人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

カミさんが私学で学校事務をしています。
月から金はフルタイム。土曜は半日出勤なのですが、その代わり、春・夏・冬休みが年間で計29日ほどありました。それと別に年休が年20日あります。
ある日、職場から指示があり、「年休の消化率を上げるため」と称して、29日の休みをゼロにすると言われたそうです。
みんな、夏休みや冬休みがあるから、年休を取らずに済んでいるのだ。休日を減らせば、年休を取らざるを得なくなるだろう。その代り、基本給を5%上げるので、不利益変更ではないと。
その「年休の消化率を上げる」必要が、なぜあるのか、分かりませんが、大方、厚労省から何かの通達でも出たのかと想像しています。と、したら、その趣旨は、労働時間の短縮にあるはずです。ですが、現実に行われているのは休日の一方的な没収であり、労働時間は没収された休日の年間29日分、増えるというのが実態です。

ご相談なのですが、こうした実態を訴え出て、職場に対して指導していただく方法はないものでしょうか?

●質問者: navi-louis
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:いもの カミさん ゼロ フルタイム 不利益
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● suppadv
●40ポイント ベストアンサー

指導する立場にありそうなのは、労働基準局なので、まずは、そこに相談することが良いかと思います。

年間に300日ぐらいの出勤日があって、それが29日増えるのですから10%程度の増加になります。その点から5%の増加でよいのか、最低賃金を割らないかなどの観点からの相談をしてみるのも良いと思います。

ただ、現在、有休の取得率が0に近くて、有休の取得率を20近くに上げるということなら、勤務日が29日丸まる増えるということではなく、9日だけ増えるということで判断されてしまうかもしれません。現在の有休の取得率を調べておくこともお勧めします。


(私学の多くは経営が厳しくなっていて、人件費を抑える方向で進んでいるとの話も聞いているので、仕事が増えて給与も増えるということであれば、納得して欲しいという経営側の考えも理解できます。あまり、もめないというのも一つの手ではないでしょうか)

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

そうですね。私学の経営だけでなく、世の中全体が不景気ですから、勤務条件はともかく仕事があるだけ良いと考えるべきですね。


2 ● km1967
●15ポイント

まずはお願いなのですが、

フルタイムといっても1日何時間働いているのか週に何時間働いているのか

何も判らないと回答することができませんので、必須だとご記憶ください。

不適当な回答が集まっても混乱をきたしますから、私への返信欄か、

あるいは、コメント欄を開く設定に変更してコメント欄)に、

書き加えておくことを勧めます。

◎質問者からの返答

km1967 さま

ありがとうございます。

ほかの方の回答で満足いたしました。

質問に不備があり、申し訳ありませんでした。


3 ● IlO10l0Il
●25ポイント

平均して1週間のうち労働時間が40時間を超えていたらそれだけで違法です。

基本給の増額は関係ありません。


40時間を超えていないのなら何も問題はありません。

今まで多めに設定されていた休日が無くなっただけのことです。

雇用契約で定められている範囲で自由に変更することが出来ます。


違法なのであれば労働基準監督署に連絡してください。

◎質問者からの返答

週40時間ちょうどですから、越えておりません。

違法ではないのですね。

ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ