人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

以下の2種類のクワガタについて、調べています。

●ミクラミヤマクワガタは、「木に登らない」。
全く飛ばず(飛べず!?)、1日ほとんど地面を歩き回っている。

→ このような生態を持つに至った背景はあるのでしょうか!?
例えば、「自然界ゆえ、天敵から身を守るために、いつしかこうした生態になった」など。


●メンガタクワガタは、ハサミで挟もうとしない。

→ 今のところ、調べていて、このクワガタは「ほとんど挟む行為をしない」と情報を得ました。

そもそも、この「挟まない」というのが本当なのかどうか、
あと、もし挟まないのだとすると、なぜこのような生態になったのかの理由。
例えば、「挟む行為を必要としない環境にいるため」など。


どちらかでも、ご存じでしたら教えてください!

よろしく御願いします!

●質問者: shoma22
●カテゴリ:学習・教育 趣味・スポーツ
✍キーワード:しかこ ほと クワガタ ミヤマクワガタ 環境
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 0/1件

回答がオープンされていません
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ