人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

涙を流す木を探しています。
場所は、南アフリカのイーストランド地方にあるデーヴィトンの街だそうです(綴り不明)。
1970年に植えられた12本のチプアナ樹(たぶんtipuana)のうち、一本だけが毎年 9月?2月まで水を噴くんだそうです。
1980年7月にその木がものを話すという噂がたって大騒ぎになったこともあるそうです。
その「涙を流す木」が今もあるのかどうか調べてください。

注意:
東南アジアにある雨の降る木(セミのおしっこが落ちてくるやつ)ではありません。
ゴムの木でもありません。


●質問者: chinjuh
●カテゴリ:旅行・地域情報
✍キーワード:1970年 1980年 7月 9月 おしっこ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● meefla
●60ポイント ベストアンサー

最初にお断りしておきますが、以下の記述は状況証拠の積み重ねで、直接の物証はありません。

ですので、間違っている可能性も排除できません。


場所がマイナーという事を割り引いても、これだけいろんなキーワードが出ているにもかかわらず、「涙を流す木」の記述にかすりもしないという事から、アプローチを変えてみました。

なぜ木が涙を流すか、です。

最初は樹液の線を考えてましたが、チプアナの樹液は血のように赤い色です。

when you trim a limb off of a Tipuana tree, they emit blood-red sap. It literally looks as if you've cut off a human limb.

Tipuana tipu のコメント#16、Rick Wilson さんのコメントですが、枝を切ると人の手足を切った時のように見えるそうです。

従って、樹液が出たのであれば「血を流す木」というニュースになるでしょう。

さらに、同じページのコメント#26、babsie さんによれば、

.. they "weep" due to some insect excreting a fluid. (snip) Is it only in South Africa that we experience this problem?

「(チプアナの木が)何かの虫のせいで "すすり泣く" んです。(中略)これって南アフリカだけ?」

つまり、babsie さんの所にも「涙を流す木」がある、という事になります。


キーワードを「tipuana insect "south africa"」にして、Google Books の Field guide to insects of South Africa P154 から、その虫は Ptyelus grossus だろうという事がわかりました。

地元では Rain-tree Bug あるいは Tipuana Spittle Bug とも呼ばれているようです。

("Spittle Bug" は和名では アワフキムシ ですから、分類学上ではセミと同じ カメムシ目 ですね)

幼虫と成虫が木の樹液を吸って多量の水分を排泄する "rain-tree" 現象で有名、と記述されています。

とすれば、「12本のうち一本だけ」も「毎年 9月?2月まで」も理屈がつくでしょう。

http://www.worldagroforestry.org/af/treedb/AFTPDFS/Tipuana_tipu.... (PDF)

の P2、チプアナの分布図によれば、南アフリカはチプアナの原生地ではなく、また多く移植されている国にも含まれていません。

おそらくデーヴィトンに初めて移植されたチプアナに虫が付いて、今まで見たことのない現象が起こったのでニュースになった、という事だろうと思われます。

9月?2月は、南半球の南アフリカでは夏季ですから、ちょうど虫が活動する時期と一致します。

「ものを話す」の方は虫だけでは説明つきませんが、ヨハネスブルグの気候 によれば、7月は一年中で最も降水量の少ない月ですので、乾燥と関係しているのかもしれません。


以上を踏まえて、ご質問にある木の現状を推理してみます。

Invasiveness Assessment - Rosewood, Tipuana Tree (Tipuana tipu) in Victoria によれば、チプアナの寿命は最低20年です。

Q: Reproductive period?

A: A pioneer species, still present in secondary forests 20-50 years old (Grau et al., 1996). This indicates that the trees live for at least 20 years, producing seed from the age of 8-10 years

50年たった森に最初の種が生存していた事もあるようですので現存しているかもしれませんが、そもそも虫にやられている木なので天寿をまっとうできていない可能性の方が高いでしょう。

ただしチプアナは、繁殖力が旺盛かつ根っこが強力でコンクリートの歩道やプールを破壊するほどなので(オーストラリアでは、上記のページにあるように、侵食して生態系を破壊する外来種になっています)、その木の子孫はおそらくその公園の近辺に生えているでしょう。

そして、少なからぬ本数の「涙を流す木」があるものと推測されます。


以上、ご参考になれば幸いです。

◎質問者からの返答

うーん……

実はカメムシ目の昆虫が木の枝から雨をふらすのは結構有名でして、

日本でもたまに「この木の下だけ雨が降る!」って大騒ぎになるんですが

たいていはヨコバイのたぐいがシイコをしているんですよね。

正体はだいたいそんなところうだろうって想像してまして……

最初に書いておけばよかったか……あいたたた。

でも、チプアナ樹の寿命が20年くらいだってこととか、樹液が赤いとか、

面白いことたくさんしらべてくださってありがとうございます。

状況から考えて、問題の木は現存していないか、

現在ではあまりにも当たり前のできごとなので

誰も話題にしないかのどっちかなのでしょう。

ええと、質問は、謎解きではなく、

木が実在(現存)しているかどうか、なので

やや憶測すぎるかなという気もしますが、

コメント欄にあるアメリカの例というのを

なんらかの形でレポートしてくださったら帳消しにしたいと思います。

あと、いるかをつけますので、

本当にカラースターがもらえたかどうかも

レポートしてくださいませ。

http://hatena.g.hatena.ne.jp/hatenaquestion/20100218/1266460297

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ