人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【イエはてな】“イエ・ルポ 2” #050

THEME:「趣味・思い出集め・収納法まで!〈我が家の幸せコレクション〉」を教えて下さい

「街を見渡せば、100通りの家族に100通りの家。家をのぞいてみれば、それぞれの暮らし振りが面白い!」と展開してきた“イエ・ルポ”の続編コーナーです。“イエ・ルポ 2”では、特にマチとイエ、人と家族のドラマやものがたりを語らっていきませんか?毎回のテーマに沿って、あなたのルポをご投稿下さいね!
豊かな暮らしを創っていく〈イエはてな〉のマインドで、みなさまのご参加をお待ちしています!


*回答条件* 下記のページをご覧になってご投稿下さいね!

「Welcome to イエはてな」
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080731

テーマ詳細とルポ例
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20100205

プレゼント変更ご案内
http://d.hatena.ne.jp/ie-ha-te-na/20080729


※〈イエはてな〉では、はてなスターを「おすすめメッセージ」として活用しています。ご回答頂く時にもご参考下さい。また投稿期間中はできるだけはてなスターのご利用を控えて頂けますようお願いいたします。
※質問は2月12日(金)正午で終了させて頂きます。

1265345875
●拡大する

●質問者: ie-ha-te-na
●カテゴリ:コンピュータ 生活
✍キーワード:2月12日 theme あなた いね おすすめ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 210/210件

▽最新の回答へ

[1]本の収納 powdersnow

小説や漫画、本を色々と読む人なので、収納には幾度と無くアタマを悩ませてしまいます。

一度読めばいい本は図書館で借りたり、買っても微妙なら古本屋に……とはしているのですが、

なかなか手放せなかったりするものも多く、本の整理は本当に難しいですね。

広い家に住めれば、一部屋大きい書斎にしてしまいたいのですが、そうもいきませんし。

結局、本棚は限られた数しか持てないので、たまに読みたくなる本、まだ続いている本などは表に出しますが、

発刊や連載が終わったり、滅多に読まない本は、衣装ケースのようなしっかりした箱に詰めて収納してしまいます。

段ボールだと簡単ではあるのですが、強度的にも心もとないので、やはりちゃんとしたケースを使いますね。


[2]天体観測 noracat

観測といったって小難しいものじゃありません。 望遠鏡を振り回して月や惑星、星雲星団を眺めて「ん十年」になってしまいました。 綺麗ですよ、星わっ!


[3]観光先のチケットやパンフレット powdersnow

旅先で買った入場用のチケットや貰ったパンフレットは、持ち帰ってきちんと取ってあります。

余り必要ないんだろうなとも思うのですが、チケットも凝ったものですと、綺麗な写真が使われていますし、

パンフレットなども、その場ではじっくり読むことはないですが、

家に持ち帰ってから隅から隅まで見てみると、思いがけない情報などが書いてあって、面白いです。

読み返す中で、そういう場所があったな、見たななどと思い返すのも楽しいです。

チケットもパンフレットも、場所によってサイズがバラバラで、

できるだけ折らないようにするのが大変なので、バインダーみたいなものがあると便利です。


[4]写真 r-zone

最近はデジカメで取ってしまうので、そのままデータとして保存して

気に入った写真だけ現像して、アルバムにしてみたり

データのものはそのままデジタルフォトフレームに入れて流したりもしています。

写真を通して忘れていた懐かしい思い出も蘇ってきますよね。

良い写真を取ろうとするとどんどんはハマっていって

それが今では趣味になってもいますね。

デジカメでも十分立派な写真が撮れるので

自分のブログに載せたりして楽しんでいます。


[5]>3 旅行先のチケットやパンフレット r-zone

私も取ってありますね!!

特に海外の物は、飾ってあるだけでも十分絵になります。

以前パリに行った時の地図を額縁に入れてインテリアにしていますが

英語で書かれ得ているだけでも十分かっこいいし

ヨーロッパは美的センスも素晴らしい物があるので

本当にかっこいいです。

向こうでみたサッカーのチケットも大切な宝物です。


[6]お守りと御朱印 powdersnow

旅先で訪れることが多い神社や寺院では、お守りなどの授与品と御朱印を頂くことが多くあります。

お守りは名前が違うだけで同じようなものが多かったりもするのですが、

その神社特有な感じの珍しいものがあると、つい手を伸ばしてしまいます。

御朱印は参拝した記念も兼ねてという感じですが、参拝した日付もしっかり書いて頂けるので、旅の思い出に良いです。

非常に達筆な方にお願いすると、書いて頂いた文字が読めず、どこの寺社だったかわからなくなりそうなこともあるので、

そういった時は、きちんとメモみたいな形で残すようにもしています。

整理する時、ぱらぱらと御朱印帳をめくっていると、あの年はどこにいったな、その時何があったななどと、思い返せるのがとても楽しいです。


[7]アルバム写真 lepremierpas

今ではパソコンの中で写真をすべて管理してしまうことが多いかもしれません。

しかし、昔はもっと手元にプリントして、それをアルバムとして残していました。

その名残のある自分はいつでもプリントしてアルバムに写真を残しています

両親は特に写真が大好きだったため、自分が小さいころから、成長過程を事細かに撮影してきてくれました。

そしてその写真たちを丁寧にアルバムに張り付け、そこに一つ一つ小さなコメントを添え…日記のように綺麗に管理されてありました。

その成長アルバムは今の自分の大きな宝物となっています。

アルバムを開くと、その時その時の自分の姿や表情。

そして両親のコメントから読み取れる、両親の愛情や、感情。

そうしたものを垣間見ることができるのです。

デジタルで管理することも良いのですが、こうしたアナログな管理方法もいいなと思うのです。

直筆での両親のコメントはとても温かく感じました。

そのアルバムが基本となり、自分は今でも普段友達と出かけたり旅行したり…

景色でも、道端のお花でも…

デジタルに管理するだけではなく、写真やさんで綺麗にプリントしてもらい、アルバムに張り付け、その横にコメントや日付を書き添えて管理しています。

ある意味これは自分にとっての日記帳のようなものかもしれません。

思い出も込められた大事な日記帳をこれからも沢山増やしていきたいと思います


[8]100円均一で収納 lepremierpas

おしゃれな棚、少し高いデザイン性の良い収納もいいのですが、100円均一のラックなどを組み合わせることで便利な収納になります。

台所からリビングまで。

タンスの中にも活用することで、収納スペースを沢山確保でき、なおかつ安価にできることが魅力的です


[9]ポスター powdersnow

以前にポスターを集めていた時は、その管理と保存に苦労しましたね。

折れないよう、汚れないように気を遣いつつ……

基本的には丸めてしまうことになったのですが、癖がついたりしますし、色々対策を考えましたね。

できるだけ癖がつかないように、中にラップの芯を入れてみたり。

最近では、ポスターサイズのバインダーがあるようなので、それを使うのが一番よいのかと思いますが。

昔はそんな存在は知りませんでしたし、知っていても買うお金がなかったかもしれません。

色々と綺麗に保存できるように拘った工夫は、いい勉強にはなったかなと思います。


[10]料理が趣味! koume-1124

最近の趣味は料理ですね。

ホームベーカリーを買ってから料理の幅が広がり

料理をするのが楽しくなりました。

ブログに毎回載せているので写真撮影も、どの角度から撮ったら美味しそうに見えるか研究したり

見た目のチェックも欠かせません。

mixiのフォトアルバムに料理をどんどん紹介していっています。

自分が作った物を美味しいと食べてくれる人がいたり

写真を見てレシピを教えて!なんて言われると嬉しいです。


[11]トレーディングカード集め。 nakki1342

プロ野球のトレーディングカードを好きな球団の選手を中心に集めているのですが

(ポテトのおまけとしてついてるもの)

自分が買うだけじゃ、どうしても手元に欲しいカードだけがそろうなんて事は

もちろん、ありえません。

手元にあったらいいなーと思う選手のカード目当てでポテトを買っても

興味がない選手のカードだったり、だぶりになったり・・

うまくカードがそろわず枚数が増えてくるだけ・・

それじゃ収納も大変だという事でネット上で同じ趣味の人が集まるところ経由で

交換をして少しずつカードをそろえています。

好きなカードは、100円ショップでトレカ収納用のファイルが売っているので

それに入れておいてます。

ダブりとか自分にとって収集対象ではないカードをうまく交換に使って

トレーディングカード収集は、続けたいですね。


[12]>11 トレカとシール powdersnow

プロ野球カードやビックリマンシールなど、昔はシールやカードがお菓子のオマケの定番でしたね。

子供が持つものなのに、結構すぐに汚れたり折れたりしてしまうので、

友達と交換するときなども、汚れの有無などが結構、評価対象になっていた記憶があります。

そう言う時、きちんと補完している子供と、雑に扱っている子供の差が出ていた気がします。


[13]>1 本棚 koume-1124

本棚の扉の所に本を飾っておけるような本棚を買ったので

あまり読まない本は本棚へ。

良く読む雑誌や、インテリアになりそうな本。思い入れのある本を並べると

まるで本がインテリアのようになり

カフェにいるみたいです。

気分で置いてある本を変えたりも出来るし

中の汚い本も扉で目隠し出来るので、大変便利です。


[14]fut573

まず最初に壁中に本棚を増設し、足りなくなったらベットの下に。それでも不足したらダンボールに詰めて行き、気がつくと段々部屋が狭くなっていくのですがそれでも本を買うのは止められません。


[15]映画のチラシ収集。 nakki1342

ここ数年は、映画館で映画を見てないのですが

以前は、映画館で映画を見るときに心がけていたのが

映画館においてある映画のチラシを一本の映画につき

一枚は、絶対もらってくることだったのです

すると・・数年前までは、映画を映画館で見ていたので

チラシがたまってきます

(それと映画館で映画を見る以外にも通販が可能の映画グッズのお店で

自分のお気に入りな映画のチラシも買っていたので)

映画のチラシが100枚収納可能なファイルを買って

それに一気に収納しておくことにしました

自分なりにジャンルわけをしておいたりもね

そのファイルは、今でもちゃんと映画のチラシを保存できていますよ


[16]手作り収納アイテム miyupie777

収納アイテムが欲しくなったときに「これって自分で作れるかも」と思ったら、まず家にあるものを駆使して作ってみます。そして、手作りでは無理と判ってからお店に買いに行くようにしています。

買わなくて済むなら節約になるし、家に大量にあるガラクタの再利用にもなるし、そもそも工作自体が趣味なので作っている間は楽しいしで、まさに一石三鳥(?)です。

といっても、厚紙を折っただけの間仕切りとか、段ボール箱をまっぷたつにしただけのラックとか、針金に洗濯ばさみをはさんだだけのカーテンリールとか、サイズの違う箱を重ねただけの引き出しとか、全然大したものではありませんが(^o^;トホホ


[17]ミニチュア集め mododemonandato

お茶のペットボトルとか、いろいろな商品のおまけについているミニチュアを集めています。

おまけと言えども侮れないような精巧なのもあって、集めるのは楽しいものです。

幾つかシリーズになっているのもあり、一つ在ると他のも欲しくなったりして集めてしまいます。

魚や動物、食べ物、イエなどどれも精巧に出来ていて、感心してしまいます。

他にも小さな砂時計とか、恵方を知るための方位磁石などの実用物のミニチュアなどもあったりして見ていると飽きが来ません。

何種類か集めるとシリーズ毎に棚に飾ったり、缶に入れて置いたりします。

シリーズを完璧に集めると、やはり嬉しくなったりします。


こういう小さくて精巧な物を作るのは、日本のお家芸と言ってもいいかもしれません。

昔にも似たような物がありました。

寝付けと言う財布の紐を帯にかける為の、ミニチュア細工です。

江戸時代の根付などが日本国内ではあまり高い評価が得られないのに、海外では芸術として美術館に入れられ、高額で取引されているように、このようなミニチュアもいつか芸術として認められる日がくるかもしれません。


[18]>13 本棚 jozetora

とにかく大きな本棚を買って収納するようにしていました。最近では、本が多くなりすぎてしまって、ソロソロPDF化するためにスキャナーを買おうかどうかまよっています。でも高いし、本自体も好きなので凄く迷っています。


[19]>4 写真をデータで保存 jozetora

するようになりました。以前は結構現像していたんですが、デジタルフォトフレームを勝手からはデータのまんまになることが増えました。人に渡すときも、メールで送ったりしています。意外と生活の仕方がデジタル化していることに気付きますね。


[20]>5 チケットやパンフレット jozetora

必ずとっています。形として残っていると、なんだか安心するというか、いざ整理しようと思っても思い出のしなってなかなか捨てられないですよね。パンフレットは開いただけで、その時の気持ちがよみがえるのが嬉しいですね。


[21]>17 ミニチュアを100均のケースで保存 jozetora

おまけなどをバラバラにしておくのは気が進まないので、100円均一でうっている。プラスチックケースに入れてディスプレイするようにしています。ああいったおまけ類って最後の一個が中々手に入らなかったりして、やきもきしながら集めるので中々捨てることができないですよね。


[22]名刺の収納 jozetora

A4のクリアポケットがついている名刺ファイルに保存しています。色々な人が工夫を凝らして名刺をつくっていたりするので、みているだけでその人らしさを感じることができます。私の名刺はシンプルなので、もうちょっと華やかなものを作りたいのですが、実行できていません。


[23]>18 押入れ本棚 tibitora

私は気に入った本だけ手元において置くようにしているのですが、本は日差しが当たると紫外線で色あせていってしまうので押入れにいれてしまって置くようにしています。

押入れの中の上部分が棚になっていてそこが本をしまっておくのにちょうどいいスペースなんです^^

湿気がこもらないようにすこし戸を開けておいたりするのですが、前に猫が押入れに入っているのを知らずに本をとろうとしてキランと光る目にびっくりしたこともあります、本で爪を研いでしまうコでなくてよかったです(笑)


[24]>9 サッカー選手のポスター willingness

高校生のとき、サッカー雑誌の付録のポスターを集めていました。今では、押入れの中にねむっているのですが、憧れの気持ちって大切ですよね。あの頃のように、とは行きませんが、今でもフットサルをやっていて楽しく毎日を過ごすことに役立っています。


[25]>19 写真 willingness

実家では私たち兄弟の写真がいまでも飾ってあります。昔は何とも思いませんでしたが、今見ると大切にされていたんだな。ということを感じることができます。自分も将来こどもを授かったら同じように良い位置に飾ってあげられたらと思います。


[26]>25 写真 koume-1124

私ももっぱらPCに入っています。

写真立てに飾りたい!といった写真だけ写真にしてあります。

また、写真を自分のブログにアルバムファイルを作って

友人達限定で公開しています。

ブログだから出来る事ですよね。

一緒に行った旅行など、ブログにアップしておけば

思い出のコメントをくれたり、またPCの中で思い出を語り合ったり。

使い捨てカメラも「現像してからの楽しみ」もあっていいですが

HPに載せる事で遠くにいる友人とも、写真を見ながらアレコレ話し合えるのもデジカメのいいところかなと思います。


[27]>23 可動性で分類 some1

頻繁に使うのは本棚。頻繁に活用しないのはダンボールにしまってあるのですが、それだけでも30箱以上なので、流石に置き場が・・・

しかも、それ自分の分だけで、家内のは更に別に大量に存在するという有様・・・


[28]子供の描いた絵や工作 norinorisuke

子供が幼稚園に行くようになって、毎日描いてくれる絵やちょっとした工作の

収納場所に困っていて・・・どうしよう?捨てられない?。

そう思っていて、思いついたのが写真に収めること。

ちょっと味気ない気もしますが、本当に小さい紙切れとか

広告の裏とかに何気に書いてる絵が可愛かったりした時などは

逆に写真に撮ることで、いつまでも残る気がしています。

力作などはきちんとファイルに入れてありますが・・・

この時期は絵の表現力もぐんぐん成長するのでとても面白いです。


[29]>26 ハードディスクとメディアに some1

親にカメラのデータ抽出を頼まれた時は、メディアに焼いて渡します。

自分の方はメインマシンと、外付けHDに2重化


[30]>27 本棚 r-zone

ワンルームの狭い部屋の為、食事をする所と寝室が一緒なので

ダイニングとベットの間に本棚を置いて

部屋の間仕切りとして使っています。

こういった時には、背が高い本棚は便利です。

ベット側には漫画を敷き詰めて、夜寝るときのお供に。

ダイニング側の本棚には、料理本や趣味の本を。

生活スペースごとに必要な本を置いていれば

狭いワンルームでも十分便利な部屋になります。


[31]>22 箱で分類 some1

1000枚は超えてしまっているので、頻繁につかうものと、著名人のものはファイルに格納。

あとは箱単位で業務用途や知人関係と分類して使っています。


一番頻繁に使う場合は名刺リーダーでケータイの中にデータ化して、本体はファイルに


[32]>21 メタルフィギュア some1

スポンジを敷いた収納用箱か、売っていたときに入っていた発泡スチロールベースのケースにそのまま保管してます。

出しておきたいんだけど、ホコリがついてしまうし、最近はTRPGもめったにしなくなったので活躍の場がなくなってしまってます。


[33]>15 DVDのチラシとゲームのチラシ some1

アキバでもらってきて集めてました。

でも、不況での広告宣伝費削減と、Web移行でのペーパレスのせいか、最近はめっきり減りました。

電気店の前に前は山ほど積まれていたのに。


[34]>20 チケットやパンフレット koume-1124

これは私もありますね〜!!

特に、演劇やコンサートなどは写真が禁止ですから

思い出は沢山覚えていても形として残る物は、チケットやパンフレットでしか残せないので、大事にとってあります。

演劇を見るのが好きな私は

クリアファイルに劇団ごとに整理しています。

パンフレットを開いて見ているだけで華やかで、憧れますね〜。


[35]>29 デジタルカメラの写真 tibitora

私も写真はデジカメや携帯電話で撮ることが多いのでデータのままで保存をしています。

気に入りの写真は携帯電話の待ち受けにしてみたり、パソコンの壁紙にしていたりします^^

そして携帯電話を開いたり、パソコンを起動させたときにその猫や犬の写真にほっと一息癒されています^^

大切な写真はUSBメモリにも保存しておけたり、携帯電話で撮った写真は手軽にメールで友達や家族に送ることができるのもたのしいですよね^^

犬や猫などの面白ショットが撮れた時とかに送りたくなります(笑)


[36]猫さんの思い出 tibitora

うちにいた猫の思い出の品は「抜けたおひげ」と「爪の殻」だったりします(笑)

部屋の中のクッションの上や畳のすみっこに猫のひげが落ちているのを見つけると捨てられなくてついつい取って置いてしまいます・・・

爪の殻はよく落ちているので捨てることもあるのですがひげは年に一度見つけるかどうかなので見つけるとちょっとした宝物を見つけた気分になります(笑)

今はそのおひげの猫さんはいないのでそのおひげや爪の殻が思い出の品になっています。

こんな「猫毛フェルトの本」を見つけてたのですが、もっと早くに出版されていたらそのコの毛でもいろいろ作っておけたのになあと思って少しさびしかったです。

でも実家の猫の毛がとてもふわふわなので集めるとふわふわなフェルトが作れそうだなあと思います^^

にゃんこと同じ柄の猫毛フェルト指人形を作ってみたいです(笑)

http://books.rakuten.co.jp/rb/%E7%8C%AB%E6%AF%9B%E3%83%95%E3%82%...


[37]外国の本 dacks1

海外に行ったときは、必ずその国の言葉で書かれた本を1冊買います。

読めなくても気にしません。

それを本棚の一番目立つところに並べていきます。

たまってくると、なんかカッコイイですよ。


[38]>30 スライド式の本棚の利点と弱点 iijiman

今は使っていませんが、実家にスライド式の本棚があります。3万円くらいしました。

この方式の本棚は、大量の本が収納出来るよさがありますが、前の棚に入れた本は良いとして、後ろの棚に入れた本が取り出しづらいという弱点がありました。

今は、仕事場につくりつけの棚に、本を2列にして収納しています。スライド式の棚よりもさらに一層、奥の本が取り出しづらいですが、捨てられない本なので大切にしています。


[39]>38 あふれています fumie15

雑誌は処分したりするのですが中には捨てられない雑誌もあります。その上本もたくさんあるのでスライド式本棚2台となぜか元食器棚にいれています。

増やさないために図書館で借りたり努力はしているのですが・・・


[40]世界地図 fumie15

私が集めているのは世界地図です。15歳のころ本屋さんに入ったらたまたま世界地図フェアをやっていてそこでで一枚の古い世界地図のレプリカに一目ぼれをし、コレクションするようになりました。中学生の私には迷う値段だったのですが思い切って買い、今では友人とおそろいで買ったポストカードや貯金箱、バッグなどがあります。

しかし世界地図をモチーフにしたもののはなかなかないのですよね。だから見つけたときは思い切って買うようにしています。


[41]>35 写真 fumie15

写真は撮ってしまいそのままにしていましたがこの前ついに整理をしました。見やすくなり気に入っています。現像したものは無印良品のアルバムにいれデジタルのものはパソコンに整理しました。


[42]コンサートのタオル fumie15

姉がコンサートに行った後必ずタオルを買ってくるので真似するようになりました。

一枚一枚にコンサートの思い出があります。

枕カバーにしてそのコンサートを思い出しながら眠っています。


[43]>41 写真 twillco

子供が産まれてから一眼レフを買う事になって

それから少しづつ写真が趣味になりました。

どこか旅行へ行っても写真が綺麗に撮れていると

まるでポストカードのように撮っておきたい写真が沢山あります。

子供が3歳くらいになった時に、記念として今まで撮り溜めていた写真を整理して

フォトブックにしてみました♪

娘がもっと大きくなっても本として残っていたら楽しいだろうな〜と思います。

幼稚園・小学校とフォトブックを作ってあげられるように

綺麗な写真を撮るのが目標です!


[44]ご当地キティ fumie15

友人の娘さんが集めています。なんでもご自分で買ったり、お土産にもらったりして今では百個近くあるのだそうです。私も四国に行ったときお土産にうどんキティをあげました。

友人から聞くと娘さんはキティを飾りたいそうですが、場所をとるため友人が阻止しているのだそうです。

そういえばインドネシアからの留学生の友人も集めていました。地元のキティを全て集めていました。インドネシアにお嫁に行ったキティ。友人とともに元気にしているのでしょうか。


キティは女の子をひきつけるのでしょうか?


[45]紙袋 sumike

古くなったものはどんどん捨てたいのですが

なかなか捨てられない物のひとつが

ブランドの紙袋…

普通の紙袋は物を渡す時や資源回収の時に使ったりしているけど

ブランドの紙袋は捨てられない…

そしてなまじブランド名入りなので、変なものはいれて渡せないw

そんなこんなでちょっとした山になってしまっていたのですが

できるだけ、袋はいいですってエコバックにいれてもらうようにしていたら

だんだん溜まらなくはなってきました。

在庫の紙袋は最近子どものおもちゃ箱の仕切りとして使用中です。

紙といっても、結構しっかりしているのが多いですし、

大きさも2つ3つを切り貼りしてピッタリの形に合わせることができます。

失敗してもタダでもらったものなら気兼ねせずにすみます。

百均の仕切り板などもいいですが、できるだけお金をかけないにこしたことはないです。

残った紙袋は一番大きな袋に入れて、二袋まで。

これに入らなくなった分は処分する!と決めました!

オークションなどで発送する時に使うこともあるので、ないとやっぱり困ります。

必要な量とスペースの兼ね合いで、どれだけ置いておくか悩みます。

イエに沢山あっても困らないのはお金と愛だけかしらねw


[46]>39 押入れの本棚 sumike

私はできるだけ図書館で借りて、本を買わないようにしていますが

それでもかなりの本や漫画(コミック)を所有しています。

特に学生時代私のバイブルともいえる、はまりにはまった恋愛小説w

引越しの際に一度少し処分してしまったのですが、心に隙間が開いてしまったような気がして

すぐに同じものを買ってしまいました。

でも、しょっちゅう読むこともなくなっているので(ほとんど記憶していますがたまーに読みたくなる)

今は押入れの下段に小さい引き手とキャスター付の本棚を6本いれてあります。

文庫本でしたら一段に30?40冊ほどは入ります。

ふと時間ができたときに、本棚を引き出して壁に沿って並べると部屋がまるで小さな図書館のようになります^^

本好きの友達が来た時にはこのスタイルで部屋の真ん中に小さいテーブルを置いて、そこに手を汚さずに気軽につまめる

お菓子とドリンクを用意すれば、漫画喫茶状態にw

片付ける時も棚ごと押入れにごろごろ戻すだけですし、キャスター付なので、あれはどこにあったかな?

と読みたい本を1冊だけ探す時にもすぐ探せて便利です。

本も直射日光を浴びないので日焼けをしにくいですし、掃除も簡単ですが、これ以上本は増やさないように

気をつけています。


[47]>34 チケット、パンフレット mandoto57

チケット、パンフレットはきちんとクリアファイルに保存してます。

貴重な物もあるかもしれないので、あとあとうれしいです。

採っておくと思い出にもなります。


[48]>46 本・・ futanbo

うちも本が多すぎて、困ってます。。

ある程度は古本屋に持っていって処分したのですが。

まだ、大きな本棚+押入れに入れるキャスター式の

低い収納棚3つに詰め込まれてて・・。

でも、家が狭いのでこれから思い切って処分するつもりです。

図書館で借りれる本はもちろん、ずーっと読んでない本は

処分しようと考えてます。

でも、本棚を部屋の間仕切りに・・とは思いつきませんでした。

いいアイディアですね。


[49]>48 本棚 twillco

うちは子供が産まれてから図書館スペースを作るのが夢でした☆

下の段は子供用として絵本やおもちゃを沢山置いてカラフルに。

真ん中は私の料理本などがずらっと。

上の段は旦那さんの趣味や仕事の本で固めてます。

段を分ける事で見やすくて、他の人のスペースをぐちゃぐちゃにもしなくなったし、我ながら良い考えだな〜と思いました(笑)


[50]>43 写真 futanbo

フィルム時代は、今より枚数が少なかったけど、

デジカメになって、枚数がすごく多くなりました。

失敗しても削除できるからつい安易に撮っていて・・。

でも、パソコンからの管理がきちんとできてなくて。

DVD?Rに保存かCD?Rに保存してるんですが、

パソコンを3台共有してるので、なんかどっか抜けてる気が。。

友達の写真は一応全部CD?Rに焼いて渡して、いい写真は

現像して渡しました。

最近はみんな現像してないみたいで、とても喜んでくれました。

写真の保存方法は、デジカメ時代になってややこしくなったように

感じます。もちろん、良さもたくさんあるんですが。。


[51]スクリーンセーバー ttz

過去の思い出の写真を、スクリーンセーバーで数秒ごとに切り替えて表示しています。パソコンをちょっと休んだときに立ち上がるスクリーンセーバー。多くの画像を保存しておくことで、見飽きることもなく常に新鮮な気持ちで写真を見ることが出来ます。わざわざアルバムを開く必要もなく、最近気に入っています。


[52]スポーツ willingness

趣味といえばスポーツです。特にあげるとフットサルです。高校生の時にサッカーをやっていて、大学からフットサルをはじめました。気軽にゲームができるし、色々な知り合いも増えるので凄く楽しいです。最近は、あまり参加できてないので心苦しさがありますが、機会を見つけて体を動かしたいです。


[53]手紙 willingness

手紙はすごく思い出深いです。実家からの救援物資(?)に添えられている手紙や、旧友や恩師からの手紙はいまでもシッカリととってあります。文字の温かみというか、メールとは違ったやさしさが、そこにはあるような気がします。今では昔ほど手紙を書く機会は多くないですが、たまには手紙を送りたいと思います。


[54]>10 料理 willingness

料理が趣味というのは凄くうらやましいです。私はマイブームが来たときに、炒飯だったり、みそ汁だったり、鍋だったりで自分の満足いく味や作り方を研究することはあっても、種類も少なく、一過性です。ブログなどで公開しながら料理を作るのはすごく良いアイデアですね。


[55]>8 100均の収納グッズ adgt

馬鹿にできないですね。メタルラックにつける小物入れや、ビニール袋をかけてゴミ箱にするフレーム、レタートレーなど、かなり100均に頼った部屋作りをしてます。貧乏臭いといえばそうなるのかもしれないけど、見た目や使い勝手がそんなに違わなければ、○千円出して買うのが惜しいんですよね。


[56]>49 クローゼットに棚やケースを置いて offkey

本棚に入れるのはいいのですが、光を完全に遮らないのでお気に入りの本などは入れるのに躊躇します。

カバーをかけてくれる本屋さんでは極力カバーをかけてもらい、その本棚に入れるのですが、カバーのないお気に入りの本をどうしようかと考えて、結局クローゼットの空いている部分を活用することにしました。

長い衣服がクローゼットの全部を占めるわけではないので、下に空いた場所があります。そこに押入れケースを置いて、本を収納。

それから、壁際に柱の関係から微妙に凹んだ部分があって、そこは文庫本くらいの幅の棚ならはいることがわかったので、薄い棚を見つけてきて、文庫本をそこに収納しました。

クローゼット内なので人に見せられませんが、お気に入りの秘密コレクションみたいな感じであけるたびに並んだ本を見つめてうっとりします。


[57]ミニカーコレクション to-ching

数々の趣味を経験・楽しんできました、ミニカーに関しては2回目のウェーブが来てしまってます。以前は1/43数集でしたが飽きてしまい。納戸へ行き・・・。でもドイツの某メーカーより発売さている1/90のモデルに遭遇、すっかり嵌ってしまいました。とってもキュートで素朴なミニカーです。置き場所も1/43より当然楽ですが、数が増えてくれば当然飾るケースも何個も必要、女房との駆け引きが大変です。レア物も沢山あり、ネットオークションも楽しみの一つです。集めると言う事は男の性ですが、呆け防止にもなるのかも?


[58]>57 そうそう! to-ching

トミカも大変奥が深いアイテムの一つです、昔買ってもらったトミカ、凄いプレミアついているかも!? 補足


[59]>56 収納しきれず akilanoikinuki

本棚にギッシリはもちろん、実家にも送ったり、段ボールにつめたりと・・・本があふれかえっています。

本の収集癖のない旦那にあきれられ、初めての夫婦喧嘩のもとになりそうだったので、泣く泣く、「二度と読まないな。」と思う本を某古本屋に売りに行きました。

今まで本は全てとっていたので、本当に残念でした。

それでも、気に入った作家の本は全部とっておくつもりですけどね。


[60]楽器演奏 akilanoikinuki

私が飽きずに続けている趣味の一つは楽器演奏。

低い音好きな私は・・・

中学・高校では吹奏楽部でトロンボーン。

大学ではマンドリン部でコントラバス。

それでは社会人になったからどうしよう・・・。

どちらの楽器もこよなく愛しているが、いかんせん場所をとりすぎるし、音もでかすぎる。

悩む事数年。

(その間は、大学に後輩の指導と称して、コントラバスを弾きにいってました)

ついに低音楽器をあきらめ、高音楽器を選びました。

場所もとらず、(大量生産されているが故に)安く、音もそこそこ・・・。

そうなると、バイオリン。

というわけで、現在はバイオリンを習っています。

これが大雑把な私には細かすぎて、苦労させられています。

でも、下手の横好き。

趣味として一生続けていきたいと思います。


[61]>59 本の収納 theresia57

蔵書は必要最小限にとどめています。

そうしなければ、生活スペースが狭まるので^^

どうしても必要な本はMUJIのストッカーに収納しています。


[62]ミュージカル鑑賞 akilanoikinuki

最近できた趣味で、ミュージカル鑑賞というのがあります。

と、言っても、もっぱら劇団四季ですが。

一番最初は、小学生の頃、従兄弟のお姉さんに「夢から醒めた夢」という、赤川次郎原作のを観に連れて行ったもらった事。

でもその時は、何で喋りながら歌ったり踊ったりするのかよくわからず、しかも「大人が子供の役やってる」という、子供らしくもあるが、身もふたもない感想により、そこまで好きになりませんでした。

その後時は流れ、大学を卒業してからの事。

大学の友だちで、劇などを観るのが好きな子が二人いました。

その子達につきあって

「コーラスライン」

「キャッツ」

などを観に行く事に。

そこではまってしまったんですね。

劇団四季の代表作とも言える「キャッツ」に。

CDやらDVDやら買いました。

(現在の主人)彼が私を喜ばせようと、

「南十字星」

を観に連れていってくれた事もありました。

結婚した私は、結婚記念日のデートに

「せっかく関東に来たのだから」

と、劇団四季のミュージカルを観に行く事をねだりました。

そこでどれにしようかと迷ったあげく、

一番好きだった「キャッツ」を選びました。

すると驚いた事に、旦那もはまり・・・。

それ以降、繰り返し「キャッツ」を観つつ

「コーラスライン」

「ウィキッド」

「ウエストサイドストーリー」

など、色々と観るようになりました。

今後も毎月、何かを観に行く予定です。

時間はともかく、お金が続くかだけが心配です。


[63]使用済みケータイ。都市鉱山ならぬイエ鉱山 ttz

過去に使っていたケータイをイエに並べてあります。現在6機種目。初めてケータイを使ったのは15年ほど前。コレクションをしているワケではないんですけど、なんとなく並べてあります。でも、それがまた時代を感じさせて面白いです。今では二つ折りのタイプが主流だと思いますが、1番初めに使ったのは、細い縦長の形でした。そして3機種目までは、アンテナが延びるタイプ。

いつかまとめてケータイショップに返すつもりですけどね。


[64]ハンドメイドアクセサリーコレクション lepremierpas

自分でビーズを組み合わせてハンドメイドのアクセサリーをよく作ります。

今ではアクセサリーボックスに一杯!!!

入りきらなくなってます(笑)

ヴィンテージビーズやチャーム、アクリルビーズ、プラパール、シュガーパールにウッドビーズ、スワロフスキー…

紐に限っては、チェーンだけではなく、革ひもを使用したり。

アジャスターに少し工夫を加えて、綺麗なチャームを使ったり。

トップには、チャームだけじゃなくて、鍵をつけてみたり、アンティークレースをあしらってみたり。

オリジナルで切手などをチャームにしたものを使ってみたり。

こうして作りだしたハンドメイドのアクセサリーコレクションが沢山!

収拾付かないほど増えてしまったので、最近アクセサリーボックスを購入しました。

ここに、一つ一つ収納しています。

中身が見えるタイプなので、収納しながらも、インテリアにも可愛い!

今までは、せっかく作ったアクセサリーの生き場が無かったのですが最近はインテリアの一つとしても大活躍!

こうなってからは大変(笑)

創作意欲がわきすぎて、今まで以上に制作ペースが上がってます!

浅草橋のビーズ街で買い出しがまた楽しいのです。

天然石なども豊富で見ているだけで楽しいです。

ついつい…天然石のコレクションをしてしまいたくなるほど。

ある程度の自制を利かせないと危険ですね^^

見ているとどんどん作りたくなります。

シェルなども綺麗で、こう使ったらいいな?とか頭の中で描きます。

世界でひとつだけのアクセサリーコレクション。

これからも増やしていきます^^


[65]CD・・・そろそろ終焉? ttz

音楽CD全盛期の頃に買いあさったモノがイエにたくさん並べてあります。当時はカラオケも全盛でした。新曲を片っ端から聞き、気に入った曲はCDを買う。覚えたらカラオケで歌う・・・の繰り返しでした。

最近はほとんど音楽も聴かなくなってしまい、そのためCDショップへも全く立ち寄らなくなりました。

iPodが流行ってから早数年。将来はCD自体が無くなるんでしょうか。カセットテープのように・・・


[66]>61 本の収納 Rytandrezone

以前は漫画本や書籍など並べるのが、一種コレクター的感覚でした。部屋も狭いので、できるだけコンパクトに再度読みそうな本だけ置くようにしました。


[67]絵画 ttz

基本的に絵が好きで、お店に並べてあるとついつい立ち止まって見てしまいます。もちろん画廊のような本格的なお店ではなく、買い物ついでのお店の一角に絵画コーナーなんかがあれば。

中でも、綺麗な風景画とか、海外の町並みなんかが好きです。サイズも、大きいものじゃなく、こじんまりとした小さいものが好きです。実際買うとしたらそれくらいのサイズじゃないとイエに飾れないからでもあるんですが。。

お値段も数千円?1万円程度のものばかり。そう高くもない。気に入ったものがあると、ついつい買ってしまいます。


[68]>66 本棚 adgt

確かに以前ほど量に固執しなくなったような気もする。スペースを上手くつかう、シンプルにディスプレイするって方に方向性がかわってきた。


[69]海外旅行 ttz

年末年始とか夏休みとかゴールデンウィークとか、もうちょっと飛行機代が安くならないもんですかね?。休みが取れる時期は限られているので、趣味、と言いたくても実現できないのが悩みの海外旅行。世界中の国々を見てみたい。それも出来れば若いうちに。っと、よく考えてしまいます。

行きたいところ、数限りなし。。


[70]>50 写真 adgt

昔は、現像してアルバムにいれて友達と見せ合ってたけど、最近はケータイのなかの写真をたまにみせるくらい。以前ほど、写真に熱中してないけど、現像しているものを広げると色々おもいだす。


[71]>53 手紙 adgt

絵葉書なんかは結構とってる。旅先でその風景画写った絵葉書を買って、遠いところから手紙を書くっていうのにむかし憧れをもってた。今だと、離れてても簡単にケータイでつながっちゃうからなんとも味気ない。


[72]>31 名刺 adgt

デジタル化して、一応箱型の名刺いれに入れておく。名刺を読み込むき買いもあるみたいだけど、自分がもらう名刺の量とコストとがつりあうかどうかわからないので、未だに購入に踏み切れていない。


[73]>71 手紙 otayori

直筆だと、その人の思いとか感じて

捨てられないですね


[74]電車の回数カード otayori

今ではすっかりSuica,icocaだったりしますが

その前は、猫とか犬とかキツネとか絵画の写真の

回数カードを捨てられなくて

名刺入れに入れて残しています。


[75]外国の硬貨 otayori

ユーロ前のヨーロッパ諸国の通貨のコイン

実家にいろいろあります。

ドイツマルクとか懐かしいですね。


[76]>70 写真 belista

以前から趣味で行っている写真撮影で、写真を入れたアルバムが相当な数になったので、リビングへ置く収納BOXを作成しました。機材と腕前がショボイので、なかなかうまく直角や平面が出せず、もう一つの仕上がりですが、ぱっと見は立派なもんです。いつでも簡単に見ることができる収納BOXなのでたいへん便利で喜んでいます。


[77]>72 名刺 belista

名刺はビジネス上の挨拶の基本。一番身近なビジネス文書と言えるでしょう。使える人脈も、意外な企画の実現も、すべてこの小さな紙から始まります。会社用の名刺の他にもう1枚、自分だけの名刺を作って、個性をうまくアピールしている社外人脈の達人も。ところが、整理が難しいのも名刺。営業、展示会、パーティーともらう機会は多く、すぐにたまってしまうもの。ファイルに入れておいたのは良いが、いったいいつもらったのか、相手がどんな人だったか全く分からなくなってしまうことだって少なくありません。


[78]>73 手紙 belista

結婚式で新郎が両親への手紙を読み上げるセレモニーをするのは、正直あまり見かけません。恥ずかしいというのが本音だからでしょう。大勢のゲストの前で感謝の気持ちを読み上げるのは、確かに恥ずかしいとは思います。感謝の気持ちを面と向かって言うのも、何だかやりずらい。だからこそ新郎の両親への手紙は盛り上がります。


[79]>68 本の収納 belista

本を読む、書くことを職業としている人であれば、蔵書数はゆうに千冊を越えることと思います。数千冊ともなれば、間に合わせな方法では収まらないので書棚や書庫を計画的につくらなければなりませんね。


[80]>47 チケット、パンフレット belista

コンサートやミュージカル、あとハローで言えばスポフェスや新曲発売記念の握手会等のイベント関係と一言にチケットと言ってもたくさん種類がありますよね。私はその半券を記念にとっておいてます。数えてないけど二百枚あるかと思います。そのチケットを見るたびに当時の楽しかった思い出が蘇ってきますね。


[81]わが愛しの楽器達 TomCat

私は音楽が大好きなので、そりゃもうすごい数の楽器があります。アコースティックギターだけでも、ギルドが1本、ヤマハが2本、アイバニーズが1本、タカミネが1本、S・ヤイリが1本、長年憧れていて最近手に入れたギブソンが1本(以上固有名詞はメーカー名)。さらにリゾネーター(弦の振動を金属の共鳴板に伝えて鳴らすギター)が1本、そしてガットギターが3本。このほか、メインでは使っていませんが、記念として持っているギターが数本あります。

エレクトリックギターも、自作のストラトモデルが1本、ESPのレスポールモデルが1本、フェンダーのテレキャスターが1本、ヤマハのストラトっぽいモデルがスケール(弦長)の長いのと短いの各1本ずつ。さらにこれにベースギターが2本加わります。あ、あと訳の分からない自作ギターも数本。ボディを極限まで細くして持ち運びに便利なように作った物には、保曽井義伊太君という名前が付いていますww

このほか、ピアノやエレピやシンセやドラムや、しまいにはお祭りで叩くような和太鼓まで加わって、関連機材やアンプまで含めると、すごい量になっています。

でもみんなそれぞれに思い出の深い楽器達ですから、売るなんて出来ないんですよね。たとえば、生まれて初めて人前で歌った時に使っていたのがヤマハのアコースティック2本のうちの1本。これは今でも私のメイン中のメインです。そのほか、学生時代に一緒に演っていたやつから大切に使ってくれと託された物や、プロの大先輩から譲り受けた物などなど。

フェンダーのテレキャスターは、ライブに立つにはそれなりの楽器がないと、というわけで、当時必死こいてバイトして手に入れた物でした。メイプル(カエデ)材で作られたネック(手で持つ部分、三味線で言えば棹)と、フェンダー特有のパキパキとしたアタック感の強い乾いたサウンドは、まさに憧れでした。しかし実際に手に入れてみると、弦長が普通のギターより長く、指板(ネックの指が触れる部分)の湾曲も大きくて、ものすごく弾きこなすのが難しいギターでもありました。私の演奏は、この高いハードルに鍛えてもらったと言っても過言ではありません。

こんなふうに、どの楽器にも様々な思い出があります。ぶつけて付けてしまった傷の一つ一つにまで、色々な思い出が染みついています。そして、そのギターでしか出せない音があります。そのギターでしか表現出来ない音楽があるんです。1本1本全てが私の分身。私の手の延長。一度手に入れたギターは、絶対に手放せません。

さて、そんな楽器達の収納ですが、私は幸い一戸建てに一人暮らしですので、楽器専用部屋が用意出来るという恵まれた環境にあります。楽器に直射日光は大敵ですから、日当たりの良くない部屋が楽器部屋。湿度は、一応湿度計を置いてチェックしていますが、日当たりは悪くても、その部屋だけ特に湿度が高くなるということは無いようです。

ギター1本ずつハンガーを用いて、壁に立てかけています。市販品のギターハンガーというとこんな製品になりますね。

キクタニ ショートネック・ギターハンガー GH-240S

キクタニ ショートネック・ギターハンガー GH-240S

  • 出版社/メーカー: マックストーン
  • メディア:

楽器店ではこういうのを使ってギターを“吊り下げて”いることが多いですが、私は必ずボディを床に着けて立てかけています。楽器に余分な荷重はかけたくないんです。

もちろん私の場合、ハンガーは自作。市販品をこんな台数分買ったら出費がかさみますから、木の板を削って作った自作品です。そのままだとネックに当たって傷を付けてしまう恐れがあるので、形を合わせて作ったミトンみたいなのを被せて使っています。ふかふか綿入り。私はこれ、ギターのお布団と呼んでいるんですよ。このハンガーに立てかけている間、ギター達はすやすやお休み中、というわけです。

ハンガーの壁への取り付けは、壁に板を渡して、それに木ネジで取り付けるという安直な方法です。でも、なかなか見栄えはいいですよ。板は白っぽいパイン材の集成板。綺麗でお安く、狂いが出にくいのが魅力です。クリア塗装仕上げで、アコースティックギターなどの木目の美しい楽器とよく似合います。

楽器の数が多すぎてとても全部は立てかけられませんが、ギターは本来弾く物であって立てかける物ではありませんから、最低数本は居間や書斎などに置いて、常に手にして弾いています。時々“起きているギター”と“寝ているギター”を入れ換えて、満遍なく弾いてコンディションを整えておくのがギターの収納のコツ、と言えるでしょう。

ギターに付き物の消耗品といえば弦ですが、これはよく使うラインナップをまとめ買いして、楽器部屋のフックにぶら下げています。よく楽器店の弦売り場で見るような、あんな感じです。もっとも私の場合はライトゲージとかエクストラライトゲージなんていう1弦から6弦までのセットで買うことは少なく、.008とか.014なんていう太さごとに単品買いすることが多いので(特にエレクトリックギター用の場合)、そういうのには吊り下げる袋が付いていません。そこでセッションやライブ等でご一緒した人達が捨てた袋を回収。ゴミ箱に捨てられていたのも貰って帰ってリユースです。たまに練習スタジオに捨ててあったからなどと、拾って持って来てくれる人もいます。ありがたやー。

ピックも紛失したり、人に貸して返ってこなかったりすることが多いので、これはネットオークションなどで5枚100円・送料80円、なんていうのを見つけた都度購入。楽器部屋の引き出しに仕切りを作って、形状・固さ別に分類して収納しています。

ギターに付き物のケースは、ハードケースはかさばるので原則納戸。ソフトケースはよく使う物をギターと並べてぶら下げています。一時期ケースに、これ見よがしにバックステージパスをくっつけていたことがありましたが、アマチュアがそういうことをしているとかえってハズカシイということに気付いてヤメましたw

そのほか、ペグ(弦を巻き上げる部分)とか、ピックアップとか、ブリッジ(三味線で言うと駒に相当する部分)、テールピース(弦の端を止める部分)などのパーツも引き出しに。こういうパーツ類はオークションで手に入れたり、ジャンクの楽器から取り外したりと結構貯まっていきますので、入りきらない分は箱に入れて棚の上。床の上に下駄(通風を確保するための角材)を履かせた何枚かの板が置いてあったりもしますが、それはエレクトリックギターのボディになる木です。あ、ネックも何本かありますよ。傷防止のための布を巻いて、傘立てみたいな物に突っ込んであります。将来こういった物が組み合わさって、新しいギターになる日がきっとやってきます。

こんな感じで、楽器部屋には夢も一緒に収納しています。独身だからこんなことが出来るんですよねえ。結婚したり、子供が出来たりしたらどうなるんだろうという不安はありますが、こちとら江戸っ子。宵越しの不安は持たないのがモットーです。ま、何とかなるでしょう。これが私の「我が家の幸せコレクション」です。


[82]>79 本が減らない atomatom

本も雑誌も捨てにくいんですよね。

特に雑誌のバックナンバー、思い入れが強すぎてどうしても捨てられません。

ということは月に1冊、蔵書が増えていってしまうんですよね。

本棚だけでは収まりきれず、ピアノの下や押入れにヒモでしばって収納しています。ああ、かわいそうな雑誌たちよ。

でも、ほんとにたまになんですが、古い雑誌を開くと記憶が一気によみがえってきてまさにタイムマシンに乗っているような気分になるんですよ。

だから捨てられない。

日記やアルバムの一種だと開き直ってこれからもコレクションし続けるはずです、きっと。


[83]>75 外国のコイン atomatom

ぼくも集めています。

自分の訪れた国々のコインを必ず何枚か持ち帰ってコーヒーの空き瓶にチャリンと入れています。ぼくがまだこどもだったころ、叔父にアメリカのコインを何枚かもらったんですけど、それがうれしくてうれしくて、そのことがいまだに頭に残っているんですね。

自分が集めるだけでなく、他の人にもこの楽しさを味わってもらおうと、海外に行くときには日本の5円玉や50円玉を持って行き、こどもたちにプレゼントするようにしています。

穴が開いている硬貨って珍しいですから。

ただ、必ず聞かれるんですよね、「これはいくらの値打ちがあるんだ」って。

で、当然の結果として5円玉より50円玉の方が人気があって。

うーん、そういうもんじゃないんだよな。値打ちよりもデザインや色を楽しむもんなんだけどな。。。。


[84]大量のレコードにうずもれたイエ、でも専用収納棟の秘策あり! momokuri3

以前も何度か書いたことがありますが、〈我が家の幸せコレクション〉は、父と私のレコードライブラリです。ここでいう「レコード」とは、音楽その他の音声を記録した媒体全般のこと。アナログレコードもCDもオーディオテープも全て含みます。一部、ビデオテープやDVD、Blu-rayなどの映像記録媒体も含んでいます。私たち親子の目標は、レコードによって文化を収集していくこと。ですから、個人的な趣味に合う合わないは別問題にして、入手可能な物は手当たり次第まず集めておくことをにしています。


もちろんここでいう「入手可能」は予算の問題を含みますから、新たにリリースされる商品を片っ端から買い集めることは出来ません。そんなことをしたらジャンボ宝くじの一等が当たったとしても、あっという間に破産でしょう。そこで、購入対象の優先順位は決めています。


まず優先順位第一位はロックを中心としたポピュラー音楽(ここでは便宜的にクラシックと日本の歌謡曲を除いた音楽ということにしておきます)のアナログレコード。これは見つけたら即購入です。CDで再リリースされている物は若干後回しになりますが、一度の出会いを逃せばもうめったに出会えないことが多いですから、極力見つけ次第購入することにしています。同じマスターテープから起こされた物でもCD化にあたってはリマスタリングが施されて音が変わりますし、ジャケットやライナーなども文化の収集という面では大切な要素ですが、それらもCD化にあたって完全に復刻されることは少ないですから、やはりアナログレコードとCDとは別物です。


優先順位第二位は、同じくロックを中心としたポピュラー音楽で、廃盤になって相当の期間が経過しているCD。


第三位はジャンルを限らず、メディアの稀少さから保存しておきたい物全般。たとえばソノシートなどがこれにあたります。ソノシートとはペラペラのビニール円盤にプレスしたアナログレコードのことで、形状が薄く安価に作れるので、昔はこれを絵本などにセットした「音の出る本」がたくさんリリースされていたのです。

ソノシートの日本最大手は2007年に廃業してしまった朝日ソノラマという会社。その他の版元も今は存在しない会社が多いので、昔のソノシート本が今後CDブックなどになって再リリースされる可能性はほとんどないと言っていいでしょう。ですからこれは見つけたら貴重品です。たとえバラバラになった本をセロテープで貼り付けていて、そのセロテープも劣化してバリバリというような状態でも、収集対象にしています。


とにかくこんな具合で収集対象を絞っていても、集めに集めた物がぎっしりと棚に詰まって、すでに1部屋を完全占領。2部屋目の陥落も時間の問題です。コレクションはまだまだ増える予定。そこでレコードライブラリ専用の家を一棟用意するという夢を、半ば本気で考えています。

場所は日本国内ならどこでも構いません。探してみると、過疎地なら60坪も土地が付いて40?50万といった中古物件も見つかります。直前まで人が住んでいた家ならリフォームしなくてもライブラリの保管には十分。ゆくゆくは隣接した家も買い取って、都会を脱出して田舎暮らしもいいじゃないかという構想です。いつか「レコードライブラリの村」なんて作れたら楽しいと夢見ています。

いえ、資金的には今でも十分可能です。田舎暮らしはすぐには無理でも、コレクションの引っ越しは、近々実行に移せるかもしれません。今はそのためのライブラリの目録(データベース)の作成と、それに対応した音源のデジタル化を進めています。コレクションの閲覧と日常の試聴は、PCでデータベースを検索し、デジタルデータにエンコードされた物で行う。原盤は別に保管、という形です。


これからの時代は脱都市一極集中。人も、コレクションも、地方への進出を考えていい時代だと思います。狭い都会暮らしで収納しきれなくなったコレクションはどんどん地方へ。そのために活用出来る格安物件の斡旋で村おこし。将来のIターン希望者も確保できて一石二鳥、なんていう地方活性策はどうでしょうか。

私ももしかしたら数年後には、人間も引っ越しました、山あいの村から緑のサプリをお届けします、なんていう書き込みが出来るようになるかもしれません。


[85]お茶がなぜかたくさん・・・ hapihapi37

ダイエット茶から 普通の日本茶まで、気がついたら一杯あるんですよね。

ネットでよく買い物をするのですが、なぜか身体によさそうなお茶に惹かれてしまいます(^^;

それらを毎日ちゃんと飲んでいるわけではないので(むしろコーヒー好き)いつの間にか溜まってしまってます。

デトックスのつもりが滞りを作ってしまってます・・・。


[86]>80 チケット、パンフレット meizhizi87

私もコンサートチケットや旅行先のパンフレット、中には現地でお土産を買ったレシートまで取ってあります。最近のコンサートチケットは、アーティストの写真で作られていたり、とてもかっこいいです。旅行先のパンフレットやレシートは、写真をプリントして、アルバムと一緒に保管しています。思い出の細かい部分まで思い出せます。


[87]ミニノート meizhizi87

学生の頃は、いつでもどこでも読むことができるように大事な所をまとめたノートを作っていました。そのノートとは、カバンにスッポリ入る手帳くらいの大きさです。

先日、部屋を掃除していたときに見つけて、そういえばミニノート作ったなぁと思い出にひたっていました。

就職活動を始めたときにも、ミニノートが大活躍。

どこの会社にエントリーしたか、試験を受けたか、志望動機や会社に入ってやりたいこと、学生時代の思い出…をこと細かく書きました。

面接が苦手な私は、直前までノートとにらめっこしながら、もう緊張して頭が動かなくなることを想定して、ノートに書いたことをほぼ暗記するくらい読み返していました。

そして社会人になった今、手帳は必需品です。

パソコンに、同じ係の人と共有しているスケジュール帳はあるものの、やはり紙に書いて置かないと詳細までは忘れてしまいます。

ミニノートにはこの週になったら、そろそろあれをしなければならない…と書いたりしています。

中には、この日、おいしい物を食べた、うれしいことがあった、と一言日記のようなものまで書いています。後ろのページにはこれから欲しい物や読みたい本まで。

その日、仕事で何をしたかまで書いておくと次の年、この時期は何をしていたか思い出せるので、それも便利な使い方です。

家では、読んだ本に書かれていて印象に残ったことばを書き写しています。歌を聞いて素敵な歌詞だと思ったら、それも書き写したりしています。

だから私にとって身近で手軽なミニノートは趣味のひとつになっています。

好きなキャラクターや色がきれいで一目で気に入った物等々、新しい物が収納ケースに入っています。

ついついお店でミニノートを見つけると視線が止まってしまい、見ているだけで楽しくなります。


[88]お店の袋 meizhizi87

服を買ったときにもらう袋がかわいいと取っておいています。後で、お弁当を持ち歩いたり片づけをしたりするときに使っています。写真はほんの一部ですが、結構たまってきます。だけどデザインがかわいいのでお気に入りの物が多いです。f:id:meizhizi87:20100206165415j:image


[89]>42 コンサートグッズ meizhizi87

私もコンサートグッズを買うのが楽しみです。タオルやTシャツは思い出に残りますね。

私はアーティストの名前が書いてあるグッズが好きなので、グッズを見れば、一目で誰のコンサートに行ったのか分かるものが多いです。


[90]>88eiyan

お買い物をするとその店特有の入れ袋がありますね。

沢山の種類を集めると収集家になれますね。

最近はレジ袋有料化やノーレジ袋が流行ってますので、貴重ですね。


[91]>87 古ノート eiyan

過去の活動日記。

勉強で使った昔のノートは自分の過去を詰めたもの。

自分の足跡が見える様ですね。


[92]>85 お茶 eiyan

日本人はお茶が主流。

コーヒーや紅茶に主役を奪われそうですが、健康的には日本のお茶が上。

季節的には半年先に購入するのが賢い方法。

そろそろ夏の麦茶を購入しておいた方が良いかも。


[93]>2 宇宙 eiyan

宇宙を眺める事はストレス発散になりますね。

宇宙と比べれば地球上での出来事の小さい事。

こんな小さな事で悩んでいるなんて宇宙に対して恥ずかしい。

地球上で小さな悩みで悩んでいる心を大きな心で宇宙は包んでくれますね。


[94]>28 落書き eiyan

落書きも残しておくと貴重な記録になりますね。

子供の頃に作った作品は貴重な過去の記録保存。

自前のタイムカプセルを作るのも一工夫。


[95]>12 カード masi_o007

昔はシール・カードなどあくまでお菓子のおまけでしたね。でもいまはお菓はなしでカードのみ100円くらいで売られていて、それを子供たちが平気で10個単位で購入しているのを良く見かけます。そのカードの価値観は理解し難いところはあり、もっとほかの事にお金を有効に使うべきだとそういう光景を見かける度にいつもそう考えます。


[96]貝殻 meizhizi87

海に行ったときの記念に貝殻を拾ってきます。できるだけ形がよくてかわいいものをと選ぶのですが、あまり海では浮き輪がないと泳いだりもぐったりできないので、頑張って拾った貝殻です。海に行った日とどこの浜に行ったのかも裏に書いたりしています。

子供の頃に、貝殻に耳を澄ますと波の音が聞こえてくると聞いたのが印象深かったです。最近見たドラマで、貝殻の模様で貝の年齢が分かるというのを知りました。木の年輪みたいですね。

この縞模様ができあがるまで何年くらいかかったのかなぁと思うと、海の偉大さを感じます。

f:id:meizhizi87:20100206200310j:image


[97]>63 使用済みケータイ otayori

イエ鉱山、面白いですね。

なのにうちも手放せないんですよー

写真など移せない頃のケータイもありますし

いずれは、、、と思いつつコレクションになってます。


[98]>83 外国の貨幣 inio

ついつい使い切れずにあまってしまいますよね。atomatomさんのおっしゃるように子どもに見せてあげるのは、夢があって良いですね。海外が本当に身近になったと感じます。


[99]>76 写真 inio

祖父が写真好きで事あるごとに家族写真をとっていました。今では家族写真ってなかなかとらないですけど、記録を残していくことは大切だと思います。


[100]>54 料理 inio

頭の中でダンドリをして、無駄な動作や、時間のロスなく料理を作ることが好きです。お湯を沸かしたり、ご飯を炊いたり、野菜を煮る間などに、次の作業の下ごしらえをしたり、洗物をこなしたりと、1つのスポーツのように動き回ります。作り終わったときには非常に充実感があります。


[101]>82inio

好きな本はどうしても手元においておきたいのでたまってしまいますよね。マンガ本などもだいぶんダンボールに入れているんですが、まだまだ多いようです。


[102]>45 ブランド紙袋 inio

すてられませんね。。高価なショップのものだと、割と古くなっているにもかかわらずおいておくことが多々あります。それでも年末の大掃除で少しは捨てることができました。もうちょっと頑張ってみようと思います。


[103]>32 食玩 xnissy

学生時代、チョコエッグを集めていました。全種コンプリートを目指して少ない小遣いをやりくりして買い集めました。今はもう熱も冷めてしまって買ってませんが、当時買ったものは「いつか何か何かに使うかも」などと思ってしまい捨てられません。かといってディスプレーする場所もないので、卵形のケースにはいたまま、段ボール箱に仕舞ってあります。


[104]紙袋 holidayparade

紙袋は頂き物やショッピングでたまる一方ですね。持ち手も紙でできてるものは、資源ごみの日に紙類をまとめて捨てる時に役立ちますが、確かにブランドの袋は捨てづらい。でも、中身は違えど、手作りのプレゼント等渡す時に使えるかもしれませんよね。あとは、リサイクルショップに物と一緒にどうぞ使ってくださいと渡したこともあります。


[105]切手収集 xnissy

子どものころ、使用済み切手を集めていました。封筒を切手の周りで切り抜いて、水にしばらく浸けてのりをはがし、乾かして切手帳にコレクションします。

記念切手はたくさんの種類があるし、きれいなデザインのものも多いので、記念切手を貼った手紙が来ると嬉しかったものです。

家に来る手紙の切手だけでは種類が集まらないので、自分で記念切手を買って祖父母に手紙を出し、後日祖父母の家に遊びに行ったときに切手だけもらってきていました。今考えると、手紙を書くいい練習になっていたように思います。


[106]>98 外国の硬貨 futanbo

初めて友達からもらったときは(おみやげで)すごく嬉しかったですね。

国によって、デザインや大きさが違って。。

自分で海外旅行に行ったときも、おみやげにコインをあげたり。

残った少しのコインは、旅の記念にとってあります。

使えないけど、なんだか見るだけで外国にいる気分になれます。


[107]>103 ペットボトルのおまけ lepremierpas

飲料を購入するときにオマケがよくありますが、あれを密かに集めてしまいます。

コンビニで購入するたびに増えていきます。

そのもの自体が欲しいというよりは「集める」という行為が楽しいことに気付きました。

少しずつ集まっていくこの過程を楽しんでいる自分に気付くとコレクションの楽しみがまた一つ増えます


[108]>102 紙袋 lepremierpas

綺麗な柄のものなどを集めて、ラッピング用紙として再利用しています。

綺麗に切り開いて包み紙にしたり、張り合わせて使ったり。

綺麗な柄のものを見つけるとすぐに集めてしまいます。

ストックしては、活躍させていますので、今では沢山です!


[109]>81 楽器 futanbo

私も音楽が大好きで、楽器もいろいろ買いました。

でもTOMCATさんみたいに大事にしてません・・。(反省・・)

なんせ、なんでもやりたくなるので、ギターやピアノ(自宅にグランドと実家にアップライト、電子ピアノ)やエレクトーン、キーボード、リコーダー、ハーモニカ、オカリナ・・などなど・。

ニ胡にもはまった時期がありました(これは借り物でしたが)

でも、どれも中途半端で・・。

あ、ピアニカもあります。

ほんとに楽器は楽しいし、大好きです。


[110]デジカメ散歩またはジョギング futanbo

毎朝、病気のリハビリのために散歩や、ほんとにゆっくり走ったりしています。

朝の風景がきれいで(光がきれいなので)、デジカメを必ず持参してます。

走っては、止まって葉っぱについたしずくを撮ったりしているので、

周りの人からはたぶん変に思われてるかもです(笑)

でも、大切な趣味の一つになっています。


[111]>101 置き場がない optokubetsu

小説、漫画、雑誌・・・。気に入った本は一定の期間をあけて繰り返し読んだりするので、押入れや物置などでなく、本棚に置いておきたいんですよね。でもどんどん増えていくから、狭い部屋には置き場がなくて・・・。

これ電子書籍の時代が来ればある程度なくなるんでしょうか。


[112]>111 蔵書の管理ソフト w83

みなさん、蔵書の管理に

困っているようですね。我が家も父が本好きで蔵書の管理が大変です。蔵書の管理に以前雑誌で知ったフリーソフトを使って見ることにしました。ISBNを入力すれば、あとの入力は自動で入力してくれるのですが、やや重いかなぁ。でも本の山のなかから最初から探すのと比べれば、楽なので使っています。


[113]熨斗紙や敷紙から封筒を gallerybaaba

寒い日が続く頃は、封筒やポチ袋づくりに専念。


お菓子箱に掛けてある熨斗紙には、花や季節の図柄が描かれています。また、日本料理店での敷紙にも花や季節ものが何気なく描かれており、それらが目に留まるとついつい集めてしまいます。汚さないうちに、折癖がつかないうちに、人様の分まで回収です。


熨斗紙や敷紙の紙は上質。封筒には最適と、図柄の配置を決めるのを楽しみながらつくります。サイズはまちまちですが、既製の封筒よりも味があるのでは…と。

[f:id:gallerybaaba:20100207000906j:image]

これらの封筒の用途は、お礼状を入れたり、伝言のメモを入れたり、また、支払い袋として。主に手渡しする時に使っています。この手作り封筒は、相手との会話のひろがりに役立っていますョ。

いつでも取り出せるように…と、お気に入りの可愛い紙箱にスタンバイしています。ちょっと作りすぎて溢れていますが。


[114]やっぱり猫が好き eiki0

夫婦そろって猫が大好きなんだけど、うちで飼うのは大変なので、近所の猫が住み着いてる川原や公園に見に行ったり、飼っている知り合いの家に遊びに行って触ったり写真撮ったりして過ごしてます。


[115]>86 チケットを「背景黒」のストックブックに収納する iijiman

最近旅行に行かなくなってきたので増えなくなりましたが、10年くらい前まではよく旅行に行っていました。その時の鉄道の切符などが手元に残っている時には、捨てずに大切に保存しています。ただ、これも量が増えると扱いに困るというか、サイズもばらばらですし、整理整頓が難しいコレクションの1つだと思います。

私はこの切符類を、「背景が黒で表面が透明」の、切手用のストックブックに収納しています。

[f:id:iijiman:20100207052127j:image:w450]

この方法は、大きな切符は少し重ねて入れることでたくさんの切符が収納出来る利点と、背景が黒なので、切符が引き立って見えることです。

今はバインダー式のストックブックもあるようですね。

rakuten:kyotobest:10005994:detail

鉄道の切符だけでなく、チケット類の整理にはよいと思います。


[116]>40 世界各国の地図 atomatom

海外に行ったとき、現地で無料でゲットできる市内地図を集めています。というか捨てられないです。

タイ語を学んでいた関係でバンコクには20年前から定期的に訪れます。

そのたびに市内地図をもらってくるのですが、いやあ変わりました。

ランドマークはどんどん増えていきますし、地図の裏面の広告のラインナップもどれだけ変わったか。

それに加えて、自分が観光目的のために地図上につけたマークや丸印を見るのもなつかしい記憶を呼び起こしてくれる楽しみになっています。



[117]>105 切手発売日 to-ching

朝から、小さな頃並んで買ったものです。懐かしい


[118]>110 私も to-ching

何時もデジカメを持ち歩くようにしております。最近は火事を撮りました。


[119]>106 分かる分かる! to-ching

何かドキドキしますね?小さい頃はも興味深々で、大切にしまっておいた事があります。硬貨ではなく、世界の紙幣を集めていた人がいます。一番難しかったのは、やはり北朝鮮の紙幣だったようです。


[120]ワインのボトルとコルク hissan74

美味しかったものでまた飲みたいものやレアで自慢できるもの(笑)のビンとコルクは全部残しています。

自分で店をやれるときが来たら飾りたいな???( ̄▽ ̄)


[121]>117 切手収集 tunamushi

私も記念切手が発売されると欲しくなります。あまり手紙は書かなくなったのですが、手紙を書いたら記念切手で相手に送っています。昔、オーストラリアから来た英語の先生にカンガルーの切手をもらったことがあります。とてもかわいくて、紙に貼ってしおりとして使っていました。私がアメリカに行って家族にエアメールを出したときも少し余分に切手を買って記念に取っておいています。仕事柄、中国の切手を見たこともあり、それぞれの国の特徴がよく表れていて、眺めているととても楽しいです。


[122]>119 海外のお金 r-zone

海外のお金って面白い物が多いので集めると楽しいですよね。

特にオーストラリアは、唯一お札にプラスティックが使われているので

透明で、オモチャみたいです。

海外のお札に触れるといかに日本のお札がしっかりと作られているんだなという事も実感します。

小銭は換金も出来ないので残ったお金はアルバムの最後のページに

コインを張り付けた紙にファイルして残しています。

それぞれ国柄が現れていて見比べると面白い物があります。


[123]>118 デジカメ散歩 r-zone

私もデジカメはいつもバックに入っています。

何があってもすぐに撮れるのが魅力的。

通勤で大きな駅を使うので、先日は仕事帰りに芸能人にバッタリ会いましたが

すぐに2ショットを撮って貰えることが出来て感動でした!

デジカメをもたずに出かけたときに何かサプライズがあったりすると

どこにいてもデジカメを取りに家に帰りたいくらい後悔しちゃいますからね。

ちょっとした散歩でもいい写真が取れると嬉しいです。


[124]>123 デジカメ散歩 theresia57

デジカメを持ち歩くとなにかと便利ですよね。

先日はきれいな飛行機雲が出ていたので、何気に撮影していました。

あまり撮りすぎると整理できなくなってしまうので、ちょっと控えるようにしているんですが、

カメラに収めたい光景というのは結構あるものですよね。


[125]>115 チケット、パンフレット theresia57

旅先でのチケットや美術館のパンフレットなどは、大切な思い出で、デザインのきれいなものもあるので、なかなか捨てにくいですよね。

アルバムと一緒にファイルに収めています。


[126]>108 紙袋 theresia57

紙袋は、色のきれいなものやつくりの丈夫なものもあって、なかなか捨てられませんよね。

ついつい溜めてしまっています。

郵便物の包装に利用したり、手提げバッグとして使ったりしています。


[127]入浴剤 tunamushi

お土産やホテルでもらったものが部屋にたくさんあります。気分転換に、汗をかきたいときに使っています。香りでリラックスできるし、お湯に長時間つかることによって体の疲れも取れていくようです。最近の私のお気に入りは、グレープフルーツやラズベリーなどのフルーツ系です。さっぱりとした香りでバスタイムも楽しくなります。


[128]>125 チケット、パンフレット tunamushi

私もパンフレットやチケットはファイルに入れて整理しています。後でもう一度行くことになったとき、あの時はどうしたかな?と思い出すのにも便利です。旅行なら何のパックで行ったか等、とても参考になります。


[129]>89 コンサートのリボン tunamushi

コンサートに行ったときに、演出で上からリボン等が落ちてきたりしますが、それを記念にもらって帰ります。コンサートが終わって家に帰るまでずっと余韻に浸る、あの感じが何とも言えなくて好きです。夢をありがとう、また明日から頑張ろうと思えます。リボンはあとで、チケットと一緒に飾っています。


[130]消しゴム tunamushi

子供の頃、たくさん集めました。デザインがかわいいものを友達とおそろいにしたりしました。たくさんそろえた消しゴムを、なぜか茶の間のケースの引き出しに入れて、暇さえあれば見ていたような気がします。それほど大事な宝物でした。

授業で消しゴムを作る時間があって、とても喜んだのを覚えています。自分の好きなキャラクターを無我夢中で作りました。レンジで焼いてできあがって、いざ文字を消してみると案外きれいに消えることにもビックリでした。


[131]>77 名刺 theresia57

名刺は大切に保管しなければいけなせんよね。

デジタル化しているものもありますが、やはり現物はおいておくに限ります。

私の場合、名刺はそれほど多くないので、MUJIのポリプロピレンカードホルダーに収まります。


[132]>121 切手。 nakki1342

切手。

以前は、熱心に集めていました。

今も郵便局にいくと記念切手が気になるし

記念切手が届いた郵便で使われていると

切り取っておいてます

切手帳に入れてちゃんと整理してないので

そろそろ整理しないとなあ・・


[133]>130 多種類消しゴム eiyan

最近は色んな消しゴムがありますね。

まるで食べ物の様な間違い易い消しゴムもあるんですね。

うっかり食べてしまう人まで居るというから、

精巧な作りなんですね。

消しゴムの収集家は沢山居ますね。


[134]>36eiyan

猫さんは化け猫、招き猫等色んな形で受け入れられていますね。

人なつっこい猫や攻撃的な猫。

色んなのが居ます。

猫関係の思いでは家の中が多いですね。


[135]>7 アルバム eiyan

最近は写真をアルバムに収納しませんね。

デジタル画像になると画像として写真にはせずにメモリー等に保存するだけ。

アルバムにしなくてもパソコン画面で見れる。

これも時代の変遷なのでしょうか?


[136]>6 お守り eiyan

最近はお守りを余り購入しませんね。

それはお守り代わりが沢山あるから。

御朱印やスタンプ等が貴重なもの。

自然の恵みがお守りの代わりになりますね。


[137]>14eiyan

本やテープ類は多くなりますね。

ラックや収納袋や棚はすぐ一杯になる。

代わりにダンボールみかん箱に収納してます。

貴重ですね。


[138]>78 手紙 powdersnow

メールがなかった頃は、手紙でやりとりをする相手が何人かいました。

読み返すと何だか恥ずかしくなったりしますが、

手書きというところが何だか当時をはっきりと思い返させてくれる気がします。

封筒に入れたままとっておくと、切手とスタンプも記録になっていいですね。

当時の企画切手だったりすると、ああこんなことがあったんだっけと思い出したりします。


[139]>126 紙袋 powdersnow

持ち歩くものを入れたくて、片道だけ……という時に多用します。

持っていったあと、帰りには捨ててしまっていいというのは、身軽でいいです。

持ち手が弱く簡単に千切れてしまいようなものは少々不安なので、

持ち手と袋のつながりが丈夫に作られているものだといいですね。

紙袋は、持ち手が千切れてしまうと、持ち歩きに非常に難儀するのが弱点ですので……


[140]>51 スクリーンセーバー powdersnow

綺麗な風景写真、思い出の写真などをスクリーンセーバーに使うのもいいですね。

最近では、デジタルフォトスタンドでそんな感じの表示ができるものが増えているようです。

最近は省エネも考えて、パソコンのディスプレイの電源だけ早めに落ちるようにしていますが……

スクリーンセーバーの動きやデザインは、様々なものがあって面白いですよね。


[141]>107 ジュースのおまけ powdersnow

最近は、以前ほどは見かけなくなりましたね。

数年前は何のジュースにもついているくらいに激化していた気がします。

1つ手に入れてしまうと、ついコンプリートしたくなるのは、完璧を求める日本人の性なんでしょうか。

結局、集めてしまったあとは、しばらくすると興味を失いがちですが……

しっかりとディスプレイケースに入れて飾っておけば、適当な扱いはしなくなりそうです。


[142]>100 料理 twillco

ネットで様々な料理のレシピを見ては

試したい物が多過ぎて、楽しいです!

最近はレンジでチンすれば何でも作れる「ルクエを購入したので料理が簡単に出来るようになり他の物に時間がかけられて楽しくなりました。

自分で新しいレシピを生み出したり

それをHPに投稿したりすると、反応があるのもまた意欲倍増です!

一番はご飯を食べてくれる人の笑顔ですけどね♪


[143]温泉のタオル powdersnow

家で使っているタオルは、ほとんど温泉の名前が記されています。

日帰り温泉や温泉旅館のアメニティで、持ち帰りしてよいタオルには、温泉名が記してあって記念によいですね。

硫黄の香りが凄い温泉などの場合、行ったあとしばらくは温泉の香りがタオルに残っていたりして、それがまた良いです。

毎日使っていると、ほとんど気にしなくなるのですが、

ふと目にはいると、あそこはよかったなとか、あそこに行ったなあなどと

思い返す時があって、色々と思い出深いものを感じます。

普通の企業名が宣伝で入っているようなものですと、

何だかもらい物というか、タダのものという印象を受けてしまいますが、

温泉名ですと、何故か記念物みたいな感じになるのが面白いと思います。


[144]>122 記念硬貨 twillco

海外のもそうですが私は駅の切符売り場でお釣りを貰うとき

長野オリンピックなどの記念硬貨の500円玉がでてきたことがあります!

はじめは何だかお金じゃないコインでも出てきちゃったのかと思いましたが

よーく見るとオリンピック・500の文字が。

父に見せたら「交換してくれ!!!!」と大興奮。

そんなにすごいものなのかと思いましたが

確かにお釣りで出てくるなんてかなり珍しいですよね。

それからはずっとお財布に入れて使えないまま・・・。

今では、なくてはならないお守りのようになってしまいました。


[145]>138 手紙 twillco

先日行った結婚式では新郎が手紙を読んでいました。

父親が亡くなっていた事もあり

男泣きの母への手紙は感動するものがありました。

私もそういえば今の旦那さんから

結婚式の時にラブレターをもらいました。

めちゃくちゃうれしくて、思い出してもっかい読んで!

とお願いしてみましたが断られてしまいました(笑)

普段言えない事でも結婚式では素直な気持ちを手紙に書いてくれるので

いつ読んでも感激してしまいます。

このラブレターは私にとって一生の宝物です。


[146]>145 手紙 fumie15

大切にとってあります。

毎年親友がくれるバースディカードはベッドのわきに飾っています


[147]>139 紙袋 fumie15

この前初めてブランド物のお財布を買いました。

箱も袋も大切にとってあります。

これだけは捨てません。


[148]>128 チケット、パンフレット twillco

新婚旅行ではじめてヨーロッパへいったとき。

何から何までもが素敵過ぎて

全部もって帰ってきました。

一緒に見に行ったサッカー観戦。

その翌日に言った試合が新聞一面に載っていたので

その新聞を買い、その時の写真を一緒にファイルしてあります。


[149]ベルマークorグリーンマーク集め lepremierpas

昔小学校で集めることが多かったのを思い出しました。

今では忘れ去られていませんか?

ベルマーク

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B...

ベルマーク運動(ベルマークうんどう)とは、学校といった教育施設、福祉施設での設備の助成を目的とした運動で、朝日新聞社創立80周年記念事業として1960年に始まった。ベルの形は「国内外のお友達に“愛の鐘”を鳴り響かせよう」との意味合いがある。

グリーンマーク

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B...

グリーンマークは、古紙を原料に再生利用した製品のための目印である。環境ラベリング制度の一つ。古紙の利用を拡大し、紙のリサイクルの促進を図ることを目的としている。

集めて、学校で回収していた記憶があります。

近頃はまだ続いているのか解りませんが、これを集めた日を思い出しました


[150]>147 紙袋 twillco

可愛い紙袋は会社に持って行くお弁当バックとして利用しています。

友人に物をあげる時にも大活躍!

かわいい袋であげると、何でも無い物でもちょっとよく見えます。

大小さまざまなサイズのバックを常にクローゼットの中に用意してあります。

なかなか便利ですよね。

お高いブランドの紙袋は、インテリアとしても有効。

紙袋からチラッとお花を覗かせておくだけで可愛いインテリアになりますし

紙袋を見るだけで、貰った時のプレゼントや感動を思い出します。


[151]>146 手紙 r-zone

幼い頃は、海外に出張中の父がよく手紙を書いてくれていました。

長期で行っていると寂しくなったりもしましたが

そんな時に手紙が届き、向こうでの生活、どんな食事があって

どんな場所で暮らしていてというのが絵はがきでいつも届いてました。

海外からの手紙も新鮮で、その土地の臭いが僅かですが手紙から感じられて

とても嬉しかった記憶があります。

そんな事から自分も海外旅行へ行ったら家族宛にまず手紙を書いています。

もらった方は結構嬉しいですよね。


[152]>120 コーラのボトル r-zone

私は世界のコーラのボトルを集めてます(笑)

コーラが大好きで、それから始まったんですが

中にはディズニーランドの25周年記念で売っていた記念コーラなど

色々並べて間接照明を当てるとインテリアに変身。

世界には本当に色んな種類があるんだな〜と、集め始めて感じました。

変わった種類があると今でも買ってしまいます。


[153]>55 100均の収納グッズ r-zone

使える物たっくさんありますよね。

ラックや突っ張り棒、ファイルケースなど

とりあえず収納したいな〜と100均へGO!

だいたい何かしら良い物が見つかります。

100均グッズ同士を組み合わせてもまた便利な収納グッズがうまれたり。

安くても工夫次第では最高に便利な収納グッズです。

最近では、突っ張り棒を玄関の靴箱の上に設置して

そのにS字フックをかけ、鍵や小物類をかけています。

便利ですよ〜。


[154]スキー ttz

スキーが好きでちょこちょこ行きますが、スキー場のリフト券を持って帰ってきています。以前はどこのスキー場も紙製のリフト券だったので毎回持ち帰ってきて、撮った写真と一緒にアルバムに貼ったりしてました。最近はIDカードのようなリフト券なので持ち帰れなくなってきていて、便利なんだけど、ちょっと残念でもあります。


[155]年賀状、捨てられずに保管。 ttz

自分でもすごいと思ってしまうのですが、子供のころからの年賀状が捨てられずに残っています。まず見返す事もないのに、なぜか捨てられずに。1年に1度のことで、そうかさばらないというのも理由ではあります。子供のころの年賀状は、とにかく懐かしいというか、不思議な気持ちを抱きます。


[156]>140 省エネ ttz

自分も省エネで、2分くらいしたらもうスクリーンセーバーになるように設定しています。なんだかエコとか省エネという言葉には敏感になりますね。


[157]旅行先で観光マグネットを買う。 ttz

最近、某テレビ番組で、観光地には必ずマグネットが販売されている。というのを見て、欲しくなりました。今まで旅行は何度も行っているのに、一度もマグネットの存在には気付きませんでした。でもいざ行って見てみると、必ず、あるんです。かさばらないサイズなので気に入っています。というか、もっと早く気付いておけばよかったな?という悔しい気持ちもありますが。


[158]以前集めていたテレカ・・・ ttz

使い道がなくなってしまいました。昔は旅行に行ったときの自分へのお土産はテレフォンカードでした。綺麗な景色や、ホログラムになっているものなど、デザインに事欠かないほどありました。今や、テレフォンカードなんて死語ですよね。使い道もまずなく、ある意味では損したというか・・・


[159]>157 観光マグネット r-zone

その番組私も見ました!

目にもした事無かったけど、そういえば色んな所で見るな〜と

思い出しますね。

番組でも紹介されていましたが、本当に様々なマグネットがあって

集めたらすごく楽しいだろうな〜!と思ってしまいました。

と同時に今まで集めてこなかった事を後悔ですね!!

これから旅行にいったらマグネットに注目してみようと思いました。


[160]>153 100均の収納グッズ koume-1124

使えますね!私は突っ張り棒を下駄箱に入れて、そこにハイヒールを引っ掛けてます。

どの靴か一目でわかるし、より沢山の靴が収納出来るので

とても便利ですよ!

TVでも100均で探す収納グッズ!といった特集がよく組まれているので

それを見ては我が家でも実践しています。

あなどれないです!100均!!


[161]>150 紙袋 koume-1124

最近は洋服のブランドでもめっちゃくちゃ可愛くて飾っておくあけでも絵になる紙袋が増えましたよね。

私も憧れて憧れてやまなかったブランドで初めて買った時の紙袋は今でも大切に取ってあります。

二回目に購入した時には、結構大きな袋で貰ってしまったので

それは切って額縁に入って自分の部屋に飾ってあります。

すごくかわいい袋だったし、ブランドバックなんて分からない感じのデザイン性ということもあり、かなり気に入っています。


[162]>161 紙袋 belista

ついつい貯めてしまうもの。「紙袋」。買い物をすると、かわいくてしかもしっかりとした紙質の手提げ袋に入れてくれるショップがあります。そうすると「いつか使えるかも」と思って、とっておく・・・この作業が繰り返された結果、貴重な収納スペースを、かなりのボリュームで支配してしまう、紙袋です。


[163]>160 100均の収納グッズ belista

100均収納術グッズを販売するショップも増えましたが、一般的にはダイソーが有名でしょうね。でも家の傍には、生活良品セリアがありますよ。一見、無印良品かニトリ風ですが100均でした。ダイソーもセリアも様々な商品が置いてあるのですね。ネイルやコスメ、子ども自由研究にはもってこいの工作用品や手作り材料、また100レモンとか、tシャツやすのこまで。でも、ダイソーは100円均一じゃない商品も目立つようになりましたね。オレンジ色のバッグがいいなと思ったら、300円でした。それでも安いのですが、何故かダイソーでは購入できなくて。ケチ根性なのでしょうね。友人は100均好きで、渋谷や新宿、銀座、中野、横浜また梅田や京都、大阪店まで行ったことがあるそうです。


[164]>154 スキーのリフト券 belista

私もスキーのリフト券を捨てられずにとっておいてありますね。スキー場で撮った写真と一緒にアルバムに貼り付けてあります。アルバムの写真とリフト券を見るたびに当時の楽しかった思い出が蘇ってきますね。写真だけじゃ分からないスキー場とかも思い出すこともできます。いつまでも心に残っていいですよ。


[165]>144 記念硬貨 belista

「記念硬貨」というのは非常に大きな価値があり、だからこそ収集している人が居るとも言えるでしょう。記念硬貨を見ながら、その時代に思いを馳せる、思い出が蘇る...それが、記念硬貨を収集する醍醐味かもしれませんね。


[166]>132 切手収集 belista

日本では切手収集はすっかり廃れてしまって、今や往時の記念切手がチケットショップやヤフオクで投売りされていますよね。ところで、海外でも切手収集はやはり廃れているのでしょうか?最近eBayに初めてアクセスしてみたのですが、カテゴリのトップに切手のカテゴリがあったので、海外では切手収集はいまだ盛んなのか?と驚きました。


[167]>151 手紙 lepremierpas

学生のころ授業中に交換し合っていた手紙を今でも残してあります。

些細なことから、恋愛の話…先生の話…

こういうのを読み返すとよみがえる思いが沢山あります。


[168]>131 名刺 lepremierpas

以前ちょっとしたやり取りの会社の方の名刺を残しておいたことで、後々素敵な縁となって続いているものがあります。

ふとした時に見返したりして、あ!そうだ!このかたに頼んでみよう!なんていうアイデアが浮かんだりするものです。


[169]>148 チケット・パンフレット adgt

結構とってる気がする。最近では、1冊のノートに情報をまとめることに凝ってるから、こんどからは貼り付けていこうと思う。


[170]>162 紙袋 adgt

ブランドによってはシッカリした紙袋をくれるから、わりと貯めて行ってる。友達にマンガ本やCDを借りたりするときに使うことが多い(最近はそういう機会がほとんどないけど)。


[171]>124 デジカメ散歩 adgt

をしてとった写真は、引越ししてから見ると凄く懐かしいのでおすすめ。個人的には、路地の写真だったりすこし古ぼけたような風景の写真がすき。


[172]>97 使用済みケータイ adgt

なんだか、ショップに渡すのが恐くて手元に持ってる。さすがにたまってきたのでどう処分しようか考え中。


[173]>165 外国のコイン adgt

わりとたまっていく。行ったことのない国の通貨なら夢は膨らんでいくけど、すでに行った国のものは、色々と思い出せてくれる。


[174]はっきり言って「ゴミ集め」が趣味 YuzuPON

いや、べつに生ゴミを漁っているわけでも、ゴミ屋敷を作っているわけでもないのですが、価値ある物が不要物として廃棄されるのを黙って見ていられない性格なんです。


たとえば下のURLのいわしに書いた自作のスピーカーボックス。使ったスピーカーのユニットは、近所のアパートのゴミ置き場出身でした。カーステのスピーカーを付け替て、不要になって捨てられた物のようでしたが、その日はもう年内には収集がない大晦日。大家さんは、まったく近ごろの若い者はルールも守れんのかと大変なご立腹でした。捨てられたかわいそうなスピーカーユニットが悪者にされて泣いているように思えて、思わずそれ私に引き取らせてくださいと言ってしまったんです。そうして作ったのが、この自作スピーカーボックスでした。

http://q.hatena.ne.jp/1202273068/141849/#i141849


今私がPC台として使っているスチール机も、引っ越す友人が捨てるというのでもらい受けてきた物でした。リサイクル屋で間に合わせに買った物で細かい錆も出ているからそんなもの価値無いだろうと言われましたが、やはり捨てられるとなると、何とか活用してやりたくなってしまいます。わざわざ軽トラを借りて取りに行って、手間暇かけて塗装を剥がして再塗装して、リサイクルは決して省エネではないという説を地で行ってしまうようなことをしてしまいましたが、今はつや消しの落ち着いたブラックに生まれ変わって、私のPC群をしっかり支えていてくれます。


実は私のPCも、一部廃棄物で出来ています。うちの町内ではしばらく前まで学校の父母会が資源回収をやっていて、その時に持ち込まれた古いPCだったのですが、さすがにPCは資源回収屋さんが引き取りを拒否。そこで私がもらってきたというわけです。古い機種で電源が故障していました。マザーは動きましたが今さら現役で使えるスペックではないので、中身は全部追い出して、HDDアレイのケースとして使うことにしました。つまり私の大切なデータは、廃棄物の中に入っているわけです。でも、外付けのHDDを何台も並べてごちゃごちゃさせるより、一つのケースにまとまっていた方がずっとすっきりします。これは廃棄物様々です。


イエの中でも、捨てられそうな物があると、どうしても回収してしまいます。代表的な物では、たとえばクッキーの缶や和菓子のしっかりした紙箱など。こういうのは工夫次第で便利に使えますから捨てられませんね。

鉄のフライパンに穴が開いた物は、ためしにバッテリー溶接機で穴を塞いで、溶接のデコボコをきれいに削って油を馴染ませてみたら、その部分で焦げ付くこともなく再生出来ました。

骨の折れたビニール傘は、缶詰の空き缶を切り開いて取った板で折れた部分を巻いて、ペンチでかしめて修繕。どうにも骨が使えなくなった物はビニールだけ取って植木鉢用の簡易温室に。縁あってわが家に来た物は、百均の傘でも捨てられません。


私の持ち物で異状に多いのは本ですが、本の収納にも廃棄物が活躍してくれています。本は地震などで崩れると危険ですから、私の場合、普段読まない本はタンスを閉架式書庫として使っているんです。あまりにギチギチに詰め込んで重くなってしまうと引き出しの開け閉めが出来なくなってしまいますが、文庫本や新書などはカサのわりに重量が軽いですから、タンスの引き出しで十分。というか、本棚に並べるにはサイズが小さく空間の利用効率が悪い小型本は、タンスの引き出しに並べてしまうに限ります。これで単位面積あたりの収納量が格段にアップ。

あとはどこに何の本があるかというインデックスをPCでデータベース化して、あの本どこだっけと検索した時にすぐにわかるようにしておけばOKです。

本には一冊ごとに、自分なりの整理番号を付したカードを挟んで、背表紙を見なくても必要な本が探せるようにしておきます。このための紙は、やたら立派な紙を使っているDMなど。印刷された紙でも、赤マジックで整理番号を記入するなら十分です。

もちろんデータベース登載が間に合わない本を入れておく「検索して出てこなかったらここを探す」引き出しも用意しておきます。これで万全。このために使っているタンスのうち二棹は親戚が捨てると言っていたのをもらってきた物、二棹は引っ越す友人から、一棹はわが家で昔から使っていて古くなった物です。古く汚くなった物でも統一感のある塗装を施せば、かっこいい閉架式書庫に早変わりです。本が日に焼けることもなく、タンス式書庫は快適です。ただし、定期的な虫干しは欠かせません。


こんなふうに、私の暮らしには廃棄物がいっぱい。それでも散らからないコツは、まず自分自身が後で捨てたくなるような物は購入しないこと、そして回収してくるのは明確な活用方法がピンと頭に浮かんできた物に限ること、この2つでしょう。


[175]想い出の品、症候群 ekimusi

私は想い出の品が捨てられません・・・。

例えば、手紙。

筆不精だったのに中学生の頃から友達と文通をするのが好きだったので、

近年やっとメールになり郵便物が減りましたが、それまでの間にかなりの量の郵便物がたまってしまいました。

中学生の思考というのは今となっては不思議なのですが、好きな男の子としゃべったとか、テストで悪い点を取ったとか

はまっているマンガの話とか、そんなどうでもよいことで、まあ、その頃は真剣だったのですが・・・・・。

大人になった今、まずその手紙を読み返すことはないのに、私は未だにそれを捨てられずにいます。

なぜ?

想い出だからです。

その手紙を捨てたら、その想い出まで捨ててしまうような気がして怖いのです。

そんなわけで、私は大きな箱に二箱分くらいの手紙を持っています。

手紙に始まり、日記、手帳はもちろん、写真をきれいに貼ったアルバムも何十冊もあるし、

貼り切れなかった写真も山ほどある(写りがいまいちでも、自分の写真って捨てにくい)

まあ、これくらいなら、捨てられないという人も多いと思うのですが、

想い出が強くまとわりつくと、その物自体に価値が出てきてしまって、捨てられなくなってしまうという

恐ろしい病気?なのです!

友達の結婚式の二次会のビンゴ大会で当てたお風呂のらくがき石鹸。汚れが落ちなさそう、肌によくない

まず使わない。

でも、捨てられない。

小学生時代から、友達からもらったり誕生日に買ってもらった可愛いノート

もう経年劣化でシミとか変色したりしているし、仕事にもちょっと可愛すぎて使えないwがこれも捨てられない!

同じく小学生時代からとってある、可愛い消しゴム。

二歳のときに母が作ってくれた人形、もう絶対使わないが、やっぱり捨てられない……。

引越しの時に友達からもらったオルゴールの人形。

もう10年ほど音楽を鳴らしたこともないが、これも捨てられないよぉ(>o<)

そんなふうに、捨てられないものが山のようにあり・・…、いつか私は想い出に部屋を占領されて

しまうのではないかと怯えています。

想い出がなければ、お金を出せばまた買える!と捨てたり、あげたりもできるようになったのですが。

さて、この数年で何が新たに増えたのか?

それは子どもに関する品々です。

特にこの半年間、特に色々な作品を作ってはもって帰ってきました。

最初は写真だけ残してこっそり捨てていたのですが、だんだんと作っている時の話を聞いたりすると

もうそれは自分の大事な作品になりつつあり・・・。

子どもとの想い出だけは、これからもっともっと増やしていかなければならないと思っていますが、

私はいつか想い出の品を捨てられる日がくるのでしょうか^^;


[176]>171 デジカメで看板を撮ってます。 atomatom

デジカメ散歩でぼくが撮るのは看板ですね。

下町を歩いているとヘンテコな看板、結構あるんですよね。

手書きの看板とか古い看板、笑える看板。

面白いのが見つかったら友達にメールで見せびらかしたりしています。

ぼくの知人、友人の間でこの面白看板が流行の兆しを見せておりまして、みんながとっておきのネタを探して東奔西走しております。


[177]>163 100均 sinozaki62

すごい色々な収納グッズがあって毎回部屋をどう変えていくか考えながらショッピングが楽しくてしょうがありません。

雑誌の賢い収納とかの記事とかみるとあんなのやりたいなーとおもって色々買ってしまいます。


[178]>172 携帯電話 lepremierpas

友人からの大事なメールや誕生日のメールなど残っているので捨てられず大事に取ってあります。

たまに充電して読み返すと温かい気持ちにもなれて、ひとつの思いで収集です


[179]>170 ブランド袋 r-zone

服を買ったときの袋をエコバックとして活用しています。

車の中にいくつか置いてあり、買い物バックとして利用。

ボロボロになってしまっても、まだまだ沢山あるのでとても便利!

またブランドのものだと袋もしっかりしているし

袋だけで買ったのかと思うほどオシャレなバックが多くて

持ち歩いてもかっこ良く決まるので、重宝しています!


[180]千代紙コレクション MINT

私が集めているのは千代紙です。初めて千代紙を手にしたのは小学生の時でした。友だちが学校に千代紙の折り紙を持ってきていて、わぁきれいと言ったら、その中の一枚をくれたんです。お雛様の着物みたいなきれいな柄。その日一日、授業なんてそっちのけで、教科書を見るふりをして、ページの間に挟んだ千代紙を眺めていました。


家にもこういう紙を貼った小箱があったなぁと思い出して、帰って探してみるとありました。数種類の千代紙を貼り合わせて装飾した、かわいい小箱です。

わぁ、色んな模様がある。ここも、ここも、今日学校で見せてもらったのと違う。千代紙の模様って何種類くらいあるんだろう。すっかり千代紙に魅せられた私は、それからしばらく、千代紙の模様を模写するお絵かきにはまりました。実物を見ながらはもちろん、学校の図書室で千代紙のことを調べて、そこに載っている写真の模様も書き写しました。


中学生になってしばらく千代紙のことは忘れていましたが、友だちのお付き合いで入った手芸店に千代紙のコーナーがあって、そこでたくさんの千代紙たちと再会!全判(使われる和紙によって全判サイズは異なりますが、小判で90cm×60cmくらいの大きさです)の物は高価ですが、ワゴンの中には千代紙の端切れがいっぱい入っていて、そちらはとってもお手頃でした。思わず買ってしまい、そこから少しずつ千代紙集めがはじまっていきました。


いったい千代紙の模様って何種類ぐらいあるのでしょう。私はおそらく、伝統的な柄だけに限っても千種類は下らないと思います。

千代紙のもとは、京のみやこで上流階級の人たちが進物の上掛けなどに用いていた絵奉書だといわれています。奉書紙とはかつては宮中専用だったといわれる上質の和紙で、これが室町時代に幕府の公用に用いたことから、命令の紙、奉書紙と呼ばれるようになった物です。そういう上質な紙に季節の花などを美しく描いた物が絵奉書でした。

それが江戸に渡って、木版画によって刷られる江戸千代紙になりました。木版で刷っていきますから、お値段はずいぶん庶民的な物になりました。それでも手作業の多色刷りですから、刷り上がるまでには大変な手数がかかります。ものによっては数日かかって刷り上げる物もあるそうです。


今は千代紙の模様を機械で印刷した物も売っていますが、まだまだ昔ながらの手作業で木版刷りしている版元さんもあります。特に江戸千代紙の伝統を守り続けているのが、東京台東区にある「いせ辰」さんです。

http://www.tctv.ne.jp/miyakyo/tenpo/kikujudoIsetatsu/index.html

創業は元治元年(1864年)。ここのご主人の三代目だった人は特に歌舞伎界との親交が厚く、歌舞伎にちなんだ柄をたくさん作り出しています。きっと昔の娘たちは、ライブ会場でグッズに群がる女の子たちのように、かっこいい役者さんにちなんだ千代紙を、キャーキャー言いながら集めたりしたんでしょうね。


さて、私のコレクションですが、千代紙には大きな全判サイズから、折り紙の大きさに裁断された物まで多様なサイズがあります。しかも和紙は作られる地方や作り手によって使っている漉簀(すきず)や桁(けた)の大きさがまちまちですから、漉き上がる紙のサイズもまちまち。だから一つに束ねて重ねてしまっておくということができません。似たような大きさごとに分類して収納する必要があるんです。


さらに一口に千代紙といっても色々な種類があり、模様のいわれも様々ですから、そういう分類もしたくなります。同じ江戸の千代紙でも、上にも書いた歌舞伎の模様にちなんだ物はどちらかというと浮世絵の文化に近く、お人形さんの着物の模様のような物はどちらかというと友禅の文化に近いなどの違いがあります。


さらにやはりコレクターとしては、同じ模様の物を最低三枚は持ちたいんです。一枚は永久保存用。一枚は鑑賞用、一枚はそれでお雛様を作ったり、小箱に貼ったり、折り紙を作ったりする実用のためです。だからそれらの用途ごとに分けて保存する必要もあります。だって大切な永久保存用を切ってしまったりしたら大変ですから。


こんなふうに千代紙の収納は分類が細かくなって、すごく空間を消費してしまいます。そこで私の部屋のクローゼットは、一区画がまるまる千代紙専用になっています。クローゼットの内側の壁に本棚の棚板を受けるようなネジを取り付けて、自由な高さの棚板を何段も渡せるようにして、そこに色々なサイズの箱を引き出しのように入れて使っています。


どこに何が入っているかは、千代紙ノートに記録します。工作用千代紙の一部を切り取ってノートに貼り、そこに購入日付、お店、価格、種類やサイズ・模様のいわれなどのメモ、そして「い一番」とか「は五番」なんていう箱の番号を添え書きします。これを眺めているだけでもうっとり。心は花のお江戸にタイムスリップです。


あと、千代紙を束ねて表紙を付けた「手作り千代紙絵本」も作っています。文字は何も書かず、純粋に千代紙の模様と質感を楽しむ手作り本なんですよ。もちろん和綴じです。これは主に、たった一枚しか手に入らなかった端切れの千代紙などの保存用です。


手刷りの千代紙は、全く同じ模様でも、紙ごとに微妙に味わいが違います。だから全ての千代紙が一期一会。もうこれ持ってるからいらない、と言えないのが千代紙なんです。出会う全てがほしくなってしまう、ある意味泥沼てすね(笑)。いつか千代紙博物館なんて作りたいなぁと夢見ています。


[181]>177 100均の収納グッズ theresia57

100均の収納グッズは本当に便利ですよね。とりわけ小物の整理には最適だと思います。雑誌や新聞紙を立てるマガジンスタンドも100円で買えるなんて驚きですよね。


[182]>137theresia57

本を買うのは辞められませんね。会うことのできない人の意見を読むことができますからね。ですから本で部屋が狭くなっても、気になりません。本をストッカーに入れて、光や湿気から守っています。


[183]>155 年賀状 theresia57

私も年賀状は、捨てずに残しています。幼稚園の先生からの年賀状も残っています^^ 大切な思い出ですし、捨てる理由もありませんからね。もう黄色くなってしまっていますが^^


[184]>135 アルバム theresia57

私もデジカメで撮った画像はUSBメモリなどに入れて保存しています。思い出のフォトはパソコンで楽しむというのが、いまや主流ですね。大量の収録できますし、整理もしやすいですからね。


[185]>184 アルバム futanbo

ほんとに、今のデジタルの時代、写真を現像しなくなりましたね。でも、そんな風に日記のようなアルバムって素敵ですね。私もお気に入りの写真や友達の写真はデジタルでも現像してあるんですが、アルバムまでに整理できてません・・。昔、写真とともにコメントを書いていた時代が、懐かしく、また、「ああゆうのも、大事だよなあ・・」って気づかされました。


[186]牛乳瓶のフタ集め lepremierpas

小学生のころよくやりました。

今はビンじゃなくてパックになっていると思うので、これを集めることが出来ないかもしれません。

このフタを沢山集めて、メンコのようにして遊ぶのが流行りました。

色を塗って個性を出したり、とても楽しい思い出コレクションでした


[187]サリーのコレクション Cocoa

以前、「大量でうれしい!困った?我が家にたくさんあるモノ」のテーマの時に「布だらけ、端切れだらけ」と書きましたが、そんな布好きが高じて始まったのがサリー、インドの民族衣装のコレクションです。はじまりは、たまたま手に入れた一枚のインドの布でした。サリーは幅約110cm、長さ5?6mの一枚の布で出来ています。とても美しい布だったので、最初は部屋に飾っていました。独特の模様が私をまだ見ぬ異国にいざなってくれるようでした。

時が経つに連れて、次第にそれを着てみたいという気持ちが強くなってきました。幸いネットで探すと着方の解説はたくさん見つかります。最初は全然上手く着られなくて、とても人様にはお見せ出来ない恰好にしかなりませんでしたが、それでも美しい布を身にまとう気持ちは何とも言えないものでした。

だんだん着方に慣れてきて、なんとか格好が付くようになってきたので、ためしに友達が来た時に見てもらったら、綺麗、可愛いと大絶賛してくれました。もちろん私ではなく、サリーのことなんですが。

サリーには何通りもの着こなし方があります。動きが自由な日常生活向けのカジュアルな着方から、布の美しさを最大限に生かしたパーティードレスのような着こなしまで、それは様々です。そしてサリーの布もまた様々。一枚一枚一点製作かと思うくらい多彩な布があります。素材もコットンありシルクありポリエステルあり、模様もプリントされた物もあれば織り模様の物もあり、さらに刺繍で仕上げられた手の込んだ物もあります。

色んな着こなし方を覚えて行くにしたがって、段々色んなサリーも欲しくなってきました。お高い物はとても買えませんが、コットンのプリントなら1枚2000円台から見つかります。これなら普段着を買う感覚で買えちゃうではありませんか。しかもサリーはフリーサイズですから、通販で買ってもサイズの失敗がありません。わーこれ可愛いなどと衝動買いしているうちに、どんどん貯まってしまいました。

もちろん普段それを着て近所を歩く勇気はありませんが、カジュアルなパーティーなどの時に会場で着替えるなら大丈夫。本式の着方としては、上半身にチョリというブラウスを着て、下半身には専用のペチコートをまといますが、私はチョリの代わりに無地丸首のピタT、下半身はスパッツですから、これなら男性のいない所ならどこでも着替えOKです。ただしペチコートは腰の部分でサリーのスカート部分を支える大切な役目を持っていますので、使わない場合は別途腰紐を用意します。

こんな感じで、近頃はすっかりナンチャッテ印度娘が定着してきました。ごくたまにですが、友達にも着付けて、一緒に街に出ることもあります。すれ違う人がオッという感じで振り向いてくれるのがちょっと快感。本物のインドの人とすれ違うと穴があったら入りたくなってしまいますが、ちゃんと着こなせている自信が有れば、声をかけられても胸を張ってサリー大好き!と言えます。

サリー好きが高じて、最近はインドに関する本とか、色んなインドの小物も増えてきました。インドは広い国ですから地域によって大きく文化が違います。インド育ちの人が見たら、きっとかなりちぐはぐな部屋になっていると思いますが、それはこれから段々勉強していくとします…。

なお、収納については、布ですからどんなに増えても収納の苦労はありません。逆に、しまうことより、飾ることの方を考えています。お安いサリーなら、着るには軽やかさと光沢感があるポリエステル、飾るなら布の質感がしっかりしているコットンがお勧めです。

先日、持っているサリーを全部引っ張り出して、床いっぱいに広げてサリーに埋もれてみる一人イベントをやってみました。美しい布達に包まれて夢心地。こんな幸せってほかにない!というくらいの素晴らしい幸せを味わいました。普通の服に比べて身につける機会が少ないサリーですから、こんな風に色々と工夫して、愛する布達と接する機会を増やしていきたいと思っています。


[188]>112 本棚 willingness

すぐ一杯になってしまいます。家賃の何割かは、本のために払っているようなものです。


[189]>183 年賀状。 nakki1342

私も年賀状・・捨てられません

決まった場所においてるわけではないのですが

(どうしてもモノを一定な場所におくことを面倒くさがることがあるのです)

自分宛に書いてくれた年賀状は、ほとんど捨てられません

葉書入れにおいてきれいに整理しないとねえ・・と思うのですが

だめですねえ(苦笑)

葉書入れなどにまとめていれておくと見直すのも楽だと分かっているのに


[190]>186 牛乳瓶のフタ futanbo

懐かしいですね。女子より男子の間ではやってたのは、メンコにして遊ぶためだったんですね。あのフタがまた取れにくい時があるんですよね。なんか失敗すると、紙がベロンベロンにむけちゃったり・・。それで結局中に入っちゃったりwうちの近くの小学校は今でもびんなのでフタあるんじゃないのかなあ・・。


[191]>179 紙袋 futanbo

最近は食べ物以外のもの、洋服や靴を買ってもエコバックを利用することが多く、どんどん家に紙袋が減ってきました。それはいいんですが、逆に紙袋が欲しいのにない・・とゆう状況が生まれて・・。友達なら持ってるだろう・・と聞いてもみんな大きいのとか持ってるの少ないみたいです。バブルの頃は、薄いブラウス1枚でもあの立派なやたらとでかい紙袋に入れられて、家の中に紙袋があふれていたのに・・。それだけエコが浸透してきているってことですね。


[192]楽譜・教則本 futanbo

5歳のころ、当時はやっていた「ヤマハオルガン教室」になかば無理やり入れられたんですが、その頃からの教則本が実家に残っています。最近、またピアノやエレクトーンを触るようになって、昔の楽譜たちを見る機会があって、教則本にかかれている子供のころの自分の字を見て、懐かしくて笑ってしまいました。一生懸命やってたんだなあ・・って。記憶にない部分をなんだか思い出させてくれて・・。うちの母親が自分が楽器やりたかったけどできなかったので、娘に習わせたようで。だから、学校の教科書とかは全部捨てられてたけど、音楽教室の本は残されてたんですよね・・。なんだか母の想いも伝わってきました。子供がいないのですが、今度は姪っ子にぜひその教則本で教えてみたいって想ってます。(こないだ教えようとしたけど、まだ手がちっちゃくて無理だったw)


[193]>175 想い出症候群 futanbo

私もその気が?あります・・。

「想い出が好き」なんですよね。。

=想いでのものが捨てられない。。。

=ものが増える・・・。

私もついつい「あれもこれも想い出が・・」とモノが増えてしまって収集がつかない状態です。。子供がいないからまだましかも。子供がいたら、絶対もう作品捨てられない症候群?wになってると思いますね。。

でも、今回きっぱりと大整理をしようと思っていて・・。

想い出はもちろん大切だけど、未来も大切。

そして、モノが多いと掃除がしにくいし、暮らしにくい!(しかも自分が片付けが下手)なので、想い出のモノと決別していきたい所存です・・。(でも自信がない。。)

よっぽ?どのモノは「宝ものいれ」に入れようかな・・。


[194]>173 記念硬貨 nakki1342

買い物やバスの料金を払うときに記念硬貨が出てきたら

ラッキーと思ってその硬貨は、できるだけ使わないように

していましたね。

しょうがないときには使う時もあったのですが

これからもし・・手元に記念硬貨がやってきたら

使わないでおきたいなと思っています


[195]ギザ10. nakki1342

以前は、10円玉でギザギザがついてたものを

コツコツ集めていましたね

ギザ10の中でも年代によって手元にやってくるものと

そうではないものがあって面白かったですね

だから10円玉でギザギザがあるときには

年代をチェックする習慣もついていました。


[196]ゲーム manmakozou

値段高いのであつめるのにくろうしたZE


[197]電子パーツを駄菓子屋風にディスプレイしながら分類整理 Oregano

私の幸せコレクションは電子パーツです。電子工作好きの私にとって、パーツの山は宝の山。最近はジャンク屋が少なくなりましたが、まだまだ探せば掘り出し物が探せる店はあります。そういう店に行って、使い道があるのかないのかわからないような色とりどりのパーツを漁りまくり、それをどっさり抱えてイエに帰る時の幸せな気持ち。これは何にも代えがたいものがあります。オタクですねぇ(笑)。


しかし困ってしまうのが整理です。PC用パーツのような基板単位で組み上がっている物ならいざしらず、私が集めているのはそういう基板を構成する豆粒みたいな部品の数々ですから、ちょっと整理が悪いと、使いたい物を探す時に一苦労することになってしまいます。

こういうのが抵抗器の一例。

http://img01.naturum.ne.jp/usr/pickupcamperdoityourself/%E3%82%A...

こういうのがコンデンサの一例。

http://www.zea.jp/audio/ttr/ttr_208.jpg

これはお馴染みトランジスタ。

http://www.henteko.org/fswiki/image/PIC%25A4%25F2%25BB%25C8%25A4...

ほかにも色んなパーツがありますが、とにかく電子パーツというのは、こういう小豆粒にハリガネの足が生えたようなちっちゃな物が多いんですね。そしてやたら種類が多いんです。さらに同じ種類のパーツでも、付された数字や記号、色のマークなどが一つでも違えば、もうそれは全く異なる特性を持った別物です。


そうした星の数ほど種類のあるパーツをどう分類整理しながら収納していくかで、ずっと頭を悩ませていました。よくあるのは、小さな引き出しがたくさん付いたケースを並べてその中に収納していくやり方だと思いますが、それではいまいち面白味がありません。

そんな時イエはてなで見たこの書き込みがいいヒントを与えてくれました。

http://q.hatena.ne.jp/1251694405/231049/#i231049

このアイデアをさらに発展させて、こういう駄菓子屋の店頭のようなディスプレイは実現出来ないかと。

http://ganref.jp/m/shunya/portfolios/photo_detail/1131cfcbfdf7ed...

さっそく部屋の一角に古材で台を作り、そこに同じく古材で作った背の低い木箱を何個か作って並べてみました。ちょうど上の写真の右下に見えるような箱ですね。もちろん上には透明アクリルのフタを付けてあります。木箱の中には標本箱のような小さな仕切りを付け、そこに小さなパーツ類を種類ごとに整理していくことにしました。

大容量の電解コンデンサやバリコンといった形が大きなパーツや、基板として組み上がっているパーツなどは、

http://psychodou.noblog.net/blog/d/10075591.html

こんなガラス製の瓶があれば最高ですが、価格が高いので、かわりに似たようなプラスチック製の酢漬けイカが入っているような容器を探してきて、その中に入れて並べました。

後ろにはゲタバコのような何段も棚板を渡した棚を取り付け、百円ショップで売っているピクルス瓶のような広口のフタ付きガラス瓶を並べて、やや形が大きめのパーツを分類整理する場所にしています。

棚の上段は、ユニット基板や生基板、アルミ板などの形の大きい板状の物と、使い道があるのかないのかわからないような本当のジャンクの指定席。いかにも駄菓子屋風の紙箱を作って入れて並べてみました。

真空管などは木の板に穴を開けて木ネジでソケットを取り付け、そこに挿して同じく棚に。使う時にはソケットごと外して使います。

その他使用頻度が低い特殊部品や、ネジ、ツマミ、といった物は、古い木の引き出しを置いて、その中に仕切りを作って整理。大型トランスなどの重量がある物や、ケースなどの形が大きい物は、台の下が指定席です。

木製の台や箱や棚や引き出し類は全て古材や古道具ですから、なかなかレトロないい感じに仕上がりました。その落ち着いた古めかしさの中に、わざと赤や黄色の極彩色のフタの付いた入れ物などを並べていくと、雰囲気は見事に駄菓子屋です。パーツがアメ玉に見えてきます。

これで分類整理の目的を果たしながら、在庫が一目で確認でき、さらに部屋のディスプレイとしても面白いコーナーができあがりました。

今も色々な駄菓子屋さんの写真を見ながら、使えるアイテムやディスプレイの仕方などを工夫して、日々このジャンク駄菓子屋は進化中です。小さな一角ですが、そこに私の夢がぎっしりと詰まっています。


[198]>191 紙袋 linne

意外としっかりしたものが多いので、そういった紙袋は我が家でも貯めておいています。

現在は雑誌の収納用として利用。これが意外と便利です。本棚に入れるのにはちょっと……という雑誌も紙袋ならさっと入れてさっと出せますから。


[199]骨董集めが趣味ですが… watena

私は古民具、骨董の類が好きで、時々そういう店を訪れます。お店のご主人から色々話を聞き、知識を深めるのが目的なんですが…。買っちゃうんですねぇ、いい物があると。しかし、古民具、骨董の類はかさばる物が多いですから、家に持ち帰ると、まず置き場がないと顰蹙を買ってしまいます。そういう趣味の無い人にとってはただのガラクタ、古めかしいだけで何の価値も無いように見えますから、無理もありません。

そこで考えました。私にとっての古民具や骨董の価値とは何なのかを。答えは、物にこめられた人々の暮らしの足跡です。

骨董屋を訪れる人には様々なタイプがあります。まず美術的価値を求めてやってくる人達。書画や陶器、刀剣類などは絶好のコレクターズアイテムです。

トレードを楽しみにやってくる人達もいます。古物を回してオークション的な利益を得ようとする人もいますが、多くは同好の士との交流を深め、同時にお互いのコレクションの充実を促し合うため。こういう人達の中には古物商の許可を取って、プロしか出入り出来ない「市」にまで顔を出す人もいます。

そして最後が、庶民の歴史や民族文化に魅せられている人達。こういう人達が興味を示すのは、実生活で使われていた道具の数々です。美術品的価値や財産的価値には目もくれず、もっぱら昔の庶民の日用品や古い農機具などに目を輝かせます。

しかしこういうのが、趣味のない家族にとっては一番困ったタイプでもあるのです。まず美術品などと違って価格帯が安いですから、のめり込むとどんどん買いまくってしまいます。また本人はそれを通して文化の保存をしているのだという自負がありますから、家族からの苦情に耳を貸しません。いつかきっと理解してくれる日が来るさと言いながらこれでは、理解など得られるはずがありませんね。やがて家に溢れ出す古物の山。物が片付かなくなり、調度の統一感が崩れ、昔の暮らしの歩みを保存するのだと言いながら自分の暮らしが崩れていく…。かく言う私が、それに陥りかけました。これでは主客転倒です。

そこで私は、わが家の暮らしに取り入れて使い続けても違和感のない物だけを収集することに切り替えました。ちょっとだけ昔の良さを見直す。伝統を暮らしの中に取り入れる。そうしたいわゆるスローライフを楽しんでいく中で、たとえば和食の良さを見直すと、今まで古い陶器などには見向きもしなかった家族が、骨董屋の奥で埃を被っていた古伊万里などを見て、あらこれいいわねなどと言ってくれるようになるのです。

実際にそれを食卓で使っていると、段々家族もその歴史に興味を持ってくれるようになってきました。食卓の話題に「伊万里って有田で焼かれていたのね、その積出港が伊万里港だったから古伊万里、初めて知ってびっくりしちゃった」などという話も出てくるようになって、道具から広がる歴史探究の面白さを、少しずつ理解してもらえるようになってきました。

これはほんの一例に過ぎませんが、とにかく昔の暮らしの足跡を保存したいと思うなら、それを今の暮らしに生かしていくことが欠かせないと考えるに至っています。手当たり次第買い漁って物に埋もれるコレクションもいいかもしれませんが、私は今の暮らしに違和感なく取り入れられる物を実際に愛用していくことで、文化の継承をコレクションしていくことに喜びを見いだしています。

生活様式が変わりすぎて今の暮らしに取り入れることが困難な物は、暮らしの調和を崩すことなく飾って楽しめる物だけ。

http://q.hatena.ne.jp/1233118479/201753/#i201753

こちらで書かせて頂いた薪ストーブ導入計画もその一環で、一時は片付かないと嫌われていた民具などを、薪ストーブに似合うディスプレイとして活用することで、暮らしに潤いをもたらす愛されるアイテムにしていくことを目指しました。この計画は割と上手くいって、「こういう雰囲気の喫茶店でも作ったら案外流行るかもね」と言ってもらえています。今は薪ストーブの明かりと行灯で、キャンドルナイトなども楽しんでいます。

暮らしの道具は暮らしを作るために作られたということ。時代を経た昔の道具だって、一番喜ぶのは、実際の暮らしの中で使い続けられていくことに相違ありません。たまには貴重なお皿を割ってしまったりすることもありますが、それはそれで暮らしの足跡ですから、割れた物は割れた姿で保存していくことにも価値があると考えています。


[200]切手 onokoudai

切手を集めています。


[201]歴史的假名遣(かなづかひ)の本コレクション Fuel

ほんの数十年前まで、日本の書籍はみな、歴史的仮名遣いで出版されていました。もちろん文体は普通の口語体です。文字で書く時も話し言葉と同じに書くという言文一致は明治時代より始まったものですから、歴史的仮名遣いといっても、表記のルールさえ飲み込んでしまえば、読むのに苦労はありません。


しかし近年、長く歴史的仮名遣いのままで重版を繰り返してきた本が改版され、現代仮名遣いに書き直されていくケースが増えています。これは望ましい発展なのでしょうか。私は「否」と言いたいのです


特に文学の世界においては、作家は言葉の一つ一つをとても大切にしていると思います。文学作品はアナウンス原稿ではないのですから、読み上げた時に同じ発音になればそれでいいというわけにはいきません。


また、歴史的仮名遣いがスタンダードだった時代に、わざとその当時の正しい仮名遣いを崩して書かれている作品も存在します。たとえば宮沢賢治の風の又三郎には、

さわ(は)やかな九月一日の朝でした。

ぶるぶるふるえ(へ)ました。

たうた(と)う泣き出してしまひました。

こういった個所が多数散りばめられています。括弧内が当時の正しい仮名遣いです。しかし童話という性格から、わざと子供が書きがちな「間違い」を織り交ぜて、独特の雰囲気を出そうとしていたのでしょう。


作品が異なる仮名遣いに乗せ替えられてしまったら、仮名遣いに込められたそうした文学的表現が台無しになってしまいます。ほんの数十年前に書かれた作品が注釈無しでは正しく読めない時代になってしまう。そんな危機感をひしひしと感じる今日このごろなのです。


そこで私は、文学を中心に、歴史的仮名遣いのままで出版されていた時代の古本を集めまくっています。歴史的仮名遣いの本にも、使われている文字が旧字体の物と新字体に改められている物が混在していますが、両方手に入れば両方集めます。


収集対象は予算の関係で主に文庫本になります。古い文庫本は新聞用紙の切り落としを流用して安く印刷していたそうで、紙質が悪く、古い本はページが変色してパリパリになっていたりしますが、とにかく数を多く集めたい私にとってはありがたい存在です。大切に保管すれば、子供の世代くらいまでは受け継いでいけるでしょう。


保管の悩みは、やはり経年変化対策です。様々な資料を参考に、古く紙質も悪い本をどうやって長持ちさせるかに努力しています。

・本の間に物を挟まないこと。しおり類も挟んだままにしておくと、その部分を黄変させてしまいます。

・本棚にギュウギュウに詰め込まないこと。圧力による影響に加えて出し入れする際の無理な力も製本を劣化させてしまいます。

・温度や湿度は高い低いよりも変動が大きな影響を与えます。できるだけ一定に保つことが大切です。寒い部屋からいきなり暖房の効いた部屋に持ち込むなども本にとってはよくありません。(本の保管に最適な環境は、日本の四季の変化を考慮すると、室温は20度前後、湿度50%前後がいいらしい)

・書棚置き場には調湿性のある木材や漆喰壁などが効果的です。ただし施工後十分な時間をおいて、水分や種々の揮発成分が抜けきってから本を運び入れます。

・天然木を用いた書棚はヤニの揮発成分が、合板などを用いた書棚は接着剤の揮発成分やホルマリンなどが紙に悪い影響を与えます。またスチールの書棚は気温の変化で結露が起こりやすい欠点があります。結局安心してそのまま使える書棚は無いので、私の場合はよく乾燥させたヤニの少ない木材で棚を組み、表面を厚手の和紙で覆って揮発成分を和紙に吸着させるという方法を採っています。本の虫干しの時はこの和紙も外して虫干しします。


最終的にはスキャナで撮って電子保存ということになるでしょうが、スキャナで撮るには本を開いた状態で押しつけなければなりません。これは本を傷めますね。軽く開いた状態でカメラで撮って紙の湾曲を補正するという方法もあるかと思いますが、何百ページもある本を千冊処理するとしたら、いったいどれだけの時間が必要でしょうか。

最終的には歴史的仮名遣いの必要性を出版社に認識してもらい、オンデマンドのデジタル出版でもいいですから、現代仮名遣いに改版する前の版を復刻してもらうのが一番ですね。出版は文化の守り手です。本当なら私の書棚ではなく、版元で現行本として維持していってほしいのです。それでも私の古本は、私の幸せコレクションとして、いつまでも大切にされていくことに変わりはありませんが。


さぁて、今日もまた古本屋さん巡りをしてこよう!結局、文化が文学がと偉そうなことを言う以前に、ただの単純な本好きなんですね。2010年は「国民読書年」です。皆さんもこれを機会に、何かテーマを持った読書をしてみてください。そのための一つとして、歴史的仮名遣いの本に触れるというのもお勧めです。


[202]>193 思い出の品が捨てられない theresia57

私も、思い出の品がなかなか捨てられません。

小学生のころ、遠足で買ったキーホルダーなど、ほかの人から見たらどうでもいいようなものが捨てられません。

そういうものを「思い出箱」に入れて倉庫にしまっています^^


[203]>189 年賀状 masi_o007

年賀状は捨てられないですけど基本的に私の中でルールを決めて過去5年分は確実に取っておきます。これからを考えると多少捨てていかないと、溜まる一方でおき場所に困りますからね。


[204]地銀の支店番号 fumie15

を集めていました。父がその銀行に勤めていたため、勤めに出るときその銀行に専用の普通預金と定期預金の口座を開きました。普通預金はお給料が入ってそこからいくらか積み立てを毎月しています。そのほか余裕が出たりすると、それも貯金します。ただ貯金するだけでは面白くないので、なるべく新しいところで貯金することにしました。

そのためだけに駅前に行ったり、県内にある両親の実家の近くにある銀行に行ったり、隣町の銀行に行ったりします。

その銀行のホームページにある支店を見てまだここに行っていないと思うと、わざわざ貯金をしに行きます。

目標(?)を持って貯金しています。



今行きたいのは東京に一軒だけある支店です。うーん、貯金のために数万円かけて東京に行くのはちょっと・・・。かといって東京の地理に詳しくないので、その支店を探すのには一日かかると思うので何かのついでに行くのには大変そうです。


[205]>200 切手 fumie15

なんとなく集めていたのですが、あるとき会社で使用ずみ切手を集める箱があったのでお気に入りの切手以外すべて箱に入れました。

今はうさこちゃん(ミッフィーとはどうしても呼べない、違うキャラクターのようです)やパトレイバーなどいろんな切手があっておもしろいです。


[206]>202 思い出を捨てるような気がしてしまう atomatom

そうなんですよね、モノを捨てるときに思い出ごと捨ててしまうような気になるんですよね。

破れたTシャツが捨てられません。

捨てる直前に買ったときの記憶がよみがえってしまうからです。

ですから「これは捨てる」と決めて、実際に捨てるのは家内にお願いしています。

そうでもしないと捨てられないです、はい。


[207]簪コレクション vivisan

昔から着物を着て簪を挿した人にあこがれていたんですよね。実際に着るようになって、簪一本で髪をまとめることができるということを知ってから知らず知らずのうちに簪が増えていきました。

これができると、いつでもどこでも簪(もしくは箸)が一本あれば髪をまとめられるので、仕事中でもイエにいるときでも、だいたい簪でまとめています。

最初はお値段の安い樹脂製のものを求めていたのですが、私の髪は長くて少し多めなのか、一本挿しの練習をしているうちに、バキっと折れてしまうんですよね。気に入ったものが無残に折れてしまうのは忍びなくて、樹脂性のものは遠慮するようになりました。


簪っても縄文時代ごろからあったそうですね。古代の日本では、一本の細い棒に呪力が宿ると信じられていて、髪に挿すことで魔をはらうことができると考えられていました。

簪には耳かきみたいなのがついているのが多いんですが、耳かきの名残とも言われているようです。。

基本的には一本足のものと二本足のものがあって、基本的に髪をまとめるのに使えるのは一本足のものです。二本足のものでもできなくはないですが、モノがやわいので、私はまとめるときは一本で、二本のものは挿すのみとしてます。

[f:id:vivisan:20100211212213j:image:w400]

材質は主に、樹脂、鼈甲、木、竹、角、銀などがあります。

飾りは、上の写真のように平打といって、平らになっているもの、玉簪といって、とんぼ玉や石などをかざりにしているもの、飾りを垂らしているものなどがあり、私は材質によって収納を分けています。

木は特につげのものが多いです。これはまず折れないということが前提条件ですが、つげの木はとても固いのです。そして静電気が起こりにくいということもメリットのひとつ。そして忘れてならないのは自然のものであること。樹脂製のものを挿しているときと自然のものを挿しているときとは挿した感覚が違います。使えば使うほど味がでてくる色になるというのもいいですね。なので木製はほぼ本つげのものが増えてきています。ダンナに始めてプレゼントしてもらったのもつげの簪ですし♪そんなワケで思い出も深いのです。

いろいろな種類があるため、TPOにわけてつけるようにしています。

上の写真のものは、人前で三味線をひくときなんかに。

下の写真のものは、ちょっとしたお出かけなんかに。


元々は古い着物箪笥に収納していましたが、数が増えてきてしまったことと、簪ごと移動したかったので、祖母の家にあった背の低い引き出しがいくつかついた小箪笥をもらって簪箪笥としました。それぞれの引き出しは材質によって分けています。引き出しの中にはお気に入りのやわらかい布を敷いて簪をねかして収納です。一番好きなのは、平打簪の中でも透かし彫りとよばれるタイプのもので、銀の簪が好きなのですが、彫金が趣味な友達の作品で、誕生日プレゼントとして作ってくれた透かし彫りの簪がめちゃくちゃお気に入りです。強度をあげるために棒の部分はステンレスにして、飾りの部分を銀で作ってくれました。心がこもっていて一番の宝です。

移動できることによって、着物と帯を決めるときにもすぐに取り出して選ぶことができるようになり、かなり便利になりました。

ふだんは和室のインテリアとしてこじんまりと鎮座しています。


ほかにも簪の種類として、舞妓さんなどがつけるつまみ簪というのがあります。絹や水引細工で作られたもので、前面につけていますが、これは季節によってつける簪を変えています。


・ 一月:「松竹梅」或いは「羽子板」「糸車」「寒菊」など。正月(京の花街は15日まで)は「稲穂と鳩」を舞妓は髷の右、芸妓は左につける。鶴亀などを添えることも。鳩の目を意中の人に書いてもらうと恋が成就すると伝えられている。

・ 二月:「梅」(蝶や結び文を添えることも)や他に節分のおばけに付ける「くす玉」「かざぐるま」などもある。(他に水仙を挿すこともある)

・ 三月:「菜の花」(蝶を添えることも) 他に「水仙」「桃」「牡丹」

・ 四月:「桜」 他に「五郎蝶」

・ 五月:「藤」 他に「あやめ」

・ 六月:「柳(撫子の花が付いている)」 他に「紫陽花」

・ 七月:「団扇」祇園祭の期間(の内の7月10日頃?24日)に付ける「お祭り」

・ 八月:「ススキ」 他に「朝顔」

・ 九月:「桔梗」 他に「萩」

・ 十月:「菊」

・ 十一月:「紅葉」 他に「いちょう」

・ 十二月:「まねき」(歌舞伎役者などの名前を記す木の看板)(これに「餅花」の飾りが付いていることも)

?Wikipediaより?


さすがに私の年で、これをつけるのはためられるんですが、最近造花を簪にするなんちゃって簪を作っているんですよね。舞妓さんがつけるものと比べるととても作品とはいえないようなものですが、これを月ごとに飾ることで四季を感じることができるかもしれない!と思いました。

[f:id:vivisan:20100211212303j:image:w400]

着物の場合、季節を少し先取りしたものが粋といわれています。なので、少し早めの時期に飾ります。飾るのは立体額の小さいものを購入しました。

こうやって飾っておくことで、四季を感じられるようになりますし、着物を着るときにも便利。単体の簪だけでも存在感はありますが、立体の額にいれると、ちょっとした和室のインテリアとして部屋を彩ってくれるようになりました。これにはびっくりです。

今年はほおずきに挑戦したいとおもいます。ほおずきだと垂らすかたちになると思いますが。今から腕がなりますw

またありがたいことに、私がコレクションしている透かし彫りの簪は植物が多いのです。椿とか菊とか。これも飾ってあげることによって、より昔の職人さんのすばらしさを身近に感じることができるようになりました。

簪は私にとって、ただ髪を飾るものではなく、イエの中で四季を感じることができるひとつのツールとしてなくてはならないものとなっています。

そして自然のものからできた簪はこれからもコレクションしていきたいと思っています。


[208]「お気に入り」がどんどん増えていく atomatom

食べ歩きや飲み歩きのブログを読むのが好きなんです。

「お気に入り」に登録しているんですが、登録数がどんどん増えていきます。

定期的に整理して、本当にお気に入りのものだけを厳選しようとはするのですが、いつの間にか増えていくんですよね。

平均的なお気に入り登録数っていくつくらいなんでしょうね。

今、数えたらぼくの場合は51個でした。

まあ多くなったってスペース的に困ることはないんですけど、時間的に読むのが追いつかなくなってしまいますからね。


[209]>141 ミニチュア nakki1342

私も少しですが手元にあるミニチュアがあるので

100円ショップで売っている

それらを飾ることができるケースに入れています。

まとめて飾るとすっきりして見やすくなるし

気に入っています。

あと少しミニチュアが欲しいなと思っていますけど・・


[210]ボタン集め taka2132

なぜかわかりませんが、洋服のボタンを集めていました。

なんとなく、触っていると落ち着くというか・・・

何ででしょう?

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ