荷をより上手く分散させることが出来ます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ