人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

最近の新築住宅って、窓に結露しないのでしょうか? ハウスメーカーよって違う?? 横浜です。
マンション住まいなのですが、今日は 窓がびちゃびちゃでした。

●質問者: suzume_oyado
●カテゴリ:ビジネス・経営 旅行・地域情報
✍キーワード:ハウスメーカー マンション 住まい 住宅 新築
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 12/12件

▽最新の回答へ

1 ● qzu
●16ポイント

愛知県の尾張地区です。

平成17年(2005年)、全室に二重ガラスを採用してある新築物件を購入しました。

二重ガラスは結露しないという思い込みがあったのですが、暖房を使用する時期は、

普通のガラスと同じようにベタベタに結露してしまいます。また、窓からの冷気もあり

ますね。

◎質問者からの返答

断熱性能次第なのでしょうか・・・。ありがとうございました。


2 ● ノエル
●16ポイント

建築する際の施工会社によって違うと思います。

結露を防ぎたければ「結露対策用品」を買うしかないですね。

今はいろいろな対策用品があるので自分に合ったモノを購入して

窓に使ってみてください。


3 ● minicyan
●16ポイント

新築住宅ではないのですが、最近家の全窓を新しくリフォームした際に、結露等の対策として、窓のガラスを二重ガラスにしました。

その感想として、窓ガラスの結露の量は激減しましたが、窓枠の結露は全然改善されてませんでした。

◎質問者からの返答

窓枠は、熱が通ってきてしまうんでしょうね・・・。

ありがとうございました。


4 ● tibitora
●16ポイント

最新のものは結露しにくい構造をしているみたいです。

http://import.housingnavi.jp/i_housemaker/selcohome/0153560024.h...

吹抜けは素敵だけど寒くない? ところが北陸の厳しい冬も家中ぽかぽか結露もなし

「前の家は落ちついた雰囲気が気に入っていましたが、寒くて湿気が多かったんですね。新しい家は、暖かくて結露やカビに悩まされない住まいにしようと」。Yさんは、信頼できる友人の方からセルコホームを紹介された。「モデルハウスを見て好感が持てたのは、シンプルなデザインやぬくもりのある素材を使っていることでした」。詳しく説明を聞くうちに2×6工法の強さや高断熱・高気密による快適さなどを知る。

「でも実際に暮らしている人がどう感じているのかが気になりました。特にモデルハウスで感動した吹抜け。素敵だけど本当に冷暖房が効くのかなって(笑)。何人もオーナーの方にお会いしてお話を聞いたら、みなさんよく効くとおっしゃるんですね」。Yさんは他に気になっていた湿気や結露についても納得できる答えを得られ、建築を決めた。

高断熱・高気密の家は、熱を逃がさないメリットがあるが、汚れた空気や湿気が溜まりやすいというデメリットもある。セルコホームは「24時間換気システム」で常に空気を新鮮に保ち、湿気を室内に排出している。また、最も結露の発生しやすい窓には「Low-E複層ガラス・アルゴンガス入りカナダ製PVCサッシ」を採用。ガラス面だけでなくサッシ部分の結露も防いでいる。さらに、高温多湿な日本の気候から構造を守るため「外壁通気工法」や「基礎パッキン工法」を採用。常に構造や床下を乾いた状態に保ち、耐久性を高めている。

Y邸は玄関とリビングに吹抜けがあり、開放的な雰囲気にあふれていた。「この辺りの冬は気温が零下になることも多いんです。年間通して湿度も高め。でも、この家は外の温度や湿度に関わらず快適。雪の日に煮炊きしていてもキッチンの窓が結露しない。前の家では考えられないことです」。暖房を止めても暖かさが長く残っていて、家のどこも同じような温度で満たされているという。


5 ● hikozaemon1030
●16ポイント

最近の住宅は,シックハウス症候群対策のために,

建築基準法によって24時間換気が義務付けられていますので,

基本的に結露しにくい構造になっています。

今のお住まいで,結露でお困りでしたら

こちらも参考になりますよ。

http://allabout.co.jp/family/housework/closeup/CU20020128A/


1-5件表示/12件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ