人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

昆虫にまつわる色んなうんちく話を調べています。

昆虫といっても広いですが、例えば
●プロにしか分からない「見た目には何の用途か全く分からない」道具がある
●虫にまつわる「へぇ?な話」→ 虹が虫偏なのは、昔中国で「蛇」・「龍」などと同じものと考えられたから
●虫を使ったサーカスがある
といった感じで。。

どんな情報でも結構です。
「えーそーなんだ!」ってビックリする情報、お待ちしています!

※とにかく、広く「虫」に関するうんちく話、トリビアを探しています!




●質問者: shoma22
●カテゴリ:趣味・スポーツ
✍キーワード:そーなんだ! なう なのは へぇ サーカス
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/6件

▽最新の回答へ

1 ● gon0604
●20ポイント

はるか昔から蚤のサーカスは存在しますね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%9F%E3%81%AE%E3%82%B...

以前、ビートたけしが新春かくし芸大会で虫のサーカスをしました。


2 ● Asumo500
●20ポイント

昆虫. 雑学(トリビア)

http://www.tp1.jp/trivia/074.html


3 ● IlO10l0Il
●20ポイント

http://www.town.kumakogen.ehime.jp/culture/museum/40trivia.htm

昆虫トリビア


「カブトムシの角の部分は頭ではなく胸」


4 ● tibitora
●20ポイント

こちらはいかがでしょうか。

http://www.brh.co.jp/seimeishi/1993-2002/03/ex_1.html

ナナフシ

触角のあるべき頭の先に脚らしいものをつけたものまで見つかることです。このことは、ナナフシを飼育して実験することで、しっかり確かめられたの です。 この昆虫の幼生の触覚を切断してみると、やがて起こるべき再生のうち、約30%では、元どおりの触覚ではなく、脚が作られてくるというのです。

「触覚転じて脚となる」この奇妙にもドラマチックな変化こそは、じつは今日の、遺伝子のはたらきによる形態形成・発生の研究の隆盛をもたらした基礎につうじるものなのです。つまり、ショウジョウバエでは、触覚の一部が脚の一部に転じたり、後ろ翅の退化した棒状の平均棍が翅に転じたりする遺伝的突然変異があるのです。そして、これらを研究することによって、形づくりにかかわる遺伝子の本性がだんだんわかってきた、というわけです。 しかし、ナナフシのパフォーマンスは、遺伝的変化を原因とすることなく、しかも高率に起こります。この、現在は忘れられた現象の研究が、形づくりの遺伝子発現の変化を知る新しい手がかりになることが大いに期待されるのです。


5 ● rsc
●20ポイント

こちらはいかがでしょうか。

●『 楽しい虫さがし体験 』 昆虫なんでもQ&A

昆虫の数え方は、ハエ1匹 ( ぴき ) とかチョウ1羽 ( わ ) とかいろいろな数え方をする人がいますが、どれが正しいのですか?

学術的には、頭 ( とう ) で統一されています。

http://www.nawakon.jp/tanomushi/home/qanda.html

○目からウロコ!数え方のナゾ:ジャパンナレッジ

http://www.japanknowledge.com/contents/material/kze/html/column/...

●虫の雑学 (社)農林水産技術情報協会

http://www.afftis.or.jp/konchu/mushi/index.html

●雑学No.074 昆虫|雑学の友

http://www.tp1.jp/trivia/074.html

●動画:動物:昆虫 | 雑学 Part2

http://wadai.iryou-zatugak.lomo.jp/?cid=54754

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ