人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

閣議決定の重さを教えてください。閣議決定できる事項はなんですか?
衆議院の評決にかけなくていいのは、どうしてですか。

●質問者: toitaiki
●カテゴリ:生活
✍キーワード:衆議院 閣議決定
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● ponta112316
●100ポイント

こんばんわ

閣議に付される案件の種別です

1、一般案件(国政に関する基本的事項等であって内閣として意思決定を行うことが必要なもの

2、法律・条約の公布

3、法律案

4、政令

5、議員提出法律案関係

6、人事等

閣議に付された案件は、閣議決定、閣議了解、閣議報告として処理されます

◎質問者からの返答

国会決議と何処がちがいますか?

国会決議をしないで閣議決定にできますが?


2 ● kick_m
●27ポイント

政府の説明

http://www.kantei.go.jp/jp/kakugi/index.html


3 ● shin50ro
●100ポイント

まず「閣議」ですが、内閣総理大臣が主催する会議のことです。

この閣議には

?毎週2回行われる定例閣議、

?臨時に行われる臨時閣議、

?閣議を開催せずに書く閣僚の間を持ち回って賛否を求めて決定する 持ち回り閣議

の3種類があります。

そして「閣議決定」は

「決定」「承認」「了解」

の3種類があります。

「決定」というのはこの中で一番重要で、法案などは「決定」されることになります。

因みにこの閣議での意思決定は、全て全会一致であり、秘密会ということで議事録等は残されません。

但し、何が決定したかとかは官報には載ります。

事項の例としては、郵政民営化法案等があります。

衆議院の評決にかけなくて良い理由は、

要するに、「首相決断」であり、政治家の選挙区で反対が強いだろう政策が実現されるに当たって、1人1人の政治家の格好がつくようにするためなのです。

すべてが政治の慣習ですよ!

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ