人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【不動産・賃貸】事務所物件を賃貸仕様としています。

「仲介手数料、無料!」をうたっている下記のサイトで、

http://of-tokyo.jp/

サイト上では言及されていないコストやリスクについて、教えてください。


●質問者: lsrlover
●カテゴリ:経済・金融・保険 生活
✍キーワード:コスト サイト リスク 不動産 仕様
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● minicoco044
●13ポイント

仲介手数料はあくまで貸主と借主の間に立って契約をまとめてもらうことによる手数料です。

ですから不動産仲介業者が大家さんも兼ねている場合は、基本的に仲介手数料無料になります。


また、空き室の多い物件は入居者をたくさんいれたほうがメリットがあるのか仲介手数料が無料になったりします。

その場合は単純に空き室対策としてです。

どうゆう理由で空き室が多いのかは、いろいろ物件によって理由があるかと思われます。

(築年数が古い、駅から遠い、北向き、家賃が高い、日当たりが悪い、騒音、など)

そもそも集客目的のためで、けっして物件が怪しいというわけではないと思います。


それから、名目が変わっているだけであとでいろいろ取られる物件もありますので気をつけてください。

初期費用を安く抑えるということは、退去費用が高く付く、家賃が高い、といった形でどこかに上乗せされていたりします。

ですので、よく考えてからお部屋選びをしてください。

◎質問者からの返答

ありがとうございます!

上記サイトの場合は、

不動産仲介業者が大家さんも兼ねて「いない」ケースと思われますが

(そもそも、ビジネスモデルがことなる)

その場合はいかがでしょうか?


2 ● angel_ring
●25ポイント

「仲介手数料、無料」はただ単に「貸主側から何からの形で受け取っている」と考えれば良いでしょう。

本来、賃貸仲介の場合は貸主に仲介手数料を請求できず、「広告料」などの名目で受け取るケースが多いです。

例示の場合、「一括管理」の形の可能性もあります。つまり、「入居者募集」だけでなく、「家賃の授受(場合によっては家賃保証)」「建物の管理(警備員の派遣も含め)」なども一括管理をしている可能性もあります。「手数料は家賃のx%」という形で契約していれば、管理会社としては「空き室を減らす=収入アップ」となるので、「仲介手数料」という形の収入を考えなくて良いでしょう。

「サイト上では言及されていないコストやリスク」については、直接、聞いてみるしかないでしょう。(可能性を列挙すればキリがないでしょう)


3 ● rotty337
●12ポイント

仲介手数料は貸主、借主のどちらから取っても問題ないので、貸主側からもらっているだけかと思います。

貸事務所などは現在空室率、値下率が高いので、貸主としては自分から仲介手数料を払ってでも定期的な収入(毎月の賃料)が欲しいということだと思います。


4 ● texmex9999
●25ポイント

結局、賃料に上乗せされているだとだと思います。

一括で支払うか、(知らない間に)分割で支払うかだけの違いです。

ただ、分割とは言え期間がありませんから、長期間借りると一括で支払うよりも損すると思います。


5 ● bom3150
●25ポイント

CMをしている某企業などでは初期費用は安いけど退去時に多額の費用を請求さられる…などはありますが、最近の不動産業界も景気の影響で売り上げが激減、少しでも顧客アピールを!という思いから無料にしているんではないでしょうか?

実際に足を運んで気になることは徹底的に聞いてみるのが不安解消になりますよ。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ