人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

最近また話題になっている足利事件について。

検察が悪いという世間の認識が強いようですが、
こういった事件に関して具体的に検察はどうするのが正解なのでしょうか?


証拠となったDNA鑑定も少なくとも当時の科学ではそれなりに信頼のおけるものだったわけですし、
それがダメだと言うのなら現在の指紋認証やDNA鑑定も使えないことになります。

冤罪は防がなくてはいけないと思いますが、物理的な限界もあると思います。
1つ1つの事件についてすべて冤罪の可能性はあって当然ですし、
極端な話、1件の冤罪を防ぐために1000件の殺人が増える社会が正しいとは思えません。


取り調べの強引さの問題はあると思うので可視化には賛成です。

ただ、自白というのも一つの断片的な証拠にしかなり得ません。
そうじゃなければ、やってない人が「私がやりました」と言うだけで簡単に犯人をかくまうことが出来てしまいます。

あくまでも判断は複数の証拠による総合的なものですから、自白も含めて偶然の一致が重なればどうやっても冤罪は防げないと思います。


現状よりも『治安を守りつつ、冤罪を防ぐ方法』があるのかどうかが疑問なのです。

●質問者: ex-0808
●カテゴリ:政治・社会
✍キーワード:DNA鑑定 ダメ 冤罪 可視化 指紋認証
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 43/43件

▽最新の回答へ

[1]1件の冤罪を防ぐために1000件の殺人が増える社会が正しい ayakasi08

そういうことなんです。


[2]疑わしきは罰せず fuk00346jp

刑事裁判で妥協の産物みたいな有罪判決は違法なんです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%96%91%E3%82%8F%E3%81%97%E3%81%8...


[3]100%は無理かもしれません wincarp

どれくらい世の中で犯罪がおきて、起訴されているのか、そのうち、どれくらい冤罪があるのかはわかりません。

ただ、起訴されたほとんどが、冤罪ではない。したがって、その捜査手法には問題もない。だから、偶然の一致による冤罪については、致し方ない。ということにはならないとも思います。

もちろん、人間がやることですから、100%は無理かもしれません。

ただ、今回の事件だけでなく過去の冤罪を見ても、冤罪かもしれないと思われる事実が明らかになってから、その冤罪が晴れるまでの時間がかかりすぎること、そればかりか、一度解決した事件に関しては、冤罪かもしれないというその疑念すら、持ってはいけないと思われるほどの警察・検察の頑なさは、やはり首を傾げざるを得ません。

まして、今回の事件は、死刑か無期懲役かというような、被告の人生もほぼ100%を決めてしまうような事件なのです。政治家の不正蓄財や贈収賄なんて、そういった意味じゃ、軽いものです。

警察・検察には、それなりの権力が与えられているのですから、その権力の行使には、慎重でなきゃなりません。間違えることもあるのだという前提で、事にあたることは肝要かと思います。

最後にご指摘の点・・・現在、治安が悪化してるか?という点は議論がわかれるところです。また、その治安の悪化と、警察や検察の力量との関連性の有無も、議論がわかれるところでしょう。「万引きしても死刑」にすれば、確かに犯罪は減るでりょう。ただ、生きにくくなることも事実です。


[4]要するに mikuni1966

弱いものが負けるのです。

痴漢だって、やってなくても疑われた時点でもう人生おわりです。


[5]足利事件 silver_samurai94

まずこの事件は2つの問題が重なったことよりおきたものと思われます。

まずは取調べにおいて自白の強要があったと思われること。これは取り調べの可視化がある程度

効力をはっきするものと思います。

そしてDNA鑑定の信頼性に問題があったこと。これは専門家であれば鑑定の信頼性などわかるのだから

そもそも信頼性に問題があるような検査をするのならば、複数回行うなどこういった事態を回避する

方はあったものと思われます。

現段階では偶然の一致により冤罪が生み出される可能性は0ではありませんが、限りなく低くすることは

できると思います。


[6]検察の対応にやむをえない部分も ryuuno333

当時の検察官はその時のDNA判定を正しいと判断しての行動で、被疑者に強く迫ったのは必ずしも100%悪いとは言えないと思います。勿論自白を強要させたことは許されないことですので、やはり取調べの可視化が必要でしょう。


[7]>1 口で言うだけなら簡単ですが ex-0808

それなら殺人に限らず世の中すべての犯罪は逮捕しないのが正しいということになります。

平和ボケした発想にしてもちょっと酷すぎるのでは?


[8]>2 それは理想論です ex-0808

どんな証拠があっても「疑い」の範囲を脱することはあり得ません。


それが違法だというのならどのような対応が正しいと言うのでしょうか?


[9]>3 つまり今回の件では? ex-0808

おっしゃることはわかります。

「出来るだけ犯人を取り締まる」のと、「冤罪を出来るだけ防ぐ」のはどうしても反比例してしまいますから、その線引きをどこに置くかという程度問題にしかならないと思います。

慎重すぎれば多くの犯人を逃してしまうし、慎重さが足りなければ冤罪が増えてしまう。


しかし現在の冤罪の件数、少なくとも殺人に関して言えば妥当なところではないでしょうか?

何年かに1度の冤罪まで防ごうとすれば、年間1000件以上もの殺人を取り締まるのは困難だと私は思います。


[10]>4 それはマスコミのせい ex-0808

痴漢などは初犯ならよっぽど悪質じゃない限り起訴されません。

起訴されればほぼ100%有罪ですが、起訴されなければ容疑者のまま。

「容疑者」は「犯罪者」ではないのです。


痴漢でも起訴されるのはよっぽど状況証拠が揃っている場合だけです。

疑われたら逮捕まではされますが、その時点でニュース報道などされなければ人生は終わりません。


[11]裁判でほとんどが有罪になることが問題! daijin-ok

日本の裁判制度では検察が起訴した犯罪者は「99パーセント以上」が有罪となってしまいます。

これでは裁判にかけられたら裁判官もおいそれとは無罪にはできなくなってしまいます。

日本の司法制度においては、検察や警察が有罪か無罪かを決める比重が裁判官より高くなっています。

ですのでほぼ間違いなく有罪の犯罪者だけでなく

グレーの容疑者も裁判にかけるべきです。

そこで公開された裁判の下で有罪無罪を判断するのです。

今の制度ではエスカレートー式に実刑が決まってしまいます。

またほぼクロの人だけ裁判にかけるのでグレーゾーンにいる犯罪者を取り逃がしてしまいます。

今の司法制度は数は少ないですが冤罪を生みやすいと思います。


[12]>5 偶然の一致 ex-0808

足利事件も偶然の一致がかなり多かった事例ですよね。

DNA鑑定が不確実なものだったと言われていますが、それでも足利市内に同じDNA結果が50人いる程度です。

その50人の中でさらに当時アリバイの無かった人間で、子供に接する機会の多い人で、さらに靴のサイズが近かったり等々。


冤罪の焦点がDNA鑑定に集中していますが、判決は複数の証拠による結論ですから「信用性の低いDNA鑑定を証拠に用いたこと」が批判されるのはおかしいと思います。

目撃証言や被害証言などもそうですが、それをどの程度信用するかは裁判官の問題です。

「市内に50人しかいない」という証拠にはなっているわけですよね。


複数回の鑑定についてはごもっともだと思うのですが、これも物理的にはなかなか難しい問題だと思います。

というのも、1回でも「一致しない」という結果が出たら無罪になるのなら、今の受刑者のほとんどが再検査を希望しますよね。

どうせ税金で賄われるので無料で出来るわけですし、精度が低いのなら「犯人なのに一致しない」という人も数多く出てくるはずです。

全員を検査する莫大な費用と、今度は犯人を無罪にしてしまうというリスクが大量に発生してしまうと思います。


自白の強要に関しては、以前別の事件で問題になったような踏み絵をさせたとか暴力をふるったとかなら検察に非があると思います。

しかし足利事件については取り調べの音声テープを聴く限りでは強要とまでは感じませんでした。

証拠を見せたうえで「やったんだろ?」と自白を促すことが強要でしょうか?

これ以上の慎重さを求めるのなら「やったかどうか言わなくていいです」とか「あなたはやってないです」とか言わないといけない。

それでは取り調べの意味すら無くなってしまいます。


[13]>6 可視化はあったほうがいいですね ex-0808

費用と治安の問題もあるので全面可視化である必要は無いと思いますが、「殺人などの重大な事件」で「裁判官・裁判員のみ見ることが出来る」というシステムを導入して欲しいと思います。


[14]>11 起訴率の低さの問題ですね ex-0808

「有罪率99%」という言葉に騙されて司法批判をする人が多いですが、

>ですのでほぼ間違いなく有罪の犯罪者だけでなく

>グレーの容疑者も裁判にかけるべきです。

これを見る限りdaijin-okさんは本質をよく理解していらっしゃるように思えます。


検察のやり方が慎重すぎる故に、検察が裁いてしまってるような側面がありますよね。

そしてそのせいかマスコミも容疑段階で犯罪者扱いしてしまっている。


容疑者はあくまでも容「疑」者ですから、グレーの段階でも起訴して、司法に裁いて貰う。

そして裁判で無罪になったらすぐに社会復帰出来るという社会が正しい姿だと思います。

法律上でも有罪が確定するまでは冤罪とは言わないですからね。


[15]>8 合法的に対処する fuk00346jp

[16]足利事件の本質を知りませんが ttz

足利事件では不運な偶然が重なりに重なってしまったということなんですよね?

・アリバイのようなものが無かった

・犯人と疑わせるような状況証拠があった(DNA鑑定結果のみ?)

・強制されたのかもしれないが本人が何故か自白した

・当時の技術ではDNA鑑定の結果で本人と合致した

自白の強要の問題は、可視化することである程度防ぐことが出来るかもしれません。

DNAの鑑定結果については、検察には何ら責任はない。むしろ、当時ほぼ正確とうたっていた(?)技術者側にもある意味の責任があるような気がします。現状のDNA鑑定はほぼ本人と確定できるレベルの技術があるようですから(その技術レベル自体が本当なのかは、また数年経過しないと判明しないのかもしれませんが)、それでいいと思います。

結果として、検察は自白を強要しないという1点に尽きるのでは?


[17]>7 「刑の確定」 fuk00346jp

「逮捕」は冤罪には無関係です。裁判をして無罪にすればいいだけですから。(はた迷惑ではありますが

「(無罪を含む)刑の確定」で冤罪が発生してるんです。つまりは(違法捜査が無ければ)検察さえも無関係です。


[18]>17 それはただの揚げ足取りでしょう ex-0808

法律上の冤罪は刑が確定してからですが、一般用法としての冤罪には逮捕も含まれます。


>殺人に限らず世の中すべての犯罪は逮捕しないのが正しいということになります。

殺人に限らず世の中すべての犯罪は有罪にしないのが正しいということになります。


こう置き換えればいいだけのことです。本質的な部分に代わりはありません。


どんな犯罪をしても逮捕はされるけど無罪。

窃盗でも殺人でもし放題ですよね。

むしろ無罪だとわかっているなら逮捕すらしなくなるかもしれません。


[19]>15 平和ボケ ex-0808

としか言いようがないです。

周りで強盗窃盗暴行殺人が日常的に行われてても同じことが言えるとは思えません。


[20]>16 偶然の程度は主観になってしまいますが、 ex-0808

DNA鑑定は当時から正確じゃないことはわかっていました。

ただ、わかったうえで「それなりに正確」という証拠として法廷で使ったわけですから、問題は無いはずです。

証拠というのは大半が不正確なもので、複数の証拠を客観的に見て最終的な結論を出すものです。


そして、自白を強要したかどうかというのも、この足利事件については微妙なのです。

踏み絵をさせたとか、暴力をふるったとかなら間違いなく強要ですよね。

ところが、足利事件の取り調べ時の音声テープによると、暴力をふるうどころか怒鳴ったりすらしていません。

「絶対やっただろう」という決めつけた感じで自白を促してはいますが、これが「強要」なのかというと私は疑問に感じました。


[21]>20 最終的には裁判官が判断した ttz

検察の収集した証拠を元に、被告弁護人の意見も踏まえた上で、裁判官が有罪との判決を下した。誰が見ても犯人と疑わざるを得ない状況だったとすれば、もう誰も悪くないのかもしれません。


[22]>19 1件の冤罪を防ぐために千件の犯罪が増えるというのは原則正しい godric

捜査手法は数通りであっても、犯罪は全て個々なんだよねぇ。んで、裁判も全て「個々」。これはもーいろんな法律の原則として絶対であってさ。ここでどんなに議論してもこれが覆ることはありません。んで、捜査手法については、単純に捜査手法として優秀で結果を出すことが出来る手法が求められるだけのことであって、これは捜査官のニンゲン力もとてもとても大きいんだ。だから、このニンゲン力が極端に求められる捜査という世界において、「1件の冤罪を防ぐために千件の犯罪が増えるなんて馬鹿らしい」という理論を振り回すこと自体は、原則採用されてはならないんだ。ただ今盛り上がってる取調べの可視の件は、もっとディテールのことだっていう、そういう扱うをすべき。犯罪が個々で裁判も個々でしかないなら、容疑者だって、悪質なのから善良なのまでいろいろいるわけでさ、だから取り調べの可視の件は、1件冤罪防衛の件に含めるべきじゃないよねぇ。んで、法の精神ってのがあるんだってさ。これによると、やはり冤罪防衛こそが重要なんだねー。警察官だっていろいろいるわけでしょ。強姦したりさ。これも社会の経験則からの大原則を覆してはいけないんだよ。単純なこと言ってるといろんなヤツが出てきちゃうでしょw? グレーで裁判かどうかってのは、要するに単に検察や警察の判断なんでさ、裁判でイケると思えば起訴するしさ、裁判でも維持できねーなあなんて思ったら最初っから起訴しないわけで、1件冤罪千件犯罪の件と直結はしないだろーねぇ。


足利事件ってのはほんとーに簡単な話だよねw。


まだ精度が甘いDNA鑑定を警察トップが導入した、間違った、裁判所が有罪にした、、、ってだけですなw。


んで、冤罪にされた方は、まったくやってもいない犯罪で警察によって拉致されてしまって、社会とは隔絶した中で、「DNA鑑定の結果お前が犯人だと決まったよ。裁判所でお前はこのままじゃ死刑だね。自白してもしなくても、俺たちは君を有罪にできるけど、このまま否認してると君の軽は思いよ。」って言われてしまったわけさ。僕が彼でも、「警察は無実のヤツでも犯人に仕立て上げようとしてる。さからっても無駄だ。この上はやってもない罪を認めて量刑を軽くするしか方法はない」って思うねw。


じゃー誰が悪いのかw。それは、有罪にした裁判所も悪いけど、冤罪を有無ような無能な段階の捜査手法を導入した警察検察トップが、いかなる理由があっても悪いと言えるんだ。そんな無能なDNA鑑定じゃあ、精度50とか言ったところで、警察検察に帰責するとしか言えない訳ですなー。


今回の冤罪認定裁判で、取調べをした検察官がついには一言の謝罪も申し述べずにスルーしてニュースになったけど、その気持ちは分からないでもないし、彼個人の責任であるとは言えないねw。その理由は彼個人のニンゲン力じゃあ、DNA検査結果を排除して、冤罪にされそうな方を助けることは不可能だっただろうからねー。でも社会は厳しい。それであっても、曲りなりにも、恥ずかしくも職責があるニンゲンであるにも関わらず、このような結果について、今になっても謝罪を申し述べないということは社会的に許されない。そういう意味ではホントーは彼を処罰しないといけないところなんだけど、まwいいか。かわいそうだもんねw。


[23]>21 裁判官の判断 ex-0808

その「誰が見ても犯人と疑わざるを得ない状況」はどのぐらいの証拠があればいいのかというのも難しい問題ですよね。

裁判官は中立ですが、やや一般から離れた感覚を持つ人も多いと言われています。

まあそのために控訴という制度があって何度も審理出来るわけですから、

それらすべてが一般とかけ離れた判決になる可能性は極めて低いわけですが。


そういう意味でも裁判員制度は非常に良い制度だと思います。

裁判員制度で裁かれた裁判なら「一般人の目から見て、誰が見ても犯人と疑わざるを得なかった」と確実に言えるでしょうから、もし冤罪が起きてもそれはもう不運だったとしか言えないでしょう。


[24]>23 自白に関して一部訂正 ex-0808

音声テープには残っていないですが、菅家氏本人は暴力的な強要もされたと主張しているようです。


やはり取り調べの可視化は必要ですね。


[25]>22 だから「現実にはどうするべきか?」を聞いてるんですが ex-0808

答えになってないです。

「あいつが悪い」と言うだけなら誰にでも出来ますよ。


>冤罪を有無ような無能な段階の捜査手法を導入した警察検察トップが

「100%冤罪を生まない手法」なんて世の中には存在しませんよね。

昔の捜査手法も、今の捜査手法も、そして将来の捜査手法もあなたが言うところの無能な段階にしかならないわけですが?


社会は厳しいからだとかそんな精神論は求めていません。

必要なのは「守るべき治安」と「防ぐべき冤罪」についての現実的かつ具体的な案です。


[26]>25 具体策、それはねー godric

冤罪ふやしてってのはお話にもならないんだよー、そういう議論だねw

w


んで、社会が厳しいってのはせーしんろんじゃないんだぜ。


[27]>26 意味がわかりません ex-0808

つまり、「具体策は思いつかないけど検察が悪い」ということですね。

稚拙すぎて話になりません。

その程度の話なら小学生でも出来ます。


[28]>24 マスコミの影響も ttz

当時も、マスコミの影響は相当あったのだと思います。多分今もほとんどの人がそうだと思いますが、マスコミで容疑者と報じられた瞬間、私たちの頭の中ではこの人が犯人なんだと断定してしまいます。

検察もそうなのかもしれません。警察が逮捕して容疑者として送検されれば、検察官の頭の中では犯人だと断定してしまう。あとは容疑者が自白しようがしまいが、犯人であることを前提に、断定するための証拠探しをしていくだけ。検察官は、この人間は犯人ではないのかも?とどれくらい真剣に考えるのか。

実際のところは分かりませんが、もしかすると、検察官の頭の中の意識を変える事もかなり必要なのかもしれません。


[29]人災であり、意図的な冤罪と思います anotherstory

冤罪事件に関しては、私は多くの場合が人災ではないかと考えています。

それは制度に欠陥があることに由来しますが、まず頭に浮かぶ「自白の強要」という点について言うと、「殴る」「怒鳴る」「威圧する」などだけが「自白の強要」ではありません。

例えば先頃話題になった市橋容疑者の事件でも、「検察官の取り調べの際、『このまま黙っているなら、親が死刑になるべきだ』と言われた。という報道がありました。

(「このまま黙っているなら、親が死刑になるべきだ」でググるでてきます。元は朝日の記事ですが、元が消えているので)

こういった取り調べの手法も自白を引き出すための手法である以上、広義の意味で「自白の強要」と言えるでしょう。

また、長期拘留の濫用もまた精神的な消耗を謀った広義の意味で「自白の強要」と言えるかも知れない。全面否認した場合、保釈請求はほとんど却下される。「証拠の可能性がある」「逃亡の恐れがある」などが理由だそうだが、実際に無実であれば隠滅すべき証拠などあるはずがない。こうした矛盾を抱えながら、安易に保釈を禁止している在りようにも問題がある。


最後に、証拠開示請求の問題がある。

検察側は、検察に不都合な証拠は開示しない。弁護側は証拠収集能力において検察に劣るのは当然のことであるにもかかわらず、検察が開示する証拠を意図的に操作することが許されるならば、裁判において公平な判決など望めようもない。

布川事件:証拠開示十分ならば結論変わっていた…元裁判官

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20091228k0000m040090000c.ht...

という事例もある

取り調べの可視性だけで冤罪はなくなるだろうか。私はnoと言いたい。

冤罪は、可視性云々だけの問題ではなく、様々な制度上の不備によってもたらされており、これらを解決・改善しないと冤罪の防止にはならないと思う。

そして、取り調べのあり方や、制度の改善にしても、それは人の手によって可能なものである以上、私は、それを怠った人間が冤罪をもたらす。つまり人災だと考えています


[30]足利事件では表向きの証拠以外で菅谷氏への事件関与への疑いがとても濃かったからの逮捕のような気がする・・?? takokuro

冤罪と発表されてからの彼の表情と弁護士らの容貌を見てると・・

腑に落ちない点が多く感じたので

当時、調べたのですが・・・

まず、事件がが起されたのは・・・

海部期:

子供時分に父親が暗殺され??

(母が九の一??・・??)

母の親戚の名古屋の

去年だかノーベル賞をもらった教授の家で

明系マッカツの三木系政治工策員として

兄弟といっても

明系社会ではセクトがはっきりしてるので

非民主主義的に聖人君主的に育てられた海部氏・・??・・??

ぼっちゃんの方は京大工学部で

湯川博士の教室に在籍していたというが

おそらく!?

湯川博士系の天才系は

彼のような煩悩系をそばにおくという煩雑さを嫌うので

彼は湯川博士の弟子だと自称してるが

実は、

『意識と脳』を著の品川嘉哉博士(京大医学部卒でありながら

コンピュータ・プログラムによる頭脳と

大自然が与えた生態系での頭脳との比較をすることで

生体系つまり・・生命の意義・・つまり宇宙の発生の過程で

地球という特定条件の中で発生した生命の意義を考察された方??・・??

明系マスコミでは右脳左脳博士として扱おうとしてる??)

こそが

湯川博士の最後の弟子で

その後は誰もいない!??

湯川博士・・・1907(幸辰が16歳の時に生)?

京大教授の小川琢治(どうも・・『琢』にも『治』の命名にも

何かしら意が忍ばせてあるような気がする??)氏の三男

京大理学部卒後、

和歌山の日高出身の

湯川玄洋医学博士(『玄』にも意がある??)の婿養子となり

(妻・スミは府警のある府立大手前高、卒

堺の仁徳天皇陵のある大仙町にあった府立大阪女子大は

明系マッカツ知事で茨木高同窓会が支援した太田女史によって

統合され明系工策員?大学に変貌??・・??!?

仁徳帝関連の歴史改ざんを上田正昭がし

彼の弟子が

?千”田稔、″和田”萃、”井上”満郎、灘本昌”久”、田中”俊”明ら??!?

千系、倭国の田デン氏(電子?)、大谷探検隊の井上一族?また茨木カトリック神父かつ元英知大学総長でセクハラ事件で

茨木公安から逮捕された井上神父、久は今井宗久系??『明』

千田稔は経済学者が本者で

明系工策員として

のち、同姓同名で歴史学者が投入されてる??・・??

聖徳太子関係の歴史改ざんのため??

人相がいかがわしい??・・?!?

星系渡来人は桓武帝からで阿含宗の星祭は桓武帝の記念日と同じ、

阿含宗が『桃』系仏教で拝火教系とおどろおどろしさを感じる・・

オウムを麻原に立ち上げさせた中の十数人は

阿含宗信者でもあったことと

朝鮮半島との関連が深いこと

彼らの証言で

阪神大震災を警告していたオウム信者らは

死刑になってる・・?!?)

さて・・・

湯川博士にもどり・・・

湯川家の婿養子となって

阪大助教授→京大教授になってるが

滝川幸辰(1891?1962年11/16)の京大時期と重なってること

加藤友三郎(広島藩、88艦隊計画、ワシントン会議首席全権

関東大震災前夜の7日前に暗殺され

内田康哉が首席全権)の

1922年、

五稜郭が国の史跡に指定された年

幸辰、独留学し

1923(32才)、帰国し京大法科教授に就任

帰国の際に生きる化石のメタセコイヤ(大きな杉)を3本持ち帰り

一本は京大キャンパス、植物園、そして

息子の春雄氏日の岡の新居(八幡山のふもと)の庭に植樹

小川秀樹(16)・・・

つまり・・小川教授も湯川教授も

幸辰のメタセコイヤ民主主義(米ではボヘミアン・グローブ・クラブ?←アインシュタインとオッペンハイマーのマッハッタン計画??)

勢力として考えるのが妥当という仮定の元で・・

まず、湯川博士はオッペンハイマー(ユダヤ人つまり・・

実は!ソクラテス&プラトン系の真性カトリック哲学人脈??)博士とで

ユダヤ人でお茶目な

元、在独アインシュタイン博士を

天才に祭り上げ??

机上の空論にノーベル賞で権威付けしてる??が

どういうわけか・・??

湯川博士はアインシュタインの理論を否定しないで

ただ・・

米の原爆製造について

日本で

原爆は危険だという忠告活動を高らかに展開している・・

(当時、日本ですでに独ナチス(拝火教の″那智's”)政権で

原爆材料があって

中村屋のボースがナチスのUボートで

革命家のボース(実はメタセコイヤ勢力として

英軍とは敵対してるとして??

インド旅軍隊長として

見せかけ戦争をして

双方で国民の実被害が少ないようにしていた??)に

成りすまして

長崎と広島に原爆資材を届けていて

つまり・・すでに!実は寅吉の頃から

放射線研究は始めさせられていて

目的は兵器で

地震研究もその為だったし??

水爆、原爆完成を目指す研究で

四国出身だが漱石宅を

実の家族のように入り浸っていた寅彦は

放射能でくたくたになって死んでる・・

(どうして!?というと・・

つまりは・・一葉は実は

明系勢力がターゲットにしてる会津藩系の女性で

寅吉のプロフィールを作ったのは

漱石の死後に娘・筆子を久米から奪って

略奪結婚した松岡だったかアベだかで

寅彦が東大と共に行き来させられていた理科学研究所の

所長は菊池氏一族・・

久米を文壇から干したのも菊池寛・・芥川賞と直木賞を創設した人物・・

つまり・・漱石の哲学を継承する芥川が死んだ後、

彼の名を出して

明系工策作家を大衆に宣伝するために作られた??・・??)

寅彦の公式プロフィールから

実は2年間、独留学した時期が消されている

漱石は朝日新聞だかで

出発前に、『先生、今年は地震にお気をつけください』と

唐突なことを言われたのが

実際に、滋賀だったかで大地震があり

急遽、寅彦の予言が的中したことを

エッセイにし

寅彦にも手紙で伝えている

消された2年間に寅彦と一葉との間の長女が

結核だか??で死んだのを

父が江戸幕府の公安警察のような仕事をしていた関係上、

すぐ様、明系が

寅彦留守中に、一葉暗殺計画を企てていることを察知し???

先手を打って

一葉のお葬式をして

実は、

寅彦の実家の四国の父親に

夏子と命名して

(拝火教勢力のご機嫌をそがない様に『夏』、

漱石も金勢力にご機嫌を取って『金之助』

託し

父親は人里は慣れたところに

彼女を隠し、

毎日、食糧を届けに??・・??出かけている


つまり・・一葉の命とその娘たちの命の保障と差し替えで

寅彦は

放射線を浴びながら

明勢力が指示する研究をしている・・・?!

原爆はアメリカで研究完成されたと思い込んでいたが

実は、明系勢力によって

独ナチス政権の指示の元で

実は有能なユダヤ人研究者らが

寅彦と同様の立場におかれ

研究が進められ??

一方で

日本でも寅彦らによって進められていた成果と

合体させたのが

寅彦の2年間の空白の独留学??・・??

マッハッタン計画とは・・

実は・・

明系ナチス勢力は

アインシュタインというユダヤ人ナチス独人を

実は『金』氏勢力の拠点がおかれていたスイスに

亡命させ

チューリッヒ大で

ユダヤ人物理研究者工策員として

教育し??

本当は

絶対的な原則??つまり・・

宇宙、地球の大自然界で

『無』も『無限』も

宇宙が発生した時点でありえず、

全ての物理的現象は

『有』であり

『有限』である??というニュートン力学を

机上の論理で覆させることで

原子力、『核』分裂という大自然界では

発生し得ない状況を作り上げることを

科学者らに納得させようとした・・??・・??

つかり、拝火教の明系ナチス勢力は

アインシュタインを使って??

原爆を完成させようとしていた?!?

マッハッタン計画とは

そのアインシュタインを

拝火教勢力から救出?して

アメリカに亡命させ

明系勢力が完成を目指してる原爆を阻止するために??

彼らよりも早く完成を急いで

その発射拠点と予定されてる長崎と広島に

先手を打って落として爆破した・・??・・??

だから・・??きのこ雲は

二重に傘があった・・??・・??

長池小でディズニー映画をよく見せてもらったのですが

その前にあるニュースや勉強の白黒のフィルムがあり

そこにしばしば、きのこ雲の映像があった)

ピノキオはクジラ(捕鯨船?クジラの突き捕り漁法は

太地と高知と北九州・福岡で猟師が往復していて

発達した歴史がある・・

グリーン・ピースが日本の捕鯨研究船を襲うのは・・??

実は??・・??

南洋で地震を起すような仕掛けをするのに??

海の海底断層調査などをしてるということはないだろうか・・??・・??!?)に呑み込まれる・・

玄洋社・・・頭山満

黒龍会

平岡浩太郎

(我が家に来診されていた警察にお勤めの

沢井さんの長女は

平岡さんに嫁いでとても一族で

その孫への溺愛ぶりが気になった

次女は我が家に今村さんたちが出入りし始める頃、

元々、黒門のかつお節屋さんと親しいお漬物やさんで働いてらしたのを

沢井さんのおじいさん(警察)とおばあさんが

我が家の看護婦さんとして雇うように

松原の土地の件で

府の土木関係?かに勤めてる娘婿の平岡さんを

紹介されたときに

進められ

大抵!午前(9?1)か午後(5?8)で前後、準備と掃除入れても

一日、5時間程度で保険事務の時は別途時給を払っていたが

月、50万円も支払って

まだ、掃除にもう一人雇えと言って

今村氏の近所の母よりも高齢の決して美人でない 人の好い人を雇って

その人が実は父を上六かのラブホテルに誘って

父も派手でもないし??

後々問題がおこらなそうと思ったのか・・??

あと、母がそのことで今村氏に恐喝されたのが

母と父との間でのいざこざのはじまり・・?!

当時、沢井さんのおばあさんが

診療所の監督兼ね

我が家にお手伝いさんとして来だし、

母に

『原さんが先生を手名づけてる』と言って

母は原さんを父を誘惑する目の敵にし・・

彼女に辞めてもらったが

今、会社で様々な人たちを見てきて

私からすると・・

原さんのような手八丁口八丁はどこにでも

テキパキ仕事をする女性には多いものだし

母の前で

『先生はこうやから』と掌で玉を転がすようにして

どうにでもなりやすいと言ったのは

母に忠告してくれていたのを

母は自覚しないでいる・・

看護婦さんが沢井さん一人になってしまい

父は彼女に辞められては仕事が出来ないと

月50万円支払って

さらにお掃除の担当の人を雇えというので

初めて!母は沢井さんの横暴さを

問題にし始める・・

取り巻きに囲まれた母は

自分が実は裸の王様だということに気づいてなかった・・??

鴎外が『武漢録』を探していて

それを書いてる澁谷抽斎の子孫を探すが

気立てのいいよく気のつくご近所さんとして

うちの中に入り込んできて

あれせよ、これせよと色々アドバイスし

日々の生活におわれ

夫々、家族が今どこにいるかもわからないようにされるいきさつが

描かれてるが・・

その時にあるのが

三味線の先生(色町人脈?)のあと

お砂糖の小売(台湾資本に繋がるなどをするよう薦められ

お砂糖というと

関東大震災の直前に

当時、国際的な総合商社だった鈴木商店から

台湾資本が引き揚げられ

鈴木商店からはじまる金融連鎖倒産はすさまじかったようです

どうも・・

母方の祖母の娘が嫁いでる名古屋の貿易商が

明治期に台湾でサトウキビ畑を購入し

日本で始めてプランテーション経営しようとして

永坂のひいじじが家屋敷を担保に資本投資したが

収穫を積んだ船が2度沈んだことで破産したのですが

何だか・・益川氏や三木系人脈あたりの明系工策員の謀略があったのでは・・??・・??

S30年代には

お食事には

御晩酌をしない我が家でも

祖父が食後も長く御晩酌をしていた習慣がある為か

母はお砂糖は殆ど使わない習慣でたいていのおうちでは

すき焼き以外は

お料理にお砂糖を使わなかったようですが

小6の時、卵焼きに隠し味で使ってるのを頂いて

母に言うと

お食事にお砂糖を使うなんてと驚いていたのですが、

戦中戦後はお砂糖がなくて

天王寺の上町線駅の前のうなぎ屋さんが

おはぎもしていて・・??

(で。このおはぎとそっくりなのが

西田辺地下鉄前の甘党『一茶』でずうーっと¥100で

大きさもデザインも叔父さんがミズノのフィットネスで

救急車で運ばれ亡くなられるまでは変わらない)

おはぎ屋さんが

戦中戦後、お砂糖が高騰し

うなぎ屋さんが始めたのか・・??・・??に行くと

戦時中でもお砂糖が手に入ったと高知出身のミユキさんは言ってたので

お砂糖通じて台湾資本に三木勢力?(橋本)高知勢力とが繋がっていた??・・??

そして・・

元々は四国?だった海部氏が

母方の親戚筋の名古屋の小林誠氏のおうちで

育ったということと

1940生の益川敏英(いかにもアンチ明系の漢字を並べてるけれど

それ自体が胡散臭いし

(英的な英雄像や男性像とは正反対の人柄?)

彼の生家が砂糖商だったそうですが

彼の両親の代は1920年代生まれとして関東大震災頃、

社会へでた祖父母らの孫・・??・・??

早川徳治さん世代の祖父母らの孫??・・??と仮定すると・・

幸辰勢力(湯川秀樹博士が世に活躍する人脈を作った??)が

どうも!?関東大震災が起されるのを察知して??

欧米のメタセコイヤ民主主義勢力との連携で渡独し

翌年、帰国後、若くして京大教授に就任してるということ・・

幸辰の前の世代としては

祖父・民一タミカズが

母が子どもの頃からよく、聞かされていた二葉亭四迷・・

母も若い頃から志賀直哉が好きで

私も愛読書と聞かれるとすぐ、名前が出てきたのですが

でも、十代は漱石、4部までの下村湖人にも結構はまっていて

志賀直哉は

言ってることはよく理解できないけれど

同じユーモアを持って

心情的に信頼していいシンパシーを感じた・・?

本名=長谷川辰之助(娘時分、尾上松録の後継者として

?″水谷"八重子とも幼馴染だっただけなのに!??

フライデー??だか??に

不倫として取り上げられ!

(おそらく・・松録も30世小笠原清信氏も幸辰勢力?)

明系勢力(星系・桃系・桓武帝系)が

山口組と岸信介系・現・安倍氏系のマニラ・フィリピンや北鮮などで

戦後、苦しい中、かなりの税金を使って送還させた朝鮮人を

閉鎖社会の中で

再び、抗日活動するように

日本人町を作って

工策員教育をしていて

その教員として

拉致被害者でまだ帰国できていない人たちが連れ去られた??・・??ッてことはないだろうか・・??・・??

その子弟らとともに

阪神大震災時の混乱期に

大阪港の税関がパンクしそうになってるなか

神戸港税関事務は閉鎖されてるが

山口組の船などや??

難民として??

旧堺港などから日本に入ってきて

ブルーテントに混じりこんでいた・・??・・??

西成の釜が崎は子供時分から

有名な浮浪者の町であったことと

今宮戎(今井氏勢力の戎が祭られてる?の意??

昭和期には『戎目』の女性というので

『戎女』だったのが

橋本弘文組長関係というので??

ミドリ十字にエイズ血清を輸入させた??福岡の

福屋の明太子のオーナー人脈が

福田氏の娘というので??・・??

『福娘』・・??・・??と言い替えさせている・・??)

の国鉄・今宮駅横にあった日雇い労働者らが集まるところがあって

祖父・民一は

ある日、突然、ひいじじ剛太郎(の"剛”はよく鍛えられた堅い刃物の意だそうで

陰陽では陽の性格で

当時の大阪は鉄工所が多かったようで

桜川幸町を平成になって課長の指示で

顧客回りをしたのですが

後継者の代でとても震災後、疲弊していたのを感じ・・

何となく不実な事務員さんや番頭さんが珍しくなかったのを思う・・??

ヤマハのボート屋さんも新顔で看板が出ていたけれど

いかにも質実剛健の町には浮いていて

沈んだ気持ちになって通り過ぎたのを覚えている

昨日みると、阪神電車が

奈良と連絡していたので

最終的には

大阪市地下鉄を民営化で

明系巨大資本が

地下鉄も阪神も阪急もJRまで!統括するつもり??・・??!?

(シャープ本社を撤去して

近鉄あべのに移転させ

近鉄本社の上六だか阿倍野だかに

イトーヨウカドー(明系楽市の八日市!??)が

デパートに隣接して

近鉄の売上げを食って

シャープごと近鉄もイトーヨーカドー(おそらく??

ドンキホーテと同じ山口組渡辺系資本??)が

飲み込むという計画では・・??・・??!?

弟のお嫁さんが言ってたので

韓国資本では周知のこととなってる??・・??・・??)

尾上松録さんや尾上辰之助さんは実は・・

?水谷八重子通じ??

阪神大震災の情報を調べていた??ような気がする・・??・・??

二葉亭四迷・こと辰之助は

明系勢力に対抗すべく陸軍試験を受けるが

目が悪いという理由ではねられ?

外交官を目指し

旧外国語学校ロシア語科で

坪内逍遥(シェークスピアを最初に翻訳)と知り合い

文壇で活躍することに決め、中退

M20、明治期で初めて言文一致で

当時の社会を写実的に描いた『浮雲』でデビュー

地位を確立するが

その後、ツルゲーネフの翻訳で得た資金で

新聞記者人脈通じ

満州、華北を巡っている・・〔情報収集??・・??)

1904(M37)資本主義が日本で確立され

巨大資本の支配が流通経済を襲い・・?!

否応なく、軍需産業に駆り立てられていく・・??

2月、日韓攻守同盟をむすび、

対露宣戦布告

1905(M38)8月、ポーツマス条約

帰国後、再び、翻訳で資金を得て

1908(M41)、渡露中、ペテルブルグで暗殺と

S29年むさし書房ではなってるのに??・・??

ウィキでは

露からの帰国途中、ベンガル湾上で客死となってる・・??・・??

二葉亭とは漱石・鴎外期の一葉に因んでる??・・??

ただ・・露貴族・・つまり真性カトリック哲学勢力(と仮定?)のツルゲーネフを

二葉亭が選んだのは・・

ペテルブルク大学哲学部と

ベルリン大学(明系のアヘン戦争や

大塩平八郎の大阪焼討ちクーデターの翌年の

1838?41、ツルゲーネフが滞在し民主主義勢力として情報パイプになってる??

中3の時、京都に露映画の『初恋』がきて

学級会の時間にクラスで鑑賞会にいったけれど

とても印象深い見ごたえのある映画で

当時はストーリー的によく呑み込めなかったけれど

もう一度見たいと思った映画)

との情報網に参加する為??・・??

徳川斉昭(昭和帝の昭!?)、渡辺崋山(火山研究というので

実は発破技術で人為的に火山や地震のような騒ぎを起していた??)と

高野長英(アヘン人脈との通訳?実は忠邦の密偵??・・??)とが投獄され

水野忠邦が天保暦を使い

それまで明系の情報で

欧米外国が日本侵略してきているとばかり思い込んでいたが

それは明系とアヘン資本で結ばれた一部の欧米人で

国家議会では

日本が明系勢力に呑み込まれようとしてるのを

救い出そうというウェールズ出身政治家(バッキンガム侯夫人の実家勢力のおかげで

ウェールズは英民主主義勢力の基盤?)議会政治の働きで

日本に支援しようと

開国に迫っていたということ・・??!?

シーボルトが無理やり持って帰った地図で

帰国後、欧米露各国の民主主義皇帝に

日本を救い出さねばならない必要性を説いたということ・・??!?

実は助けに来てくれてるということを

井伊系の元々は栄系渡来人として熱海周辺?浦賀?伊豆?に住み着いて

日本の護岸防衛してくれていた井伊家人脈(のち井伊直弼?)から

教えられ??

(浦賀に露が最初に来航したとき

爆破され

その残骸は碇が壊れたあとの鉄の塊しか残っていない)

急遽、欧米の船に打払令を廃し

薪水給与令を復活させるが

1843、忠邦失脚させられ

明系の阿部正弘(橋本弘文組長の弘??)、

老中主席にしゅうにんしてしまう!・・(溜息)

マイケル・ジャクソンのマイケルの意・・

米物理学者のマイケルソンに因む・・

独生まれのユダヤ人で推さない時に米亡命

1864、光が電磁波だということがマックスウェルに確かめられ

続いて

マイケルソンは光は

エーテルによって

伝わるということが問題になり

禁酒法時代・・??

1887、モーリーと実験した結果、

エーテルのような存在はありえないということ確認したが

彼らの研究から

アインシュタインは

借用して机上の招待生理論を展開・・??・・??

頭の中でのみ理論として可能で

自然界ではあり得ない??

ニュートン力学が本当は

普遍的に拡大理解されるべき??を

それを拡大解釈せずに

違う方向性へ持っていったのがアインシュタインの理論??・・??

品川ヨシヤ氏の説明やブルーバックスを読んでると

本来、ニュートン力学はもっと普遍的に理解していいはずに思える??・・素人ですが・・

ノーベル賞で明系工策員とされた後

シカゴ大で光速度の精密測定の研究を続けた




と長男として

ノーベル物理学受賞したという益川敏英氏は

(物理学的な理性がある人物像には思えない?!)

一緒に受賞した小林誠氏と名古屋同志だそうで

どうして学者の道を選んだかというと

お砂糖屋さんの家で育って

お客さんに『ありがとうございます』というのが

嫌だったからだと言ってたが

彼が育った時期は

お砂糖屋さんは濡れ手に粟の時代?・・・??

着物やピアノがお砂糖に化けたといわれていた時代に

若い頃を過ごしてるはず??

彼は本当にその頃の日本で、生活していたんだろうか??・・??




[31]>9 返信ありがとうございました。 wincarp

返信ありがとうございました。

言わんとされることはわかる気がします。

ただ、「出来るだけ犯人を取り締まる(=治安が高レベルで維持されることをおっしゃりたいのだと思います)」ことと「冤罪を出来るだけ防ぐ」ことが反比例する根拠はなんでしょうか?

極端な例ですが、イラクやアフガニスタンには、わけのわからない理由で拘留されている人間がたくさんいるはずですが、残念ながら、治安は悪化する一方です。疑わしいものを片っ端からとっ捕まえることが、治安を良くする事につながらないいい例です。冤罪を一定程度許容することと、治安の維持との関係性はなさそうです。これは、日本の歴史を見ても明らかでしょう。

したがって、冤罪は、きっとなくならないでしょうが、それでも、たとえば、1万件に1件の冤罪であれば、治安の維持において妥当であるというものでもありません。

警察や検察の権力は、無実の人間を無差別に殺す道具になるほど、大きいものです。


[32]>28 マスコミの影響に加えて ex-0808

時効との戦いもありますね。

いくらマスコミに煽られてもすぐに逮捕したりはしないでしょうが、時効寸前の状況なら焦りが生まれ、証拠が多少不足していても逮捕するということもあるのではないかと思います。


ただ、そのために司法があるわけですから、逮捕することも証拠集めをすることも悪いことではないと思います。

証拠が足りているかどうかは検察が決めることではなく裁判官が決めることですからね。


検察官が断定して考えるというのも難しい問題ですよね。

逮捕時点ではまだ起訴するかどうか決定してないわけですから、「この人はやってないかもしれない」と思っているのなら起訴出来なくなってしまいます。


そう考えるとやはり「この人はやってないかもしれないけど一応起訴してみる」という判断も出来るような制度作りが必要ですね。


そのためには「逮捕時点でのマスコミの実名報道禁止」など世間の意識を変えて、無罪になった場合にすぐ元の生活に戻れるような社会を作らないといけないと思います。


[33]>29 たしかに広く言えば強要なのかもしれません ex-0808

しかし強要かどうかの線引きもまた難しいところだと思います。

それも司法に判断してもらうしか無い部分ですよね。

ですから可視化にして、強要だったかどうかは裁判官に判断させるべきでしょう。


「強要=悪」 ではないですからね。

例えば暴力行為も正当防衛なら犯罪にならないように、「公共の利益」と「反道徳行為」を天秤にかけて、公共の利益が大きいと判断されれば一定以上は認められるのが日本の法律です。


>実際に無実であれば隠滅すべき証拠などあるはずがない。

これがちょっと意味がよくわからないのですが、

この時点ではまだ犯人である可能性もあるのですから、

「隠滅すべき証拠がある可能性もある」のでは?

中立的な観点から見れば保釈を認めないのが妥当だと思えるのですが。


長期拘留に関してはそのための制度と言ってもいいぐらいですし、精神的消耗を謀ったと判断されるような取り調べ内容でもない限りは問題があるとは言えないと思います。


証拠開示拒否についても裁判のシステム上ある程度は仕方ない部分があると思います。

審理期日にすべての証拠を公開してしまったら被告側は言い訳を考え放題。

かといって裁判終了後に証拠を公開するのなら今度は反論を許さない事態になってしまいます。


検察側の倫理が問われる部分ですし問題があるとは私も思うのですが、

物理的に改善出来る案はちょっと思いつきません。


>取り調べのあり方や、制度の改善にしても、それは人の手によって可能なものである以上、

可能なのであれば私も人災にあたると思います。

しかし質問でも書いたように具体的で現実的な案は聞いたことがありません。

ほとんどの方は「なんとなく」で改善出来ると主張しているように感じます。

ですから具体例をお願いします。


最後に、提示して頂いたURLから面白い内容を見つけました。

>第1次請求審を担当した元裁判官は「被告は公判で否認しており、自白調書は捜査官の作文の域を出ないと思っていた。立証のポイントは目撃証言だった」と明かした。

自白調書があっても公判で否認すれば裁判官はその自白に対してほとんど証拠としての機能を果たさないと判断しているようですね。

それなら序盤で言ったような程度の弱い強要に関してはさほど問題が無いように思います。


[34]>30 要するに ex-0808

裏で何かあったということでしょうか?

そういう証拠が曖昧な陰謀的なものはご遠慮頂きたいです。


[35]>31 あくまでも日本の司法での話です ex-0808

さすがに内紛が起きている国については政府自体がまともに機能していないわけですから日本と同列で考えるべきではないと思います。

それは「極端な例」というよりは「特殊な例」ですね。


たしかに必ずしも反比例するとは言えないかもしれません。

>わけのわからない理由で拘留されている人間がたくさんいるはずですが、残念ながら、治安は悪化する一方です。

それならこれも関係性は疑問ですよね。

「拘留される人間がたくさんいたから治安が悪化した」という根拠はまったく無いです。

もしかしたら、拘留しなかったらもっと治安が悪くなっていた可能性だってありますよね。


>これは、日本の歴史を見ても明らかでしょう。

これは何のことを言っているのかわかりませんが、上記と同様のことが言えると思います。


治安というのは様々な要因がありますから、私も「必ず反比例する」とは言いません。


あくまでも一般論としての、

「冤罪を気にして慎重になれば犯罪者を逮捕し有罪に出来る数は減る」

→「逮捕・有罪の数が減れば野放しになる犯罪者の数が増える」

→「犯罪が増える」

という考え方からです。


少なくとも私には

「冤罪が増えると犯罪も増える」

という一般論は思いつきません。

例外的な事例ならいくらでも思いつきますが。


>たとえば、1万件に1件の冤罪であれば、治安の維持において妥当であるというものでもありません。

これは主観の問題ですからもちろんそうです。

どこからが妥当かというのは国民全体で決めることであり、それを現在判断しているのが司法なのです(司法の基準が正しいという意味ではありません)。


[36]>32 同意です。 ttz

痴漢冤罪の話を思い出しました。

あの北村弁護士までもがらしからぬ事を言っていましたが、もし電車内でやってもいない痴漢ででつかまりそうになったら、駅で降りたら走って逃げろ、と。一度つかまると疑いが晴れる可能性はほぼ0%に等しい上に、何日も拘束され、社会に復帰できないから。という理由でした。

誤認逮捕の場合の社会復帰支援や、マスコミの実名報道禁止は本来非常に重要かと思います。


[37]>36 痴漢冤罪は特にマスコミによる被害が大きいですよね ex-0808

警官が直接逮捕したケースならともかく、痴漢のような私人による現行犯逮捕の事件をすぐ実名で報道するのはおかしいですよね。


痴漢の場合は過去に逮捕歴が無ければよっぽど悪質か証拠が揃わない限り起訴されることはまずありませんが、「○○容疑者」という報道をされたうえに何日も拘留されるので、嫌疑不十分で不起訴になっても社会復帰は困難です。


嫌疑不十分で疑いは晴れてるのに、マスコミがつけた印象のせいで社会からの疑いが晴れないというのは酷い話だと思います。


[38]>35 まぁまぁあまりエキサイトなさらずに。 wincarp

あなたの意見が100%間違ってるとはいっておりません。あまりエキサイトなさらずに。

また、あなたが考える一般論だけが、他の人が考える一般論でないかもしれないこともあります。そういう面を否定しては、あなたが、なぜこの質問をしたのかが、見えなくなります。

?「政府自体がまともに機能している」国の検察や警察は、その権力を適切に行使する。というお考えは仮定の話です。もちろん、全員が同意する100%の「一般論」ではありません。すくなくても私は同意できる一般論ではありません。

?「アフガニスタンやイラクで、冤罪も含めた逮捕者や拘束者の数が多いから治安が悪化したわけではない。」

「その通り!」です。

そして同時に、「逮捕者や拘束者が少なくても、その治安が悪化するわけではない」ことも、また事実である可能性であることも、あなたのおっしゃったことが「その通り!」であれば、同じように「その通り!」といえることになります。

「その通り!」と両方を言い放ってしまうと、話がややこしくなりますし、以下の説明が困難になるので、「その通り!といえるかもしれない」。ぐらいにしておきます。どちらの「その通り!」にも、その可能性はある。ぐらいにしておきましょう。

?冤罪を気にして、検察や警察による逮捕や身柄の拘束等が減らすことが・・・まぁ仮にあったとして・・・治安が良くなったり悪くなったりする可能性は、あるかもしれない。

ただ、治安維持において冤罪かもしれない人間をバカバカ逮捕しようが、その治安にほとんど変化がない、という事実も実際にはあるだから、「ない」かもしれないじゃない。そうですよね。

そして、治安が悪化したから、バカバカ逮捕してみた、でも、思うほど治安が元に戻らない。という事実は、あなたが、「わが国には当てはまらない理由」としてあげた、「その国や特定地域が、特殊だから当てはまらない」のではなく、逆に、そういうところだからこそ、検察・警察の権力の不当行使やむなしだと言えるのであれば、より明白に、その権力の行使すること「だけ」による治安維持が困難であることを、より明白に結果を導くものであるともいえませんか?

そりゃ、あなたがおっしゃる通り、最悪から、そりゃ少しはマシになったかもしれませんよ。でも、その権力をバンバン行使するということに関わる重大な「危険度」と、「治安の改善という成果」とのバランスがとれているとは、どう贔屓目にみても「とれていない可能性」ぐらいは、ありませんか?

なぜなら、治安を維持するために必要なものは、検察・警察が権力の、より適切な行使である。ここまでは同意いただけるでしょう。でも、同時に、その適切な権力の行使、それ「だけ」で維持されるものでもない。こともお解かりのはずです。

上の例でも明白ですし、((治安というのは様々な要因があります))とおっしゃっている通りです。

?さらに。

アフガニスタンと日本とを比較した場合、その治安には雲泥の差があるのだから、彼らの国の検察・警察の権力の行使の適正度において、あくまでも2国を「相対的」にみた場合、日本の方が、より「まとも」である、より「適切である」であることは、その治安の安定度からみて、また逆に「真」でありますから(?後半部より)、逮捕者・拘束者の数の変化と、その治安の変化との関係性は、アフガニスタンで行使されている権力よりも、より適正であればあるほど、その関係性が希薄であるはずだとは考えられませんか?

ましてや、それらと、冤罪の数の増減・有無との関係性は、もっともっともっと少ないと考えるのが自然であると私は思うのです。

つまり、あなたがおっしゃっている「やむをえない冤罪を許容することで、治安が一定程度、維持されている」とする根拠が、私には見つからないないのです。

そもそも、「検察や警察が、冤罪を気にして、逮捕や身柄の拘束の手をゆるめる」という話はどこから出てきたのでしょう?足利事件における、少なくても検察側の対応・考え方を見れば、「自分たちのやり方」を変える気があるとは思いませんけどね。



●私が最も言いたいことは、変わっておりません。

冤罪というものがあるのであれば、なくさなきゃならんでしょう?ってことです。

一番はじめの返信に書きましたが、間違っていたらなら、間違っていたことをできるだけ早く認めることが必要じゃないでしょうか?

「人は間違えるものである」

「その当時は万全を尽くしました」

・・・という言い訳が通ってしまうのであれば、アフガニスタンだけでなく、日本でも、検察・警察の持つ権力をバンバン使えることになります。どんどん逮捕したり拘束したり裁判ができることになるわけです。

・・・と、考えると「極端」とおっしゃるかもしれませんが、言論だって、経済活動だって、なんだって、やり方によれば、押さえ込むことができますよ。この理屈が通るのであれば。

何も、問題になるのは、今回のような殺人の罪をおっかぶせるというものだけが冤罪だけじゃありません。だって、取り締まるものは、殺人だけじゃないのですからね。

「いやいや。我が日本じゃありえませんよ。」

・・・と考えることもできますし、

「あぁこんな日本みたいな国、おそろしくてどうかしてる。」

・・・と思う人だって、きっといるはずです。

実際は、結局は、間違えてたのに、「当時は間違ってはいませんでした。」なんて開き直る検察がいる国・・・私は、正直怖いですね。

検察だから開き直っていいのか、それ以上に悪いやつをやっつけたから、1件ぐらい勘弁してくれ!といいたいのか、単純に頭がおかしいか・・・もしくは、検察とはそういう権力に自分があることに対して自意識が過剰なのか・・・そこらへんの精神構造は、庶民である私には、ぜんぜん理解できないものですが・・・。

これも、一番はじめの返信にも書きましたが、100%冤罪を防ぐことはできないでしょう。でも、間違えたのなら、間違えたことは、率直に反省しなダメでしょう。みなさんが個々別に述べられているような改善策をとっていくのが、普通じゃないでしょうか?

間違いに気がついたのなら、積極的に冤罪を晴らすことにも協力すべきです。そして、結果として罪をかぶせてしまった人間には、できるだけの謝罪、贖罪は必要じゃないでしょうかね?

治安維持のためには、冤罪は致し方ない。

と考える国よりは、そういう国のほうが、私は全くまともだと思いますよ。


[39]>37 痴漢冤罪なんて、いつ降りかかってきてもおかしくない。 ttz

毎朝のラッシュでいつそのような疑いを掛けられてもおかしくないですよね。一時期騒動になったように女性2人組にワナを仕掛けられでもしたら・・・。考えれば考えるほど恐ろしい事です。そんなことで会社をクビになって路頭に迷っている人がいるとしたら。明日の朝の電車だって・・・


[40]>20 今後、改ざん編集できるデジタル音声技術を裁判証拠としての前例を作るのが目的?? takokuro

録音テープの内容を言葉上の一部情報である『絶対やっただろう』という決めつけた(確信)感じで

自白を促してはいるというのでは

確かに!

『強要』ではなく

通常の取調べの逸脱とは思えないです!

つまり・・

今回の菅谷氏明系勢力の思惑は・・・

今後、

デジタル音声技術で

改ざん編集できるテープ証拠を

有力証拠として前例を作ることに本当の目的がある??・・??

DNA鑑定もその代わりに現在、証拠として提出されてるテープ録音にせよ、両方の共通点は情報をデジタル化することで改ざんも可能な証拠に過ぎないということ??・・??

現在の録音技術では

音声をデジタル録音することで

編集改ざん可能になってる・・・

今、色んな電話対応で

『お客様との会話を録音させていただきます』というので

個人情報である音声を独断で録音されてますが・・

これをもとに

デジタル技術で

別人の話した内容の声を

その人が話したように声紋やイントネーションなどを編集することは可能・・・??!?

これで

電話で俺俺詐欺や

聴覚が疎くなった年寄りに

電話で

別人が電話伝達することで

様々な人間関係を破壊することが可能であること・・??!?

NTTドコモに明系山口系が深く関わってるのは

ダイヤルQ2の頃から

感じていて

どうして

インフラ事業でそれを小渕政権は取り締まらないのか不思議で仕方なかった


小渕政権・・・

野中氏が幹事長

一之瀬泰三氏行方不明というので

山口組関係者と出かけていって

その後、彼の死が確認されてることの意?真相??の

キーマンである古森義"久”(一之瀬カメラマンと同じエリアを担当しある意味でライバルでもあり協力者でもあったこと。。

今井宗久系明系勢力??かつ大学時分から毎日記者として卒後すぐに渡米、

現在は明系メナード系ヤクザ勢力の??青山氏が

その役を担ってる??

ともかく、高知系工策員とも関係??)が

当時、

正論の論陣を載せ

消費税を取ってなかった産経新聞に古森が

毎日から就任し

小渕氏が

直接、編集者に電話をかけてきてから

江藤淳暗殺・・??

(当時、NHKで若者番組でオピニオン・リーダーとして

売り出していた糸井氏も

明系工策員らしい特徴を持った物腰と表情??

江藤淳バッシングをしていた!?)

高校時分に来日?した??

橋本登美三郎のもとで彼のプロフィールと同じ大学とサークルで政治家の道を進んだ額賀福志郎は

最初は橋本姓で出発している・・

橋本登美三郎は

実は滝川幸辰勢力の一人として

朝日新聞時代(尾崎秀実、ゾルゲも在、支那

佐々弘雄(朝日記者・論説委員)や

風見章(近衛側近)の紹介で

台湾サポート?の朝日新聞記者・尾崎秀実が

【昭和研究会】に加わる)

つまり満州、南京、杭州(東住吉の杭全=明系山口系勢力の色彩が昭和30年代頃から定着していた??)を

搾取してる明系マッカツ阿片資本勢力から

開放するために日本軍が占拠開放(世界大戦後の

米GHQと同じ??)、

滝川幸辰勢力の一人として活躍・・??

37年12月:橋本登美三郎、

明系マッカツらに占拠されていた南京・杭州を

日本軍占領開放した際、

その時、明系阿片勢力が

のち自分たちがした南京大虐殺を

日本軍に罪を転嫁させることがない様に

あらかじめ、

15人ほど部下記者を引き連れ、

一番乗りし

南京大虐殺は日本軍の手で行われていないことを

立証・・

S55(1980)!大平政権で

橋本登美三郎の後継者として

産経外信部長(元朝日新聞社東亜部長)だった額賀氏が

後継・・

どうも・・

最初は橋本姓だったが

橋本弘文組長が

橋本一家に入り込み

蝕まれていたので

額賀氏に改称??・・??

プラザ合意をした中曽根・明系山口系政権(韓国の当時の大統領はヤクザ系ですのに!

昭和帝に招待させてる!売国奴!

明治期、鹿島人脈が伊勢神宮宮司になって歴史改ざん神道破壊、軍国勢力の皇學館を講道館に対抗して設置して

戦争軍国日本の基礎作りをした??鹿島則文

鹿島勢力とNHK通じ日本売りをした政権!?!)

で、

新当選は・・

◎伊吹文明・町村信孝

大島理森・山岡謙蔵・

二階俊博・

×渡辺嘉蔵(共産)、

×斉藤節(公明)

×安倍基雄(民社)

?江田五月(社民)

×衛藤征士郎(玖珠町クス 山口系ヤクザの取締役??

梅系?not桃系クスノキ葛城神道勢力??

イオンやサントリーに巣食ってるおどろおどろしい仏教色彩の濃い新設神社の黒幕?!?

門真などの建築土建やパチンコ勢力から大阪に拠点としていた??・・??)、

鈴木宗男(中川親子大臣暗殺関係人脈??)、

糸山英太郎(英系、実は民主主義勢力だったのに冤罪で失脚??)、

東力(紀子さん系ペンシルベニア系実は

後日明系勢力が

日本占領を皇室においても行い

『明』の略奪歴史を

『永(英・栄)』の民主主義歴史とを

摩り替えて!

完全独裁搾取世界を地球規模で完成する過程??で

ペンシルベニアのテンプル大学の日本校を

作って民営化をすすめる工策員の税理士・弁護士らを養成

紀伊田辺の地元民を暗殺したり

冤罪事件で逮捕(カレー事件と関連??)して

公明票で

衆員になる

その頃に熊野街道博があり

父は紀伊田辺の東急不動産の温泉マンションを母が

ダイワ・ハウスの一時金から購入することになり

そこで

土建屋さんがしてる老人ホームに単身赴任をさせられて

母と別居生活をさせられ

その間に、

ミユキさんの妹の嫁ぎ先の大門氏の豊中で建築業をしてる息子に

相生から上六6階に引越しさせられ!?!

弟のお嫁さん(4F、実家は高野山真言宗!)

と同居・・!?)

整体師に

腰を痛められてビッコを引いていたので

(こういうひどい極端な腰折れを

時々見かけたことがあるが

同じ人物らによるものでは?・・・??)

3年前、国立大阪整形で

腰椎手術し側湾は収まったが

腰折れは定着・・

その頃?辻本氏(元、南都銀行当時UFJ?!)、

不動産売却というので

母のところに出入りしだす

2年前、国立循環センターから北村総長、引退、

西の宮HPにいた弟の上に

若い上司が赴任し

弟は

現、国立大阪の関連病院に移動

私のところにトヨタのセントラル・ファイナンスから

深夜に非論理的なことをうだうだいう電話が掛かってくるので

ネットで暴露??・・??

その頃、

辻本氏、定年前にUFJ退職

両親と娘たちとの旅行で

歴史の要所?を巡り始める・・

旅行中だけ昔の家族の関係に戻る・・

(上六の家の6Fは

吐き出し窓は丸見え状態でカーテンもかけていない

となりのマンションの窓が吐き出しベランダにあり

話をする時、理由もなく両親は

私に食って掛かってくる

弟のお嫁さんが来た時には

殊更で

彼女の言動は

自分がここの支配者であることを見せ付ける発言を

これまでしてきたのが

2年前から

少し揺らいで来て

私にも母の前では一応の対応をしだす・・

でも、母が入院したあと、

母の荷物をとりに行ったりしたときは

私が今から上六に行くことがわかっていて

入れ違いに病院へ出かけて

戻るまで小一時間待たせるというような

ことは平気でしている・・

裏表が親子で上手??・・??

父親は兵庫県の役所で資産管理係・・

上の弟のお嫁さんの指示を聞き

まず一番に

母が入院した時も

彼女はまず、上の弟のお嫁さんに連絡・・

結婚当初、天校へ自転車通学していた娘に

お土産がてら近所にすんでると言うので

行かせたが

チンピラのサングラスをかけて

出てきて

廊下ですぐに帰され

夏でしたが

お茶の一杯も飲むとも言わずに

帰されてる

その頃、天高に戦後、大阪初の結核感染者が一人出て

エイズ・C型感染でマスコミが騒いでる時期)

へん??・・??

××※熊谷弘※

?竹村泰子

×辻一彦(盧溝橋事件を戦争へ拡大させた辻正信人脈??)

●額賀福志郎(橋本姓から改称)

この時期、皇學館大学長は岸信介(松岡祐介の甥っ子)

グリコ森永事件他、丸大、ハウス、不二家、駿河屋、NHKや若王子事件・・連続

当時の大阪府警本部長は四方修

その頃、

西田辺の長池小で一緒だった近所の寺前明美ちゃんが

結婚して受診して

四方姓に変わっていて

赤ん坊の写真と

自宅の家の写真を持ってきてくれてる・・??・・??

その意味がその頃、まだ分かっていない・・

1984:

6/5、竹中正久

(1933?85年1/27)、

?山口組長就任

組代行・山本広は反対

6/8、兵庫県警と姫路警察署、

竹中組事務所へ家宅捜索

6/13、山本広を会長に据え

「一和会」、結成

6/23、竹中正久、

山健組・渡辺芳則組長、

宅見組・宅見勝組長、

嘉陽組・嘉陽宗輝組長、

一心会・桂木正夫会長、

角定一家・木村茂夫総長

を若頭補佐にし

竹中武を竹中組組長

8/5?山一抗争?89年3/30

串本で

山口組松山組岸根組長・岸根敏春が、

一和会坂井組串本支部若頭補佐・潮崎進を刺殺した事件をきっかけに

山口組松山組 vs

一和会松美会

抗争がはじまる

一和会(一って私のこと??)坂井組(坂って明坂と永坂??)串本支部(古座の山本の叔父が

市大でヘンな死に方、術直後の心臓発作死?と関係??・・??)

なお・・

昨日、長女出産後、

新築の福島阪大に近い鷺洲第二団地に

纐纈先生の秘書役の方の紹介で

入居し

鷺洲の聖天さんによく散歩に行ってたが

昨日行くと

D58に

弘法大師というので寺化させられ

しかも色欲系の歓喜天だとかとても

古座へ出かけていた頃

途中で巨大な観音像や

珍宝館だとか大きな看板があって

家族にどうしても!一度何か見てみたいと意って

はいって

いわゆる・・

男女性器のかたどったものが

アホほど沖地らがしてあって

みんなにヘンなことを言い出すからやとおこられたことがある

その時、こんな恥知らずをしてえfるなんて

どんな人だろうかえfと受付の女性をみて

とても印象的なお顔だって

それが益川氏夫人系のお顔で

色欲系のお口元が気になったのですが・・

一昨日、長女出産後、

労災HP官舎から

阪大に移ったとき

住んだ鷺洲第二団地の聖天神社を久しぶりに訪れると

S58に新たな石の鳥居が建てられていて

真言宗弘法大師と彫られ

『歓喜天』が奉られていて

様子が全く変貌していた・・??

歓喜天←韓奇天←王奇天??・・??

(王奇天は関東大震災時には

マフィアから足を洗いたいと願っていたそうで

その交換条件で

上原陸相の元で

渡辺氏に生物兵器技術を伝授したあとで

渡辺氏に成りすましたという記事があったが・・??)

また、同日、本来は

穏やかな海の国際港だったために

海外から潜入がひどくなった澄葦浜(住吉浜)を

国際港とせずに

荒い海を国際港と変えて

海外の迎賓を

迎える外務省的な建物が

現、天王寺(天王の寺・・つまり・・現、四天王寺)が建てられ

現、岸和田神社にも娘を嫁がせてる有力者だった岩氏一族(阪大生理学者の岩間先生の祖先??・・??)が

最初は

『浪速の宮』建設を進めたが

途中で明系侵略者らが

岩氏に

マッカツらが上流で叛乱させてた長良川が

岩氏が

『神の怒りに触れてるからだ』と反論した言葉尻を取り??

人柱にするのに

白羽の矢を当てられ

人柱にされ

人身御供・・つまり・・仏教系の生きたままの生贄として

暗殺された・・

そのあとか前か羽分からないのですが・・

現、岸和田神社に

岩氏の娘が嫁ぎ

一言も話さなくなったので

オシだと思った夫は

離縁しようと送り返そうと信太山を歩いてる時に

雉をみつけ討って

(雉はヒミコ時代からの国鳥だから

これを撃つということは明系マッカツがすでに

岸和田城を占拠していたということ??)

その時に、娘は胸を痛め、

和歌を詠み

それを聞いた夫は妻がオシでなかったことを悟り

妻の身に起こった悲劇を知ることになる・・??・・??

何が言いたいかというと・・

浪速の宮だったのが

難波の宮とされ

浪速なにわが

難波ナンバに改ざんされていったことが気になって

昨日、鷺洲に行く途中に難波ナンバ神社を通りかかって

途中下車すると

正面ではなく横ちょだが立派な鳥居があって

石灯篭まであり

『履物商組合』が建てた随分と立派な石灯篭が左右にあり

そこに

リーダーとして

正田氏と竹内久七なる人物の名が他の諸々とは別に彫られてる・・

かつて

山坂にいた時、ミズノのフィットネスに通ってた頃、

阪神大震災前後、

阿倍野区役所の前の通りを

堺に向かう通りで西田辺の『吾作どん』があった近くに

レンタルビデオ屋さんがあって

バレエや

ジャズ・ダンスや

ビデオを借りていたお店があり

そこで借りる時に

免許証のコピーを取られていて

でも・・

阪神大震災後、やがてそのお店も吾作どんも

別の店になって倒産してしまう・・

そのあと・・

まだ山坂にいる時に

ちょこちょこ、

投資の誘いの手紙で

○株という聞いたこともない会社への投資話を

あなただけにおおしえしますという

いかにも胡散臭い手紙が最初は離婚した夫宛に

2?3回来て

無視していたが

次は、

エロビデオ(決して!レンタル屋さんでエロビデオは借りていないのに!)のダイレクトメールが

私宛に2度も東京から送られてきて

それも無視してると

次は、

とうとう!毛筆で書かれたおどろおどろしい封書で

レンタルビデオの延滞料を数十万といって

私の免許証のコピーを同封し

すぐに振り込まなければ

裁判に訴えるという内容で

これには驚いたので

消費者センターに相談すると

その手の詐欺が横行してるので

決して応ぜず、

たとえ電話が掛かってきても

無視してくださいというが

兎も角、気持ち悪いのと

あまりに胡散臭いことが続くので、

(この間、ご近所の方からお聞きしていたのは

隣の橘さんのマンションに

昔から鶴が丘にいる禿頭の(ゴメン!でもこの辺りには

私がお聞きしただけで3人の山口系のボスなので

ご近所では″はげ頭の”で通称していた!)ボスが

新築(4階建てだけれど一階は駐車場)

当初から入居して

引越してきた時に

子分たちの車やオートバイが並んだそうで

(当時、私は仕事に知らなかった)

斜め向かいの老夫婦(元・大阪ガスの工場長)も

お隣の2階??に

一室借りられ

遊びに生かせて頂いたのですが

そのお部屋に真正面の自宅から引越しの荷物を運んだらしたときに

その一人の車に当たったかで

救急車で運ばれ

チンピラがバイクをふかし

騒ぎ立てようとしたのを

武田さんちの一番下のやんちゃ坊主の僕が

(お兄ちゃんはやさしい人徳者タイプの優等生)

じっとその様を見ていて

警察が来た時に証言してくれたそうで

それで

暴走しそうだった騒ぎが

しぼんだことがある・・

お風呂屋さんのところから

我が家の長屋の裏の路地(勝手口側)と

その裏にある木造アパートとが路地で

繋がっていて

皆、子どもたちは

お風呂屋さんの通りへ出るのに

その路地を使っていたのですが

アパートの我が家の勝手口の近くに

住まれていたおじさんが

あるとき、亡くなって警察が来られていて

その時、別居?別れた?奥さんという30歳後半くらいの女性が

荷物の片付けにこられていて

そのあと、

先天性の障害を持ったお子さんを2人いらした(遺伝性だとおっしゃてらした)20歳代の独身女性と

もう一人50代か60代の一人住まいの女性だけになって

その60代の女性が

あるとき、勝手口から

中華のカレーを作ったのだけれどと言って

一人住まいであまったので

どうぞというので

持ってきてくれたが

『中華のカレー』??ってよくわからなく

何となく、お口と手も不便のようで

家に来てほしいようなことをおっしゃったのですが

(当時、お風呂屋さんの前にあった戦前から

山坂で籐製品を作ってお店をされてた当時、100才??の大変な一人暮らしのおじいさんのお店に布団たたきを

作ってもらったときに

お食事がスーパーだかでパックのお豆さんを買ったのを

少し食べて

お店の端っこにおいてあったのが気になって

お店に行くと

いつも奥の裸電球が明々とした作業場にいらして

もくもくと作ってられて

何となく、

子どもたちに触れさせておきたい本来の日本人の姿に感じて

しばしばお風呂帰りに

娘たちとお店をたずねてしばらくおしゃべりさせてもらった

喜んで出てきてくださり

お話をして

私は病院にも行かれてないというので

我が家には通院が日課になってるお年寄りが多い中

とても驚いて

でも

この世が楽しくて仕方のないというような目をされ

区役所で高齢というので表彰してもらった時の

お湯飲みとかを見せてもらったり

ひとつも一人というので寂しくもないというこれも

子供時分からお会いしてきた神道の方たちに感じる生きることへの無上?真の充実感?幸せ感を思った

16で心斎橋だか?高麗橋だかにぎやかな所の丁稚奉公から

独立し

鳴門台風だったか伊勢湾台風だったかで

山坂に引越してこられたそうで

昔のお話をして下さった

偶にお風呂屋さんへ娘と出かけた帰りに

立ち寄ってたのですが・・

また、ガール・スカウトの活動として

もと、カトリックの整肢園にある孤児院?で

ボランティア活動があって

きっと??

私がボランティア活動家だと思われたんだな??と思いながらも

子どもたちのことも気になっていたので

何かしら恐く感じて

どうしても

家に来てくれ、と言って一時間近く

肌寒くなった時期に頑張るのですが

今までどうされていたんだろう??とか

気になって

恐くなって

今、どこかに出かけないといけないとか意って??

お断りしたことが何回かあった

私は何となく・・

何か欲しいからカレーを持ってきてくれたんだろうと

思って、

台所にあった残り物のおかずとおにぎりを

お渡しすると

帰ってくださった・・

その方もどこかへ引越されたのか・・??・・??

とうとう!

空き家となって

お風呂屋さんのお嫁さん(とてもしっかり者のおばあさんが

し切ってらしてときには

小さな花壇の世話をされてる時に

ご近所さんとお話ししてらしたのですが

ご子息が車椅子でいらして

お嫁さんはきれいな方でしたが

お嫁さんの代になると路地が閉鎖され

武田さんちのぼくたちも

お隣のマンションの駐車場を横切って

お風呂屋さんに行ったりしていて

子どもたちも自然と通り抜けさせてもらってると

ご近所で

そこのご主人や奥さんがお掃除に来られるようになってからは

子どもたちがそこを通ろうとすると

『ドロボー、警察に言うぞ』と怒鳴るという噂を耳にし

それでも武田さんちの下のぼくは通りぬけしていて

ご近所で同じクラスの男の子は

ほうきを持ち上げて追いかけられたとか

その頃、そういう野良猫か野良犬を追い払うように

子どもを扱わないものですが

ひどいから気をつけるようにと忠告いただいて

そのマンションがまだ青空駐車場だった頃と、

電信柱の位置が我が家よりになって

そこにお隣のマンションのボスが事業ゴミや

生ゴミをゴミの日でないときにしばしば置く様になる・・

盗難自転車を乗り捨てていたことも

6回以上あり

そのたびに東住吉警察に相談するが

″無し”のつぶてで

(日本神話で

黄泉の世界から逃げ帰る時に

桃をつぶてにしたというので

和歌山の荒川の桃が特産されたが

実は!梨の礫ツブテだった!?)

府警にも相談に行ったことも何回かあるが

結局、地元警察に伝言されるだけ・・

マンション建築は大成建設だって

(統一教会の文鮮″明”が戦中、日本で

留学生として地下工策していて

終戦前日かに

朝鮮へ渡り

大成建設のソウル支店に就職?在籍している

かつ・・

大正製薬の保養所は大成建設が建てていたと思う

大村昆ちゃんが昭和期、永く、

オロナミンCのCMをしていて

プロパーさんにもらったり

比叡山も伊豆も両方の保養所に招待していただいて

私にはとても豊かな休暇を満喫させてもらった想い出があるところですが)

境界を打つというので

私にここでいいですねと言って

一方的に決め、

今、持ち主の母が入院中ですのでといって

取り合えずというので

当時、まだリーガル・マインドが皆無だった私に

父の名でとりあえず署名しろといったが

その工事のボーリングの地響きは頭が痛くなるような音で

前栽に一メートルの大穴が空いてしまったほど、

地下水脈があったところに

埋めていた土が流れ

元もとの井戸の穴が出てきたんだと

ご近所の元日銀お勤めのおうちに育ったというおばあさんが

教えてくれた

(このご子息も籐の敷物の御商売をされてらした)

駐車場は広くてずっと空きっぱなしなのに

我が家の換気口めがけて自動車の排気ガスを

ずっとふかしていて

床から涼しい風が吹いてくる踊り場などから

排気ガスが回り込んでくる・・

そして、我が家の床下換気口を土盛りして

水溜りになるようにし

再び、シロアリが活動しやすい状態にする・・?!?

山坂の家を買ったのは

西田辺に古くからあった国輝商事さんの

要領のいい営業の人(もう一方が我が家の患者さんで 誠実な方で母はその方に相談していたのですが

この頃、要領のいい人が

母の気に入る物件を立て続けにもってきていた

お家を見せてもらう時

国輝さんの担当者と

相手方は山口系のいでたちの2人が

所有者という少し障害をもってられてるような方とが

家の前でいらして

気になったのですが

国輝さんがいらしゃるというので

母と私は吉田さんという方から

その長屋を購入・・

もう一人の方は

土建屋さん件左官屋さんの上に建ってるマンションを紹介して下さったのですが・・

これも・・今振り返ると

実は山口系の人脈図に関係していた??・・??!?

この吉田さんちは姉弟が住まわれていたが

お姉さんが亡くなられ

弟さん一人で住まわれてたが

その弟さんは片方の指が切り落とされていて

それを歩いてる子どもたちに見せるというので

有名だって

お姉さんは学校の先生だったそうで

我が家が見せてもらった時は

タイルの流しも奥のお手洗いも

割られていて使えない状態になっていて

二階はねずみのフンだらけ、

一階の居間の柱はどういうわけか??

人間の爪?でかきむしったような跡があり??

とても不気味な感じがしたのですが

リフォームは

森美鶴さんという大阪ガスのかつての

支社長さんだった診療所の昔からのご近所さんに

その頃、いらした大工さんですが

最初からあちこちか4箇所以上から雨漏りがして

何度、見てもらっても一向に直らない・・

そして母が購入直後に入院してしまうので

入院先の母と相談してリフォームをしてもらうのですが

今振り返ると・・不誠実・・??・・??

(一見!誠実そうですが

今、診療所の前の居宅だったところは

そこのおうちが母に借りていて

プランターが道路一面に並び立ててる・・!

ヘン??!?)

あまりに雨漏りがあっちこっち、直らないので

違う大工さん(この大工さんが

実は!もう一人の国輝さんが紹介してくれた左官屋さん?!?建築屋さん)に見てもらうと

本当に屋根にあがって

(森さんは屋根にも上がらずに家の中と

外壁のシーリングだけ??!?不誠実極まりない!?

しかも!母も驚くような

ピンク色の外壁を塗ったり

居間の壁の色もとてもヘンな緑色で

階段や玄関口は綿壁にし

古い土壁も床板もそのままで

上からベニヤを打ち付けてる・・?!?)

すぐに台所や洗面所や居間の天窓に漏れてるのは

小屋根のところに雨が伝って回り込むようになってるからだと言って教えてくださり

すぐに雨漏りはなくなった!

シロアリだけは

購入当初から玄関にすでに痕跡があったので

気になってたので20万円別途かかるというが

お願いし

武田のキシラモンの保証書があるのに

数年後、勝手口や脱衣場が朽ちてくるので

山坂神社のところにある日本最初にできたシロアリ屋さん(法隆寺を日本最初に手がけてきた)に見てもらうと

今は大丈夫だが

次ぎ着たときには床下にもぐれるように床を破って

処理しなくてはいけないという

(森さんの工事で

家の中から

床下にもぐれない状態になっていた)

で、武田製薬に保障期間ですがと問い合わせると

番号がまったく、架空だったことが判明し

そのシロアリ業者が

武田のキシラモンを語って

実は別処理していたことが判明・・

森さんは自分は無関係だという・・!?

そういう時期を経て

小渕政権期、

ヘンな振り込め封書が届き

かつて震災前後に時々借りていたレンタル・ビデオ店に

渡した私の免許証コピーまで持ってるというので

その封書にある広島の住所所管の警察に問い合わせ

実在する会社(『東洋』?『国際』○○?管財とかいうおどろおどろしい名前だった

その後、

別の形で電話番号も送られてきたことがあり

送り主名が変わって

同じような文書が何度か来たが

兎も角、現地警察に

そういうところには

その会社が実在せず、

私書箱の住所だったりしていて

そこで今度は

その地域担当の郵便屋さんに事情を言って

教えてもらうと

色んな名前の会社名がテナントのポストにあって

実際にはそこのオフィスは使われていないということで

しかもレンタルされていて

本当も持ち主がどの社名なのかもわからないと言うこと 私書箱も

夕方、バイトの青年が

引き取りに来るだけで

その社員や経営本人ではないようだという事

すぐ、電話しろというころには

度胸が据わり始めていて?!?(爆)

最初から

相手の会社がどこに実在するのか

教えてほしいというと

急に切る・・ヘン?!?

さて・・

岩氏の話に戻りますが・・

その後、

明系侵略勢力らに

白羽の矢で人柱・人身御供(これが大阪府か大阪市かの

『身を尽くし』の由縁だと小学校の時に習った)に選出された岩氏が建設していたのは

浪速の宮であるはずが

のち、明系?マッカツ系?侵略者らが

難波の宮に改ざんし!?

天王の寺だったところも四天王寺にしている??

先日、経団連会長に住友の米倉氏が選出されたが

これも『白羽の矢』(矢)は朝鮮系の明系マッカツ勢力らの軍神??シンボル??

白羽の矢・・・・

本来は

『白』神道では

色付けしない白木、つまりは

素のまま!が神(大自然)は好まれるということで

『白』(彩色、染色してないという意?)いのと

朝鮮系明系戦争勢力の『矢』信仰とを引っ付けて

「白羽」

明系ら土木建築の侵略者らが

建築の反対者らを

人柱として領主や神官に命じ?

その人の屋根や軒に誰も気づかないうちに

こっそりと白い矢を立て

神の思し召しとして暗殺していたのを

『白羽の矢』というのが原義・・??

話は戻って・・

で・・

結局、私の免許証のコピーが良からぬ人物らの手にわたってるというので

それから

倒産したというビデオ屋さんが

実は日本橋の靴屋さんの息子さんがなさってらしたと聞いて

お電話してお聞きしたが

全ては売却したので

自分たちは一切、分からないとのことだった・・

さて・・

日本橋というと

天王子区役所のシルバー担当の今井氏から派遣されてきた岡本さんが住んでるところ・・

靴屋さんというと

難波神社の灯篭に刻まれていた履物商組合と

関係があるのではないだろうか??・・??

ミユキさんは

いつも懇意にしてる靴メーカのひとつが

モネの睡蓮をモチーフにした幸町?南海電車の難波近くの靴メーカー・・・

昔、レナウン?ダーバンだかの

株主招待会で

手袋や生地(初めはレナウンは手袋屋さんで

のち。生地も置くようになり

衣服メーカーになった

手袋・・・足袋は大阪では辻本氏の福助が戦前からアヘン時期には確立??・・??)

そして・・

その大きな石灯篭を寄付した代表者的な名前が

正田家と竹内家になってる!?!

しかも竹内には『久』(今井宗久系で天王寺屋津田宗及にすり替わって利休に成りすまし??

千家を始めた人物・・??・・??

代々、滝川系民主主義『杉』勢力が

彼らの侵略政略に苦労してきた輩・・??

どうも・・

この石灯籠は百年も経っていない様に思える・・

ひいじじの頃??

つまり・・戦中、在日していた朝鮮系の明系マッカツらが

正田氏や竹内氏を名乗って

のち、

すり替わろうという魂胆の下準備をしていたのではないだろうか??・・??

難波神社でしばらくメモしていて

そのあと、鷺洲の方に向かおうと大通りにでると

私めがけて黒いトヨタの電気自動車?がサッと威嚇するように

割り込んできた・・

つまり・・

この神社あたりをウロウロすることは

彼ら山口系にとって

迷惑なこと・・??・・??

また、母と同居してるお嫁さんが

子どもに行かせてたパドマ幼稚園PTA仲間で

母に紹介し度々会わせていた人が

一度、母の留守中に来ていて

その車は

真っ黒で

しかもガラスが前横後ろも

全てが真っ黒で中が見えなくなっていて

私は日よけで

トヨタさんにガラスは何とかできませんかと尋ねた時に

トヨタさんは

法律で禁じられてるとかおっしゃってらしたと思うので

こういう前以外は皆、真っ黒というのは

ヤクザしかいないと思っていたので

気をつけた方が好いと言ったことがある・・

彼女が母に

うちにはなかった火鉢をシャッター前のところに置かせ

他方で

シズエさんに

木製の滑車がおじいちゃんが買ってたのがあるよと言ってたのに

とても汚らしい!?!火消しつぼを持てといって

何か、

本来は祖父と同様、無宗教主義者だったシズエさんに

高松女学校関係者が指示・・?!?・・??

ここ2年、つまり・・辻本氏がUFJを退職してから

家族で旅行するのが楽しみでしたが

その頃に、

お嫁さんのパドマ幼稚園仲間の女性が

もう不必要というので

火鉢を自動車で割って

捨てた・・

(私には・・

自分たちの手を決して汚さない明系黒幕の特徴を

前提にいきさつを考えると・・

生真面目な?人たちが

カルト通じて

このお嫁さんたち(でも上の弟のお嫁さんが下のお嫁さんに指示してる流れ図はある

橋本?福田家>小林家>次女>長女>父・・

母が入院するまでは

小林家と次女との間に

母が入っていた・・!?)が

したいと思ってることを

宗教シンボル通じて

善処するように利用??!?・・??

で。どうも・・お嫁さんたちが言うような人物や

親子関係ではないということが

実は旅先での情報で伝わってきて

彼女たちも

方針転換せざるを得なかったというのが実態・・??・・??

一昨日、私が病室を出て

犬の散歩(家に帰るまでに一度トイレさせてやるのが習慣)させてるのを確認連絡して??

このパドマPTAでの友人は母に連絡を取り

翌日、火曜は

父が来なくて

岡本さんが1時までの契約なのに

四天王寺の特養のケアマネ関係から

″大谷”博子さん(戦争前夜の大谷探検隊、

神道で仏教系過去帳などあるわけもないのに

永坂の祖母の家の位牌を

祖父死後、

創価学会系でパイロゲン系黒人女性ミトコンドリア説の信奉者の一番下の叔母と

出来ちゃった婚で離婚して入籍し、

その後、大工見習いと看護婦さん夫婦だった奥さんのお兄さんを

小さな診療所なのに

事務長として雇って??

(事務関係をしてこない大工サンなのに??フシギ??)

開業医としては

ご近所の方たちが我が家まで

(今、振り返ると・・心配して下さって連絡がてら

受診して下さってたのでしょうが・・)

来て

診療内容自体はダメで

叔父も患者さんは部落系の嫌がらせする人が多いとこぼしてましたが・・??・・??

実際は・・ヤクザ同志の嫌がらせをされて他のではないだろうか?・・・??

父は学生時にはレントゲンしか習ってなくても

心電図、超音波、電気鍼灸(母が低血圧で虚弱だったから

父は不随意神経失調症治療にも前向きだって

八尾だったか東大阪の東川先生のところに

カイロプラクティックも学びに行っていた・・

ホルダー型の心電図も常備していて

専門医や教授の講座には必ず出席し

理解しようと頑張っていて

どういうわけか??誘われて

一度、父と一緒に出かけて

一緒に話を聞いていたこともある

北村先生のセミナーで一対一で受けて

父の頃には心臓外科など想像もできなかった分野で

分かりやすく教えていただいて

とても光栄にして

それから

しばしば、何長引きそうな病気の疑いをもつと

府立病院へ紹介状を億劫がらずに書くようになった・・

話は戻りますが・・

とにかく!永坂の位牌を

大谷が

全て納めさせて?取り上げて

その時に、

仏教系の過去帳を引き換えに手渡してるという・・

(母は受け取っていないと

まだ、国立大阪時の判断も寛政や周囲への配慮も

母らしい健全な時点で

ただ・・生物的な視野は狭まっていたことは確かですが・・・

健全だったときに

母が入院してかrあ急に

作ってもいない位牌が6つも出てきたこと含め

明言している!)

この位牌は

エレベーター踊り場の

パイナップルの缶詰を送ってくる箱の中?出てきたそうだ

このパイナップルは・・・・

旭食品?

高知市南はりやま町2-15-5

輸入者:タイ

神戸真田貿易?

神戸市中央区御幸通6-1-4(ミユキ!)

おなじくパイン缶で明治のものと二種・・!??

明系とミユキ系と高知系とタイ・・

次は真田系が新たに加わったが(笑!)

パインは確か・・タンパク質の一種であるゼラチン分解酵素があるが

母とほんの一部の患者さんだけしか

むくんでないのに

母の左両肢はずっと!効率大阪で

夜のトイレに東さんだか看護婦さんに付き添ってもらっていて

額、すね、ひじまですりむけるまで

こけてから

(最近、母はこけたのではない、

壁で打ったといい直してるが

左から崩れ落ちるようにと当初言ってたので

左側には壁がなく壁は右側だった)当時、立つこと自体 できないし

車椅子に座ることも半時間が精一杯の状態で

車椅子で入れるトイレは

決まっている!)

以降、

翌日、体の芯に棒になるようだといって

全身震えだし

カイロや電気毛布をいくら強くしても

寒いと言った日が二日続き

その後からは

もはや、二ヶ月経つが

全く!

左手足はむくみが取れなくなった

一度だけ、むくみが軽くなった時に

指の関節が膨れて

母の手でないように痛ましくなって

指間接は赤く腫れてる

未だに左脇と恥骨関節の筋がとても痛む

転院日が決まった後のこの方関節骨折が

こけてから始めてわかって

レントゲンを取ったが

そのあと、転院した森ノ宮HPで

イジワルで乱暴者と評判になってる看護師が

母が転院した後、奪うように母の車椅子を

レントゲン科に運んでいってから

あと、骨折したままのはずなのに!

一度も!整形受診もしていないし

レントゲンも取っていないし

転院当初移したはずの!?

レントゲン説明も主治医・三原氏(淡路に三原郡というのがあったが・・??・・??

彼は国立大阪の朝鮮系美人の主治医を

大学で指導した立場にあったという

昭和期の一外の噂では

脳神経内科には臨床医として人格的にどうなんだという意味の個性的な人物が珍しくないということも聞いたことがある・・?!?

基本的に暗記力がないと無理な分野のようでづが・・??

アリストテレス系思考法??・・??に偏り勝ち??)

国立大阪の主治医は

退院時の整形所見を

新米の『許】drに予約を入れたが

w私は

病院としての責任で

これまで部長をされてきた先生の受診と

説明を依頼すると

この主治医は

判で押したようにそれは出来ないと繰り返すばかり・・

整形の窓口で待って

部長のスケジュールを聞き

手術から出てこられたところを

捕まえてお願いしようと待っていて

直訴しようとした・・

結局、うまく会えないし

スーパーバイザーの先生を回診されてるときに

何とか捕まえて

これは譲れない!

母は『許】されるような悪いことを

人様にしてきたことはなく

反対に!

ミユキさんや仏教系の今井氏、大谷氏ら

葛城神道系と連携してる大門一家と橋本一家(福田家?)とがしてきた悪事を

どうじて!母が代わりに!

制裁をのように受けなければならないのか?!?

朝鮮人は

明系マッカツらのアヘン資本のうま味を

吸うために

協力させられてきた人もあるだろうし

してきたのだから

民主主義社会の為に戦ってきた栄系を

卑劣な拷問に合わせて

一対!何を目論んでるのか??・・??

大谷仏教が絡んできてるところで

永坂の流れを汲む(ひいじじは当時、実業の一応は

成功者だったのに

永坂をとても大切にして

永坂の女紋は

丸に橘ですが

祖父・民一は

自分も丸に橘だといって

ひいじじが

北久宝寺で?本町で小間物屋を始めるの意あたり

養子になった竹内に

盛ってきた一升の重箱の紋とは違う・・

ひいじじの重箱が

ひいじじの後を継がなかった祖父が持ってること自体が

フシギで

祖父は

裸一貫で姫松?帝塚山中2丁目から

単身で家出して

まず駒川商店街の竹内という文具屋さんの世話になって

あと、酒井サケイ氏の紹介で

矢田の長屋を見つけ

母と祖母たちを連れに来たはずで

それを

ひいじじのお重だと言ってるのは

どうも・・

明系の手先として騙しやウソが多いできちゃった婚の叔父が

勝手に言ってることだろうか・・??・・??

また・・

今、昭和32には祖父はミユキさんと離縁し

ひいじじも昭和36、ミユキさんときれい別れたのを確認してから

熱海へ出て行ってる・・

でも・・

その後もミユキさんは

自分が生んだ子の結婚の為に

私生児といわれないためにと言って

ずっと!籍だけはおいていて

しかも!本来は森下姓を名乗るべきが

竹内姓でいる

祖父が吉野に大和ハウスで平屋を建てたとき

もう、ミユキさんの子どもの結婚し

子どもも生まれてるので

いい加減にもういいだろうというので

坂東からの助言もあり

ミユキさんは

書面上でも籍が抜かれてるはずなのに

、まだずっと!竹内姓に執着してることの意・・??

また、ミユキさんの生んだ子が

駒川など5店舗に薬局を拡大させてる裏には

山口系の息の掛かった??白木屋だか??

居酒屋の経理をしていた人物と

孫娘が結婚したということがあるように思える・・??

結婚当初、

居酒屋が問題になっていて

安部期に不二家がのっとり状態になったときがあったが

その頃、

彼に矢田駅前にあった不二家の店を買い取って

させるとか言ってたが

当時、あびこの

不二家も

飛龍さんがされてるのだろうかと

あれ??と立ち止まったことがある・・??!?

あの不二家事件も不自然だったし

一方があったとき、すぐにスーパーを回ったが

前日から下げられていたと聞いた・・


(新たなAPG植物分類体系というのも歴史改ざんに利用されてる?!)









●47←シナ支那??・・??

●幸辰勢力の

三木氏(メタセコイヤ古代大杉?)、那須先生とともに

花粉だかの化石で出土品の時代鑑定の精度をあげてきた市大の粉川先生は実は和歌山の粉河??・・??

●神道の八幡信仰の山を

弘法大師の霊場礼状として

改ざんしてきたのが!?!

四国88箇所(88艦隊!?)の起源・・??!?・・??

極楽、金、大日、地蔵(蔵は倉とは違う)、楽、熊谷、法輪、切幡(八幡を切るの意??)、藤井寺フジイジ、焼山寺(拝火教で神道の山を焼き払った!?)、

大日寺(一の宮だった・・小一のとき、一之宮さんというお人形のようなすてきなクラスメイトがいた、

一益の一??)、

観音、国分!、平等(もとは廟堂で朝廷の意?表御殿?の

ビョウドウから永の時期に

関白の藤原頼通が

明系密偵??が朝廷を覆い尽くし

どうにもならないというので

別荘として建て平等院と命名し

表向きでは政治がディベート術に長けてる明系勢力に

たわめられるので

別邸で準備??

家康の駿府形式??・・??

岸信介の皇學館大形式??・・??

で造語?

仏教そのものが拝火教から派生して

民主主義哲学に対抗するために作られた前世あの世説で

人臣を奴隷化服従させるための手段としての宗教??・・??

宗派に無関係??・・?

百済の国から仏教勢力に侵略を受け続けてきた聖徳太子は

マッカツらの仏教を楯にとって

明系らのディベートに対抗したのが

天王寺や法隆寺??・・??

金剛、青龍(←清流神社?)、など阿波や土佐、讃岐など

四国のお遍路で

菅さんがお遍路していたのは

仏教系勢力であるということの確認を表明??

彼は実はミドリ十字に

エイズ菌混入した血液製剤を

大株主として

福田氏??福岡の福屋明太子資本家が

神道系?実は栄系のミドリ十字の元、731部隊関係者に

冤罪させて??!?

決着をつけた??・・???

丁度、次女が天高時分に

エイズ血液で感染した男性が

やけくそになって高知の色町で女性を買いあさってるとの噂が流れていた・・

また、労災時分、

毎日、ミドリ十字からたくさん!福屋の明太子をもらっていた頃、

すでに、

輸入血液からエイズ感染してるという噂は医者仲間では

確証できないものの疑惑の念をむけてる人たちがいて

しかも

血液感染の主なルートは

当時、槍玉に挙げられてる一外外科チームではなく

(というのは・・川島・北村教授までの

一外チームでは

世界一の厳格さで『清潔』を徹底、神経質だったからこその確信におもう

なぜなら!心臓外科をするということは

そういうことにとても厳格である絶対必要条件としてあったため)

石原裕次郎が亡くなったのも

梅毒性からという噂も聞いたことがあり

生物平気をつかわれたのではないだろうか・・??・・??

ともかく!

エイズ発覚当時、唾液や出血などやたら神経質になったが

実は!

血でも

動脈血にエイズ菌がつくことが大問題で

動脈血の出血?血管を痛めるオペを

異常に気安く!?気軽に手がけてきてるのが!

実は歯科治療・・・

以前、大阪歯科大で親知らずを抜いてもらったことあるが

医師自身が感染から自己防衛するのはしっかりされてるが

清潔に対しての意識は

かなり低いのを実感したことがある

単科大学ということもある??・・??

しかも・・阪神大震災前までは

少なくとも!大阪での歯科開業のエリア調節は

大阪歯科大が権限が強かったこと・・

震災後・・

近大系世耕氏系?明系?仏教系?原発・電気系?のバックアップで

新設された私立医歯科大の医師や医学関係者らが

公明が厚生労働相となった時期に

大量に入っていることの意?実態?・・・??


弘法大師のr

さて・・・

に、小渕氏が


そんな音声テープを証拠にして

前の裁判を全面的に覆すことは

危険で

再度、別の観点から詳細に調べる必要があるのではないだろうか??・・??

DNAで菅谷氏逮捕に最終的に踏み切ったいきさつは

おそらく、、

菅谷氏周辺の関係者らによる事件であるにちがいないという確信があまりにも多くの点で

揃っていたからではないだろうか・・??・・??

どうも・・

実のお父さんは

その後の桑田選手のパトロンとなった人物(亡くなった人??明系山口系??)に

学校を

上之宮か

八尾市立成法中(成法・・成文法の定義づけで

民主主義勢力を縛ってきた歴史・・

カトリックの歴史にせよ

つまりは・・ソクラテス&プラトンに対して

アリストテレス的な定義づけ

宗教が占いなど僧の立場で

人間が神に成り代わって政策を打ち出していった時代の不幸、理不尽な遷都続き、土木建築仏像建設続き・・??)

PL(完全な自由)など

所属?学校の

母体で

何らか実のお父さんとの間で問題があって??

実の父が暗殺され

咲きなくなった人物が摩り替わったということはないだろうか??・・??

だから・・

事件直後の桑田選手のにこやかな会見があったのでは??・・??

何かしら成法校は

華龍校と分校してるようで

同和教育に力が入ってるというので

同和系のヤクザ系に蝕まれてきたというのではないだろうか??・・??


上之宮に行ったものの??・・??八尾市立



桑田真澄選手のお父さんは

週刊誌で載ってる人(桑田選手にそっくり)と

亡くなったと言う写真のお父さんという人とは別人に思う・・


[41]>38 冷静に書いたつもりでしたが^^; ex-0808

他のレスではちょっと熱くなったりもしてますが、ここでは冷静ですのでご安心ください。


逮捕による犯罪の増減がどれぐらいあるかは統計として表すことは不可能だと思いますが、私の理論は以下の通りです。

「冤罪をゼロにする方法は逮捕・起訴しない以外に方法が無い」

「誰のことも逮捕・起訴しなければ無法状態となり犯罪が増える」


>そもそも、「検察や警察が、冤罪を気にして、逮捕や身柄の拘束の手をゆるめる」という話はどこから出てきたのでしょう?


冤罪を100%完全に防ぐのは逮捕しない以外に方法が無いですよね(有罪のみが冤罪じゃないとして)。

となると、完全なゼロじゃなくても、要求される正確さが増えれば逮捕・起訴が減るのは当然だと思います(日本では有罪に出来ないと判断されたら起訴されないですし)。


逆に、「検察が慎重になることなく冤罪を減らす方法」があるのであればぜひ教えて頂きたいと思います。


>これも、一番はじめの返信にも書きましたが、100%冤罪を防ぐことはできないでしょう。でも、間違えたのなら、間違えたことは、率直に反省しなダメでしょう。みなさんが個々別に述べられているような改善策をとっていくのが、普通じゃないでしょうか?


そう、ですから具体的にどうするべきなのでしょうか?

質問でも書いているように、私も冤罪は防ぐべきですし、反省し改善策を考えることは当然だと思っています。

ですが、足利事件については現実的で具体的な案は今のところほとんど出てきていませんよね。

質問の本旨は「足利事件はどうするべきだったのか」なのです。


>間違いに気がついたのなら、積極的に冤罪を晴らすことにも協力すべきです。そして、結果として罪をかぶせてしまった人間には、できるだけの謝罪、贖罪は必要じゃないでしょうかね?


もちろん最低限組織の上層からの謝罪は必要だと思いますし、法律に基づいた保証金も支払われるのが当然だと思っています。

私は別に「謝るな」なんて言っていませんよ。

ただ、謝るだけなら誰にでも出来ますから、今後の対策としてどのようなことが出来るのか現実的な案を出せるのかが疑問なのです。


[42]>39 酷い話です ex-0808

そして世間は本質を見失って検察批判をし出すからいつまで経っても解決する気配が無い。


「現行犯逮捕→取り調べ」

まではどうやっても防ぎようがないわけで、

取り調べで自白をしやすくなってるのも

「帰れない→周りに知られて仕事をクビになる」

から誘惑に負けて自白してしまう人が多いわけで。


時間がかかっても周りから理解されて普通に社会復帰出来るのなら無理に自白する人もほとんどいなくなるでしょうし、まず改善すべきは報道の仕方だと思うんですけどね。


[43]冤罪はあり得ない‥ tamo512

逮捕されるのは仕方ないとしても、決定的な証拠がないなら、もっと早く釈放されるべきだったと思います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ