人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【コンピュータ技術者がなっとくするコンピュータ侵入小説】
-コンピュータ(ネットワークを含む)に侵入して悪さをする、といったフィクションは
今ではありふれています。
-しかし、その侵入技術を見ると、「要するにパスワード破り(もともと知っている人の内通をふくむ)」か、「天才ハッカーが他人の知らない技で」といったものが多く、興ざめします。
-そこで、コンピュータ技術者をうならせるようなフィクションを紹介してください。

●質問者: sibazyun
●カテゴリ:コンピュータ 書籍・音楽・映画
✍キーワード:コンピュータ ネットワーク ハッカー パスワード フィクション
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● hidesuke
●20ポイント

カッコウはコンピュータに卵を産む〈上〉

カッコウはコンピュータに卵を産む〈上〉

  • 作者: クリフォード・ストール 池 央耿 Clifford Stoll
  • 出版社/メーカー: 草思社
  • メディア: 単行本

カッコウはコンピュータに卵を産む〈下〉

カッコウはコンピュータに卵を産む〈下〉

  • 作者: クリフォード・ストール 池 央耿 Clifford Stoll
  • 出版社/メーカー: 草思社
  • メディア: 単行本

フィクションかと言われたら微妙ですが……

実話をもとにした小説です。


冷戦下、大学のコンピュータに不正侵入されている痕跡を見つけ、それを追って行くうちに、国際的な問題へと発展していく。。。という内容。

◎質問者からの返答

「痕跡を見つけ、それを追って行く」がなっとくいくように提示されていますでしょうか。


2 ● kick_m
●20ポイント

むかし、これ読んでおもしろかったです。90年代の話ですが。

カッコウはコンピュータに卵を産む(草思社)

http://www.amazon.co.jp/

◎質問者からの返答

あ、人気がありますね。


3 ● kick_m
●20ポイント

>「痕跡を見つけ、それを追って行く」がなっとくいくように提示されていますでしょうか。

実話だというせいもありますが、だんだんにハッカーとの対決に主人公がのめり込んでいく経過がリアルで面白いです。ハッキング技術がうんぬんというより、90年代初頭のUNIXの文化がわかるという感じ。謎解きものではないです。http://www

◎質問者からの返答

ご説明、ありがとうございます。


4 ● nzg
●30ポイント

質問があまりに我が意を得たりだったので、思わず回答します。

興ざめですよね、ほんと。

あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)

あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)

  • 作者: テッド・チャン
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • メディア: 文庫

短編「理解」に割と真っ当なシステム破りが出てきます。

嘘のログイン画面を準備してアクセス権を付与されたユーザーのパスワードを盗み、それを使って内部データベースを参照する。もっともそのログイン画面を準備するところは「天才ハッカーが...」なのですけど。すみません。

ただ本書はそれ以外にもブートストラップやゲーデルの定理など作品の根幹が理系ネタ、かつ面白いという奇跡的な短編集で、思わずうなります。有名な作品ですがご存じない方、特に技術者のためにあえて薦める次第。


以下は参考程度ですが、

犯罪オンライン (1981年) (Hayakawa novels)

犯罪オンライン (1981年) (Hayakawa novels)

  • 作者: ジョン・マクニール
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • メディア: ?

手元に本が見つからず記憶で書きますが、メインフレームを使った犯罪を描く数十年前の作品。訳者はその昔 SE をやっていた荒俣宏で、訳者あとがきにはシステム全景が掲載されていました。確か真っ当なシステム破りがあったと思うのだけど...。


骨の城 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

骨の城 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

  • 作者: アーロン エルキンズ
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • メディア: 文庫

ミステリー界初(?)、ブラックベリーからグーグルで人探しをするシーンがあります。

◎質問者からの返答

*Ted Changの作品集、紹介を読んで見たところ、コンピュータ犯罪系以外にも

おもしろそうなのがありました。ありがとうございます。

*いやあ、「犯罪オンライン 」は、実は私があげる「なっとくする」小説です。

John McNeilの原題は"Consultant"、あるシステム監査を依頼されたコンサルタント

の主人公は。。。という筋書きですね。この作者も確かIT企業を起業した人でした。

*Google といえば、Street Viewで偶然(?)写っていたシーンから、なんて筋書き、

ないでしょうか。


5 ● otasuketyan
●1ポイント

ノンフィクションですが、4000年前に書かれた、聖書の創世記1章をじっくり読んでいくと

http://ja.wikipedia.org/wiki/

◎質問者からの返答

ええと、「じっくり読んでいくと」何がどうなって、それで

どうなって「コンピュータ侵入」になるのでしょう。

もう1回回答していただいて、なっとくできればポイントに

なりますが、そうでなければ、ポイントになりませんよ。


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ