人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

苗字のルーツについて調べています。

苗字の中には、発祥の地がはっきり決まっている苗字があるらしいです。わかりやすいものだと、「島袋」や「比嘉」のような沖縄県ならではのものがあると思います。

その他、沖縄県以外発祥の苗字で、ルーツとなる地域がはっきりとわかる苗字はどんなものがあるのでしょうか。

●質問者: fusa11
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:いもの ルーツ 地域 島袋 沖縄県
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● Asumo500
●15ポイント

苗字(名字)の起源

--------------------------------------------------------------------------------

氏や姓とは別に苗字(名字)が家の名として世襲されるようになるのは、平安末期からだ。氏という大きな集団のなかから家父長的な家族が独立して、独自の家名を称え始めたのである。

その一派に公家の称号がある。これは主としてその公家の住む地名をとって呼称としたものだが、男子が結婚して妻の家に住んでいた間は、当然これが父から子へ世襲されることは少なかった。つまり父子代々称号が異なったのである。

(藤原)

閑院冬嗣 -- 一条良房 -- 堀川基経 -- 小一条忠平 -- 九条師輔

しかし、やがて家長の住居である本第を中心にして、代々一家の本拠地が定まってくると、この称号も世襲され苗字として来ていされていった。

近衛・九条・三条・勘解由小路などはその本第の地名、山科・醍醐は山荘のあった地名、西園寺・徳大寺は祖先の建立した寺院名による。

また地方では、このころ在地の領主や中央から下ってきた官人による所領の開発が盛んに行われ、彼等は一方では自家の権威を示すため旧来の氏の名を用いながら、他方では自らの本拠地の名(myou)を一族の名称として名乗るようになった。名を字名(azana)としたことから、これを名字という。これが土地とともに世襲され、公的な家の名として認められていった。

このように、公家の称号にしても、武士の名字にしても、苗字の起源に土地の名に由来するものが多いのは、このような理由によるものだ。

http://www.harimaya.com/o_kamon1/seisi/sei_uda.html

◎質問者からの返答

ルーツとなる地域がはっきりとわかる苗字とどのように関係があるんでしょうか?


2 ● koyuki1970
●15ポイント

各県別のベスト5とその土地特有の苗字が解りますよ

http://www.harimaya.com/o_kamon1/seisi/ken/kenbetu.html

◎質問者からの返答

ありがとうございます。参考にします。


3 ● ミケ
●15ポイント

http://www.myj7000.jp-biz.net/1000/0100f.htm

日本の名前の由来と多い名前のサイトです。

抜粋?

○現在の苗字分布の大勢は江戸時代初期に形成されている。

いち早く鎌倉御家人となった島津氏は薩隅日の三国守護として領国下向するが、随従した家臣団に

鎌田、名越、二階堂、秩父、千葉、渋谷、足立、児玉、吉見、川越、豊島、宇都宮、梶原など関東発祥の苗字が多数存在する。


○岡山県の藤原氏の多くは、垂仁天皇裔氏族(和気氏など)と推定される藤原県主や藤原郡司の末裔と思われる。



そのほかにも多数の各苗字の出自が掲載されていますが、歴史的に主要なものだけであり、異説や他にも異流が多く存在します。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

このサイトはルーツもすべて書いてあるんですが、情報量が多すぎて目的によっては逆に使いづらい部分もありますよね。


4 ● ラフティング
●15ポイント

徳川=家康

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B7%9D%E6%B0%8F

◎質問者からの返答

とんちの聞いた回答ありがとうございます。


5 ● chinya
●15ポイント

探していたら、こんなん見つけました

http://homepage1.nifty.com/forty-sixer/bunpu2.htm

◎質問者からの返答

すばらしい!ありがとうございます。


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ