人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

小・中学生を、実績がウリの大手の塾に通わせるデメリットを思いつくままに書いてください。
(個人塾に通わせるメリットを書いてもらっても構いません)

※月謝が高い・安いに関しては書かないで下さい。


●質問者: juku
●カテゴリ:ビジネス・経営 学習・教育
✍キーワード:デメリット メリット 中学生
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 42/42件

▽最新の回答へ

1 ● Asumo500
●12ポイント

デメリットといえば、消極的な生徒にとっては、

わからないことを質問にいけないという点が上げられます。

生徒数が多いため、ライバルが多く、そのストレスにやられてしまう生徒もいるようです。

また、通うのに時間がかかったりする場合は、通うことに疲れてしまい、

家での勉強時間が確保できないというデメリットも生じてきます。

http://www.benriyo.com/daigakujuken/yobikoujuku/ootejuku.html


2 ● ths93013
●12ポイント

塾の実績=即、成績UPとはいかないかも。


3 ● ttz
●12ポイント

・合格実績(合格者数)は、分母となる塾生が多ければ多いほど自然に大きな数字となる。一部の超優秀通塾生が、塾からの支援で合格実績を増やすために複数の難関校を受験して合格実績を重ねていく。実績数字はアテにならない。合格「率」は必ずしも高くない。

・1クラスの人数が多く、自分の分からない箇所の質問も出来ないままに授業が進んでしまう。少人数制や家庭教師とは歴然たる差がある。

・実力ごとにクラス分けをされるために、下位のクラスにしか入れない生徒はその時点で諦めかける。

・下位のクラスに入ると、当然教師も下位クラスとなるため、さらに上位と差が開く。

・大人数クラスのため、どこにでも必ずいる「授業を妨害する生徒」のせいで集中できない。授業中に騒ぐ、しゃべる、など。


4 ● rsc
●12ポイント

思いつくままということで、こちらはどうでしょうか。(^_^;

?子供が学校や学校の先生をバカにする。実際は、塾の先生になるより、教員試験に合格する方がすごく難しのに。

?塾の先生の教え方がうまいおかげで、成績がいいだけなのに、子供は自分の実力だと勘違いする。親の投資資金のおかげだとも気づいていない。

?受験パターンにはまった問題しか解けないのに、自分は賢いと勘違いした子供になってしまう。

まとめてみれば、勘違いした子供になってしまうことでしょうか。(^_^;

●教員試験合格率 : お役立ち情報

教員試験埼玉県

合格率のほうは、小学校は約32%、中学校は約14%、高校は約8%、養護学校は約19%となっています。

教員試験東京都

教員採用試験合格率は、小学校は約32%、高校と中学は共通で約11%、養護学校は約13%となっています。

http://www.mtosdata.com/2/kyoinsikengokakuritu.html


5 ● zuun77
●12ポイント

大手の場合、授業がシステム化されています。

平均値をとれば、学力の底上げという面では良いはずです。

ですが、当然個人の能力は異なりますので、一人ひとりにあった方法がとれないのが現状です。

はじめから勉強ができる子をさらに伸ばすことによって進学率を上げている現状があります。

経験談ですが、子供の能力を最大限に引き出すならば、情熱を持って教えてくれる講師がいるところをお勧めいたします。


1-5件表示/42件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ