人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日本で、価格を統制される業種を教えてください。また、価格統制令は戦前の法律だそうですが、その条文も教えてください。ちなみに、タクシー料金、鉄道運賃、空港利発着料、細かいほど良いのですが、よろしくお願いします。質問が2つにわかれています。どちらでも、いくつでも結構です。

●質問者: kirin_k
●カテゴリ:経済・金融・保険 科学・統計資料
✍キーワード:にわか タクシー料金 価格 戦前 法律
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● owada
●100ポイント ベストアンサー

こちらに詳しく書かれています。

価格統制令そのものは戦後に物価統制令へと変わっているようです。

現在この物価統制令の対象となっている品目は銭湯の「入浴料」だけとのことです。

http://wapedia.mobi/ja/%E7%89%A9%E4%BE%A1%E7%B5%B1%E5%88%B6%E4%B...

公共料金の価格に認可の必要のあるものには、公共料金というカテゴリーがありこれについては物価統制令と何が違うのかというと根拠となる法律が違うということしか違いがないように私も感じます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E5%85%B1%E6%96%99%E9%87%9...

ほかに、再販価格維持法により独禁法適用除外を受けているものも価格統制されているもののひとつと考えることができると思います。この場合例えば、本・新聞などは都市部では不当に高い金額となり、僻地では廉価に入手できる(価格統制の恩恵を受けている)ということが考えられると思います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%86%E3%83%A...

◎質問者からの返答

十分な調査、ありがとうございました。お礼申し上げます。近々飛行場の件について同じ質問をいたしますので、よろしければそちらの方もお願いします。


2 ● horonict
●50ポイント

価格統制令は戦前の法律だそうですが

たぶん「物価統制令」のことを指しているのだと思いますが、これは戦後の法律です。

終戦直後の急激なインフレに対して作られました。

条文は下記の通り。

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S21/S21CO118.html


現在も有効な法律ですが、これによって統制されているのは「公衆浴場入浴料金」のみになっています。

タクシー料金などは「当局の指導」という形であり、けっして統制されているわけではありません。

◎質問者からの返答

ご丁寧な、調査ありがとうございました。近々飛行場の件、及び、当局の指導事項についてお尋ねしたいと思います。よろしければそちらの方もお願いします。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ