人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

環境に関する質問です。
昔の日本は茅葺屋根の家に棲み、囲炉裏を囲んで暮らしてきました。
茅葺屋根は、直射日光からの気温の変化や、室内の湿気をうまくコントロールし、古くなった茅葺は肥料として使われてきました。
また、囲炉裏の煙でいぶされることにより、食料は保存されやすい状態になり、室内は抗菌されていたということが、最近の研究などで分かってきています。

現在このような効果を利用した、屋外緑化や、燻煙熱処理木材などが主に同じ分野の建材に利用されてきていますが、建材など住まいから離れた分野・違う分野に生かされ、実用化されているという情報を探しています。
あくまで実用レベルのものを探しています。

ご存知ないでしょうか?

よろしくお願いします。

●質問者: hiha11
●カテゴリ:ビジネス・経営 科学・統計資料
✍キーワード:コントロール レベル 住まい 屋根 抗菌
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● kick_m
●23ポイント

ここに燻煙熱処理に関する論文の要約がたくさんあるんですが、建材以外では、可能性として楽器用材、シイタケ栽培の菌床栽培用材などがあります。

http://mori1.mine.utsunomiya-u.ac.jp/sinrin/rinsan/paper/2001.ht...

◎質問者からの返答

なるほど、参考になります。

燻煙処理だけに特に限らなくてもよいのですが、

何か最新技術に昔の茅葺きの仕組みが生かされているというような技術を探しています。

そのようなものに利用されていませんでしょうか?


2 ● gon0604
●23ポイント

煙の殺菌能力を集めた木酢液はどうですか?

最近は成長が早くて、再生が簡単な竹を使ったものも多いようです。

http://1939-1910.jp/

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

探している方向としては何か最新技術の一部に

利用されているというようなものがあればと思います。

参考にさせていただきます。


3 ● kick_m
●22ポイント ベストアンサー

茅葺屋根や蓮の葉構造に学んだ透湿防水素材(スーパー繊維)

(書籍)

http://sciencei.sbcr.jp/archives/2007/10/si_17.html

古民家と自然エネルギー

(動画)

http://sc-smn.jst.go.jp/8/bangumi.asp?i_series_code=B075101&i_re...

◎質問者からの返答

再度ご回答ありがとうございます。

透湿防水素材とても良いです!

参考にさせていただきます。

ありがとうございます!


4 ● suka-to
●22ポイント

茅葺屋根とは、かけ離れていますが、木材をチップ加工して利用しているトイレが富士山にあります、バイオチップトイレhttp://www.fujisan.or.jp/action/toilet/biotoilet-katudo.html

◎質問者からの返答

このような昔の知恵と言えそうなものであれば参考になります。

ありがとうございます!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ