人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

空き地だった場所に建物が建ちアパートの共用廊下に明かりが入らなくなりました。今まで夜間のみ廊下に電気をつけていたものを工事して昼間も常時点灯するように変更します。工事代及び今後発生する電気代について一部でも請求する事は不可能でしょうか?

●質問者: mika555
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:アパート 工事 廊下 建物 空き地
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● tibitora
●27ポイント

こちらは参考になるでしょうか。

http://npo.house110.com/J110/J1~100/J110_56.html

隣に建設されたアパートによる日照問題

http://www2.educ.fukushima-u.ac.jp/~abej/law/shade.htm

日影規制Q&A・・・制定時の審議から

◎質問者からの返答

ありがとうございました。


2 ● km1967
●27ポイント

その建物が計画された時点で近隣に日照権の説明があったはずで、その段階で折衝しないとどうにもなりません。

http://www.home-knowledge.com/kouza/ko10.html

◎質問者からの返答

北側なので日照権の説明は特段ありませんでした、こちらも2階が真っ暗なのに不覚にも気がつきませんでした。

ありがとうございました。


3 ● keepsurf0325
●26ポイント

新しく建った建物は、建築基準法にのっとって、建築確認を受けているため、建築確認がおりたということは、その場所で、その屋根の高さで、きちんと許可がおりているということになるので、それによって工事代や電気代の請求は難しいと思います。

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S25/S25HO201.html

◎質問者からの返答

ありがとうございました。仕方ないのですね。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ