人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

立川談志さんに関する驚きのエピソードを教えてください。
(ブラック、下ネタでない誌面で紹介できるようなネタで)

ウィキペディアはもう熟読したのでそれ以外でお願いします。


●質問者: maki5111
●カテゴリ:芸能・タレント 芸術・文化・歴史
✍キーワード:ウィキペディア ネタ ブラック 下ネタ 立川談志
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● mandoto57
●18ポイント

電車の中の大人

http://special.gotoshoin.com/shiraku/post-43.html


2 ● Sars5i
●18ポイント

「生きる伝説落語家」立川談志論

http://dragon0530.blogspot.com/2006/07/blog-post_115191318994913...


3 ● winbd
●18ポイント

若い頃、三遊亭円楽と一緒に海に遊びに行った立川談志。

途中で円楽が沖のほうで溺れてしまったそうです。

しかし談志はそれを見ながらも、まったく助けようとしなかった。


結局、他の人に助けられて事なきを得た円楽。

後でみんなは談志に「なんで助けに行かなかったんだ」と詰め寄ると、談志はこう言った。


「俺と円楽の二人が死んだら落語界は終わる。俺一人でも生きていれば何とかなる。」




当時、落語といえば円楽と談志だと言われるほど二人の才能は評価されており、

嘘とも本当ともとれる言い訳として周りも納得せざるを得なかったそうです。


http://q.hatena.ne.jp/answer


4 ● theresia57
●17ポイント

ある日、高座で落語を話していた談志。

ふと客席に目をやると居眠りをしている男性が。

最初のうちは、お客さん寝ちゃうと落語聞けないよと、優しく言っていたが、そのお客が何度言っても眠るので談志はついに怒って高座を降りてしまう。

慌てた演芸場のスタッフはそのお客さんに丁重に挨拶し帰ってもらった。

しかしその客は侮辱された、と怒り、ついには裁判まで起こし談志と演芸場を訴えてしまう。

しかし、どんな状況になろうと談志はひかない。ただ一言、俺の落語で眠るなんてふてえやろうだ。

そしていよいよ裁判の判決。結果は棄却。演芸場で演じている落語家の前で眠るのは立派な営業妨害であって退席を求められても仕方がないという判決が下った。

http://www.freestyle-life.net/tough-word-story-page-2.htm


5 ● rpg6240
●17ポイント

http://www1.e-hon.ne.jp/content/sp_0031_i_tatekawadansyun.html

こういったのは如何ですか?


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ