人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ハエのウンチにハエは止まるのか?的な
逆転の発想からはじまった くだらない研究とその結果を教えてください。

●質問者: maki5111
●カテゴリ:科学・統計資料 書籍・音楽・映画
✍キーワード:ウンチ 研究
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● IlO10l0Il
●32ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%B0%E3%83%8E%E3%83%B...

イグノーベル賞はまさにそういった研究に与えられる賞です。

「自分の足が臭いと思っている人の足は臭く、思っていない人のは臭くない」という結論


2 ● KHOUSE
●32ポイント

「天使は空を飛べない」英国の生物学者の研究に批判的な意見が続々。

http://news.livedoor.com/article/detail/4522065/


3 ● ucccoffee37
●16ポイント

生物学的には、成体は変化しないので、卵が先です。

つまり、鶏じゃない生物の卵から、鶏が生まれたことになります。

生命の始まりの時期における突然変異は進化論の基本的な考えです。

普通なら、奇形が生まれるのを、既存の種よりもより強く生存に適した種が生まれたということですね。

一方、神が創造したとなれば、最初から親鳥が存在したことになります。

最初の親鳥は卵から生じたのではなく、創造主が個別に作ったことになります。

つまり、卵が先か鶏が先かというのは、たんなるどうどうめぐりの話ではなくて、進化論と創造説のどちらを取るかという信仰もしくは哲学の問題に帰着します。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1410325...



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ