人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

やめたと思っていたプロバイダからの課金が続いていました。

情けない話なのですが、5年ほど前にやめたと思っていた
ダイヤルアッププロバイダからの請求が続いていることにやっと気がつきました。

当時、クレジットカードの期限切れの連絡がきて、更新しない場合はサービス停止するというメールが来て
ちょうど解約する予定だったので放置していました。
正規の解約手続きは行いませんでした。


それが5年経った今も引き落としが続いていたので、そのプロバイダがクレジットカードの有効期限を勝手に書き換えて
引き落としを続けていたのではないかと思います。

そのプロバイダは現在ほかのプロバイダに営業譲渡していて、
先ほど電話して、解約をしてもらったのですが、
それ以前のことについては、もらったデータに対して請求していただけでわからないし、
対応する気はないという回答を受けました。

私が正規の解約手続きをしていなかったことがそもそもの原因ということはわかっていますが
これについて小額訴訟を起こすのは無謀でしょうか?
相手は大手プロバイダです。

・徴収金額は約10万円です

●質問者: sarusaruru
●カテゴリ:インターネット 経済・金融・保険
✍キーワード:クレジットカード サービス ダイヤルアップ データ プロバイダ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/3件

▽最新の回答へ

1 ● pogemutaBN
●28ポイント

まず資料を集めてください。

更新しなければサービス停止というメールは残っていますか?

当時のプロバイダの入会時の規約はありますか?

それぞれが残っていることと、文面がサービス停止を明記していることがスタート地点となると思います。


2 ● km1967
●68ポイント ベストアンサー

「カードの有効期限」が過ぎていても、「カード解約」「利用停止処分」ではないので自動引き落としは有効です。

カードの契約条項をよく読みましょう。

訴訟を起こしても確実に負けます。

◎質問者からの返答

とても明確な回答です。ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ