人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ハリウッド映画が火を着けた流行、現象を探しています。

インデペンデンス・デイで葉巻を吸う事がブームに!経済効果は年間5億ドル!

みたいなネタが良いです。

●質問者: gavas
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 書籍・音楽・映画
✍キーワード:インデペンデンス・デイ ドル ネタ ハリウッド 映画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

[1]ハスラー2でビリヤードが大ブームに chinjuh

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%B...

ちょっと古いかな


[2]日本版でリメイクもされました。 jeff777

日本版でリメイクもされました。

http://naoterada.exblog.jp/11239137/

http://www.ppcvino.com/news/archives/date/2008/02


[3]アメリの norinorisuke

アメリの映画の中で、クリームブリュレの上のパリパリを崩して食べる。

そのシーンが印象的で、クリームブリュレが流行ったような・・・。

http://www.kanshin.com/keyword/840296


[4]西部劇映画からウエスタンブーム aa777aa

西部劇ファッションから近年、ウエスタンブール、ハット、フレンジや羽飾りのついたジャケットやブーツ、などが流行っています。今年の冬は特にフレンジのついたウエスタンっぽいブーツ、刺繍の本式ウエスタンブーツ、星の飾りのウエスタンブーツなどがはやっています。

http://www.anapnet.com/ent/19538


[5]映画「カクテル」→フレア・バーテンディング大流行 nofrills

この質問、なぜ「いわし」なんでしょう。ともあれ……

http://plaza.rakuten.co.jp/wave821/13007

フレア・バーテンディングが世界の人たちの目に飛び込んできたのは、1988年、トム・クルーズ主演の映画「カクテル」によって一躍知られるようになった。この映画の舞台になったバーがニューヨークのT.G.I.フライデーズで、トム・クルーズのフレア・バーテンディングの指導者になったのもサンフランシスコのT.G.I.フライデーズのフレア・バーテンダー、ジョン・バーンディー氏である。

1965年、T.G.I.フライデーズの1号店がニューヨークの63番通りファースト・アベニューにオープンして以来、現在世界に650店舗以上チェーン店を広げている。


アメリカを中心に世界でもフレア・バーテンディングは広がり……


あと、アメリはハリウッド映画ではありませんよ(フランスの映画なので)。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ